パンデミック(世界的大流行)・オーバーシュート(爆発的患者急増)・クラスター(感染者集団)・サーキットブレーカー(相場安定のための緊急措置)・・・。

今回の新型コロナウイルス禍で、度々聞いたり眼にする言葉。

COVIDー19もそう、そしてロックダウン(首都封鎖)というパニック映画かと思われる言葉も。

 

初めて聞いた際はよくわからなかったが、横文字だと柔らかな感じがする?日本語だとモノモノしいからか。

かえってオドロオドロしいのですけど。

まだまだ早いが、不謹慎な流行語大賞としてココロに秘めておきます。

2020TOKYOオリンピックも・・・。