某証券会社から営業電話がかかってきました。

投資等には興味ないので、その時点で断ればいいのですが、たまたま時間が空いていたので会うことに。

当社事務所の場所がわかるかな?営業をかける時点である程度は下調べをしていると思ったので、特に場所の指示はしませんでした。

もし、約束時間に遅れたり場所を訪ねる電話があれば、その時点で「約束は無かったことで・・・」と言うつもりです。

なんと意地の悪い!・・・けど、それくらいは営業する際の必要条件かと。

 

やがて、指定時間通りに営業マン氏がやってきました。

当たり前だが第1関門突破です。

商品説明も含め10分ほど話しました。

商品には興味はないが、本年4月から働きだしたという営業マン氏の新鮮な態度を好ましく感じる。

自分もこういう時期があったのかな~?。

意地悪な客にめげずに頑張ってください。

 

次はどういうアプローチがあるのか?または無いのか?。