• 会社概要
  • お問い合せ

「右翼」の戦後史

「右翼」の戦後史 安田浩一

右翼の戦後史.jpg

沖縄の新聞は本当に『偏向』しているのか」と同著者です。

本書のカバーデザインからして、なかなか手にしヅライ中身かも~と思ったが・・・。

 

・・・プロレタリアートの前衛たる左翼に対して、右翼を「民族の触角」と表現したのは民族派の重鎮として知られた野村秋介だった。

時代への感受性と、危機に直面した際の順応性を、野村は火事場の半鐘に喩えた。

尻込みしない。素早く駆け付ける。人々の命を守るために自らが盾となる。必要とあらば、そのための暴力でさえ肯定した。人々の素朴な心情に寄り添うのが右翼だと説いた。

「弱いものが強いものに抗するための暴力が必要な時はある。だが、一般の人に体を張れということはできない。そのために民族運動家がある」

それが野村の持論だった。実際、野村は大資本には容赦なく戦いを挑んだが、在日コリアンなどマイノリティに対する差別は許さなかった。

日本の右翼には右翼としての"正史"がある。欧米列強に立ち向かい、財閥の腐敗に憤り、農村の疲弊に涙した。まさに民族の触角として危機を感受し続けてきた。

さらに、右翼には右翼としての秩序もある。自由、平等の理想を掲げる左翼とは違い、国家への忠誠が優先される。日本の場合、そこに絶対不可侵の天皇という存在が加わる。

急激な変化を望まず、国家と民族の威厳を保ち、歴史の風雪に耐えた伝統と慣習を守り、国内の安寧維持に尽力する。右翼は極めて濃度の高い「日本」であろうとした。・・・(はじめに)

 

コワオモテの方々が街宣車で大音量を流し徒党を組むのが「右翼」だと思っていました。

ただ、騒いでいるだけだと・・・。

本書で「右翼」への見方が変わりました。

この「右翼」を肯定するものではありせんが、思想としては至極真っ当であるということが分かった。

「右翼」と、ネトウヨとは異質のものだったが、徐々にその差が無くなってきている・・・ことへの著者の危機感が語られます。

 

街宣車に乗り活動する「制服を着た右翼」から、サラリーマン風の「背広を着た右翼」へ。

さらには、より一般的になってカジュアル?な、ネトウヨが現在の主流のようです。

客観的に見たら、政治家も市民も~世間全体が右傾化してしまっている?。

へぇーよく聞くあの団体もそうだったんだ!。

知らないうちに一人一人が、ネトウヨやヘイトスピーチに感化されている?。

悪者を見つけて攻撃することで、心の平静を保っている?。

 

読みやすく、とても中立的で冷静に書かれた内容でした。

我々も「触角」を持たないといけないのかもしれない。

 

・・・国家という存在は強権を持ちえたとき、左右の区別なく気に入らないものを排除していくという歴史の教訓を知らないのだ。・・・(P.32)

気になっていたこと

以前から気になっていたのに、ズルズルと引き延ばしていた件。

仕事のことじゃなくて、ある物品のことです。

数日前から突如!欲しいモードになり、昨日購入に至りました。

特別なモノではなく、日常使うモノなので先延ばしする理由もなかったのですが・・・。

店頭に行くのがメンドウだった?。

とにかく、本件に関してはスッキリしました。

まっ!とても些細などーでもいいことかもしれませんが。

 

まだまだ、諸事『気になっている件』は多々あります。

ひとつづつ解決していきませう。

不明解日本語辞典

「不明解日本語辞典」 高橋秀実

弱くても勝てます」「やせれば美人」以来の久々に読む難解?だけど妙に納得してしまう高橋節。

41y1n-H6P9L__SX355_BO1,204,203,200_.jpg

【あ】~あっ、どうも~と言ってしまう「あ」とは何か?。

【えー】~えー、ところで・・・の「えー」とは何か?。

【ちょっと】~ちょっと行ってくる・・・なのに長時間。ちょっと話がある・・・実はシビアな内容だったり。

このようなよく会話に登場する「言葉」から【意見】【リスク】【普通】【景気】【健康】・・・といった「言葉」を深掘りすると・・・なんだこりゃ?ということに。

 

【日本】~は「にほん」でも「にっぽん」でもどちらでもいいそうです。

強いてどちらかに統一する必要がないということで、上手に?使い分ければいい。

曖昧なような柔軟性があるような~面白く難解な日本語(にほんご)探訪エッセーでした。

 

しかし、このようなちょっとしたことによくまぁ注目するなぁ・・・。

きのこの受難

食欲の秋~。

きのこ.jpg

久しぶり「きのこ」に巡り合えました!。

引き裂かれて炙られたり~鍋茹でにされたり~きのこ受難、残酷極まりない・・・。

そして、コレを肴に各種の話題、ディープな話、ゴシップ?にハナが咲くのでした。

うーむ、あちこちタイヘン?だ。

シアーズ・・・

現地時間の10月15日に米小売業シアーズが破産法適用を申請したとの報道(日経10月16日朝刊)・・・。

シアーズ.jpg

シアーズといえば米国ショッピングモールの看板テナントのひとつです。

83cd787d.jpg

これこそU・S・A!を感じさせる巨大店舗、一見雑にみえる?大量陳列に一種の憧れを持って現地視察した記憶がよみがえります。

その、憧れの店舗が~消えていくのか・・・ショック!。

ザ・リミテッドとトイザラスの破綻を最近聞いたばかりなのに・・・。

Kマート(シアーズと同系列)、マーシャル、ターゲット、サーキットシテイ、ウォルマート、メーシーズ、ホームデポ、JCペニー、ニーマンマーカス、ノードストローム・・・と思いつくまま書き出したが、現在も健在な米小売業はいくつでしょう。

