やっと見てきた、「STAR WARS フォースの覚醒」。

熱狂的な騒ぎは去ったのか?劇場には10名足らず・・・。

200.jpg

冒頭、「STAR WARS」ロゴがスクリーンにバーン!と現われ、テーマ曲が流れると、トリハダ立ちます。

ゾクゾクしながら長時間凝視状態。

気が付けば、首や肩が固まっていたのでした。

作品の評価はさまざまあるでしょうが、初めて「STAR WARS」を見た時のワクワク感はそのままです。

 

また、当時のネタが随所に散りばめられていて、オールドファンはニヤリ・・・。

惑星ジャクーの砂漠に横たわるスノーウォーカーに歓喜!。

101202s11.jpg

モス・アイズリー宇宙港で見た、酒場のバンドみたいなエイリアンも登場。

modal_nodes.jpg

ファルコン号の銃座照準器モニターがそのままだったり~。(’70年代っぽい)

jyuuza.jpg

機内のホログラムチェスが懐かしい。

101128ch1.jpg

後半の攻防戦は、デス・スターのトレンチでの戦いを彷彿。

110110s11.png

懐かしさを投入することで、オールドファン?の覚醒を図ったのかもしれない。

 

・・・初めて「STAR WARS」が公開された時は、純粋なSFファンタジーだった気がします。

多くの反乱軍兵士やストームトルーパーが戦いの中で倒れていくが、流血シーンが無かった。

だが、今回の作品では新キャラのフィンが被るヘルメットに血が・・・。

 

映画といえども、戦いはナマナマしくなければならない。

残虐な帝国軍兵士も、ひとつの生き物だったという当たり前のことが、強調されていたことが印象的でした。

巨大な帝国軍VS小さい反乱軍の構図。

 

映画には政治的意図は無い?と思う・・・。