オンラインショップで商品購入。

合計金額は見たものの、支払い方法を確かめずに発注ボタンをクリックしてしまう・・・。

 

問い合わせの電話番号が記してあったので電話しました。

自動音声が流れた後にオペレーターにつながる。

第一声を聞いた瞬間、あまり慣れていないかも?と不安がよぎりました。

こちらの質問に対し、待たされることが多く、内部でのやり取りも電話口から聞こえてきます。

キャンセルします!と言えば、済むかもしれないが、相手のタドタドしい?説明を聞くことに。

 

メーカーと販売元に分かれていることが分かりました。

メーカーのサイトから発注した情報が販売元へ送られ、そこから発送される。

顧客からの発注に関する内容は、販売元でしか変更できないのか・・・。

新たな電話番号を教えられ再度かけ直すことに。

それなら、オペレーターにつなぐ前に、商品&発注に関する問い合わせかを、選べればよかったのにな~。

フリーダイヤルだからといっても手間がかかります。

 

次にかけた販売元のオペレーター?は、打って変わってとてもフレンドリー(フランク?)。

電話対応の差が際立ちました。

ただし、フレンドリーがイイのかどうかの判断は難しいが。

 

今回は、いろいろ確認できたので問題ないけど、オンラインショップって、お互いに見えない中でのやり取りなので、何かとフォローしないとイケません。

対応を誤るとトラブルの元です。

一般的になったとはいえ、ムズカシイものだなぁ。

 

オンラインショップでは、浄水器を買ったのだけど、これらの流れをクリアにしないと、カンタンには水に流せませンよ・・・。