アマゾン・エフェクト。

巨大ショッピングモールの終焉なのか?。

セルフ化の波

買い物客自身が決裁業務を行う、セルフレジを取り入れているお店が増えてきました。

ビジネスホテルのチェックアウトや、航空機の搭乗手続きも自ら行うようになって久しい・・・。

 

先日訪れた、某レンタルビデオ店(ビデオなんか無いが)でもセルフ化されていました。

会員カードを自分でスキャンして・・・ここまではいいがDVDが入っているケースのロック解除がワカラン!。

あまりレンタルしたことないので、ケースの構造がどういう風なのかも知らない!。

機械からの音声で、急かされ~ひとり泡食っていたのでした。

やがて、あたりがヨカッタのか?偶然に解除できた!。

表示された金額を入金してなんとか手続き終了。

しかし、店内スタッフは誰も声かけてくれないな~。

セルフに徹しています。(-_-;)

 

今後は、こんなセルフ化された店舗がもっともっと、さまざまな業種でも増えるだろうな~。

ちなみにガソリンスタンドのセルフは苦手なので行きません。

セルフ全盛といえども、こんなカイショモナイ人物もいますので、少しは人的サービスは残していただきたいモノです。

ムタムタ思ふ

昨日(10月14日)は日曜日。(当たり前)

官庁・一般企業は休日です。(当たり前)

旧パレットが営業していた時は、日曜や祭日に休むということは~ほとんど考えませんでした。

小売・サービス業に日祭日は関係ない!。

 

翻って現在は?。

今更ながら、日曜日に休んでも問題ないことに気付く。

でも・・・一日一回は会社に来ないと不安?になります。

朝9時にはデスクについていないと落ち着かない。

出社することがルーティン化しています。

やらなければいけないことは当然にあるが、緊急のものはあまりないので、休んでも問題ない。

でも・・・来てしまうのでした。

居場所がココしかない?。(^_^;)

・・・とムタムタ思ふ。

サッ!と食べる

過ごしやすい気候になった(時間によっては寒い)が、突然!ざるそばが食べたくなる。

ざるそば.jpg

ということで、某そばチェーン店でいただきます。

ざるそばです。

ざる~とか、もり~ではありません。

ましてや十割そばとか、そばの配分も気にしません。

凝ったざるそばではありません。

これがいいんです。

 

席に着き、サッ!とオーダーして、目の前に届いたら、ワキメもふらずに、サッ!と食べる。

この時、あまりズルズルと音がしないように・・・。

江戸っ子ぢゃありませんから、粋ぢゃありませんから。

食べたら、サッと立ち、会計してサッと立ち去るのでした。

自分で勝手に思い込んでいる~ざるそばの食べ方。

輪島KABULRT ごちゃまぜ

輪島の「輪島KABULRT(わじまカブーレ)」見学。

社会福祉法人が運営する輪島市のまちなか再生事業の施設です。

市中心部に点在する空き家や空き地を再生し、カフェ、温泉、居酒屋、フィットネス、グループホーム、高サ住宅、ディサービス~地域のなんでもスペース・拠りどころにしました。

カブーレ.jpg

まちなかにフィットネスがあり、窓を開けてエクササイズしているが・・・クレームなし。

カブーレ フィットネス.jpg

ディサービスに訪れた方が、規定時間になっても帰らずに居酒屋で一杯やっているといいます。

帰りは居酒屋に居合わせた方に送ってもらうとか。

高齢者・障害者・子ども~社会的弱者と見られている方々が集い、そこに施設スタッフが加わり~なんだか賑やかだな~ということで、周囲の住民も加わっていき地域の活性化となる。

そのきっかけが「輪島KABULRT」。

実際に、子どもたちや赤ちゃんを連れたお母さん方が集っています。

これらを総称して「ごちゃまぜ」。

まだまだ実験的な要素も多いかと思いますが、コミュニティ&まちなか再生・活性化の手法としては興味深いと思いました。

しかし、輪島と比べて地価の高い金沢では同様の運営は難しいとか。

 

金沢~田上でも「Share金沢(シェアかなざわ)」が、同福祉法人で運営されています。

ここは新しいタイプのまちを創生したものです。

あらためて見学の機会をつくって訪問してみよう。

まちづくりの切り口は、様々なんですね~。

スロースターター

メンドクサイな~と思っていたことも、取りかかってしまえば~終わっている。

とてもアタリマエなことながら実感しています。

取りかかるまでが試練?。

始めないと終わらない。

スロースターターなもんで・・・。

ということで、一件落着でした。

・・・と思っているのも束の間、新たな課題が続々・・・。(^_^;)

カテゴリ

月別 アーカイブ

パレットのお知らせ
  • パレットカード会員募集
  • 文化教室
  • ブログ
  • テナントスタッフ募集
  • お問い合せ
〒920-0965
石川県金沢市笠舞1丁目23-23
TEL:076-222-3521(代表)
FAX:076-222-3520

■営業時間(月〜土)
日曜日のみ朝9:00開店
キーテナント:10:00~20:00
物    販:10:00~20:00
飲    食:10:00~20:00
地 下 店 舗:10:00~深夜1:00
※時期・催事によって変動することがあります。
■アクセスページはこちらから