「柿の種」寺田寅彦

・・・この書の読者への著者の願いは、なるべく心の忙しくない、ゆっくりした余裕のある時に、一節ずつ間をおいて読んでもらいたいという事である・・・(自序)

 

寺田寅彦の短編エッセイ集。

大正9年から昭和10年10月ごろまでの著者が日常で感じたことが、読みやすいボリュームと平易な文で書かれています。

この頃の日常生活が分かって興味深い。

食事風景、映画等の娯楽、街並み、郊外の風景・・・。

東京中心だが、ゆったり時間が流れる光景が目に浮かぶ。

現代とは比較できないが、それ程不便な日常ではなかったような気がします。

著者が高名な科学者だったためかもしれませんが~。

 

読んでる当人はセワシナク読んだかもしれない・・・。

 

 

棄てた一粒の柿の種 生えるも生えぬも 甘いも渋いも 畑の土のよしあし