届いて数日経過しているコピー用紙が、そのままの状態。

ン?、誰も気が付かない?。

自分で片付けたら、いいのかもしれないが、今後、気づいてもらうためにも~棚に入れておいてネ!と頼みます。

 

しばらくして、その棚を見たら・・・コピー用紙がタテの状態で入っている!。

空いたスペースに当て込んだつもりかもしれないが、これでは紙が反ってしまうかもしれない。

ヨコ置きに直しました。

結局、自分でやった方がストレスなく良かったのか・・・。

この件で思い出しました。

先日、豪華なオーディオ機器でレコードを聞かせるお店にての某二次会です。

演奏されている音楽やオーディオ機器は、よく分からないけど、とにかくスゴイなぁ~の感想。

 

・・・ふと、レコードが収まっている棚をみると、斜めになっているレコードを多数見かける。

コレはレコードの保管状態としては如何なものでしょう?。

貴重なレコード盤が反ってしまうのでは・・・また、割れてしまうこともあるのではないかと~、素人なりに疑問符。

たまたま、そうなっていただけで、普段はキッチリ棚に真っ直ぐ立てて収まっているのかもしれません。

オーディオ機器が立派だっただけに、その差が気になります。

本件は心の中にしまいました。

 

タテヨコはキッチリと合わせなければいけませぬ。