名将名言録 一日一言~8月21日~

「凡そ(およそ)思慮は、平生黙坐静思(へいぜいもくざせいし)の際に於いてすべし」

西郷隆盛 『南洲翁遺訓』 

⇒ものごとを考え、正しい判断をするためには、日々の静かな起居の中で行うべし。

その場になってあわてて思いをめぐらしても、ろくな結論は出ぬものだ・・・。

 

続き~ 「事に当たり卒爾(そつじ)に思慮することは、譬へば(たとえば)、臥床夢寐(がしょうむび)の中、奇策妙案を得るが如きも、翌朝起床の時に至れば、無用の妄想に類すること多し」

⇒行き当たって考えると、夜中に思いついた名案も、朝には愚案になることも多いな~。

なんか~身にツマサレマス・・・。

 

日々ムタムタになっとたらイカンぞ!。

静かに落ち着ける時間が大事やぞ!。

 

でも、西郷さんも同じやったんや~。

1_02.jpg