「疲れすぎて眠れぬ夜のために」 内田 樹

 

先日の課題書選びで候補に挙がった一冊です。

内田ワールドに引き込まれる・・・。

2015-05-17 22.04.51.jpg

付箋をタクサン張り付けました。

理想と現実の差が「悩み」の根源。

すべてを肯定してくれるような包容力を感じる。

それらを、優しくほぐしてくれるような読後感でした。

 

不思議なモノで、直感で「読みたい!」と思った本には、いくつもステキなフレーズがあらわれることが多いと思います。

本書にあった「身体感受性」の一部だろうか?。

 

チャベチャベながら、後半の資本主義批判と取れる内容が、まるで現在の金沢における「北陸新幹線経済効果」に、当てはまる。

 

7年前が初版の本なのに・・・。