「希望の国の少数異見」同調圧力に抗する方法論  森達也

感想が難しい本。

オモシロイ!といえばそうなんですが、ムズカシイ。

 

「法然」「親鸞」から「オウム」「連合赤軍」に及ぶ広範囲なテーマが続きます。

51KRt2gjBtL__SX342_BO1,204,203,200_.jpg

人間の業、闇、集団心理・・・。

異端です。

読むことに抵抗を示す方も多々ありそう。

だから「少数異見」なんですが・・・。

 

国境なき記者団が発表した日本の二〇一六年の「報道の自由度ランキング」は七二位です。ちなみに七〇位は韓国で七一位がタンザニア。

確かに「マスゴミ」と呼ばれても仕方がない。

でも今の日本メディアが世界七二位であるならば、社会も同じレベルなんです。

なぜなら市場原理で動くメディアは社会の合わせ鏡です。

そして社会が七二位なら、その社会によって選ばれる政治家たちの質も七二位です。

ほとんど途上国。そう思ったほうがいいですよ。(P.174)~

 

なかなか辛辣ながら、納得してしまっていたり・・・。(~_~;)

我々も七二位なんだ。