地域行事で焼きそば担当(主に会計)!。

慣れない手つきで、鉄板上で焼きそば具材をかき回すのでした。

一人でやるとかなりの重労働です。

鉄板担当、具材投入担当、盛り付け担当、そして会計担当に分かれていたので良かった!。

前段階からの器材、材料手配と前日の設営から携わる。

食券制で販売し、トラブルもなく、食券発行数と焼きそば販売数、金額が合っていて安堵。(当たり前だけど・・・ホッとした!。)

試食で一口食べただけでしたが、評判は良かった?か。

モチロン、撤収、後片付けもキチンとしましょう。

焼きそば班の皆さん!お疲れさまでした。

あー疲れた。

 

設営側も来場者も楽しめるのがイベントの醍醐味で、成功かどうかを計る大事な要素だと思います。

・・・以前は、パレットでも焼きそば・焼き鳥といった屋台風のイベントをやっていました。

専門業者ではない手作り感満載のイベントでしたが、諸般の事情で規模縮小~やがて、やらなくなっています。

 

焼きそば班をしながら~、ふと、その「諸般の事情」を考えていました。