• 会社概要
  • お問い合せ

2011年4月アーカイブ

卯月 晦日

想いかえすと、いろんな出来事があった4月でした。毎月~毎月そう思っていますけどね。

現在、起きていることは過去の積み重ねの結果~という考え方があります。いい事も、そうでない事も、全て原因があり経緯があって結果として現在がある・・・と、分っていてもヒトは無知で弱いもので(筆者はとくに・・・)それに気が付かず、惰性に流され、結果・現実に至るのでしょうか~?。また、現在の結果も、時を経れば未来への礎の一部になります。

良くないことばかりではなく、モチロン素晴らしいことも多くあるのが世の中です。大丈夫だよ日本!。

な~んか、わかったようなモノ言いをしていますが、前向き思考でいきたいと思っています。個人も日本全体も!。

サァ、明日からは風薫る~皐月(さつき)。何ごとも颯爽といきたましょう!!。

な~ん、だんないわいね~!。

 

昭和の日

「昭和の日」というより「天皇誕生日」と言った方がピンッとくる、4月29日です。

報道で、震災被災者の方々へのお見舞いをされている天皇皇后両陛下のお姿に何故かしら、少々涙腺がゆるみます。以前は、このような光景をみても何とも思わなかったのですが・・・歳をとったか・・・。

平安末期から鎌倉時代初期の武士・僧侶・歌人?の西行が訪れた伊勢神宮で、次のように詠んだと云われています。

「 何事の おはしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる 」

昔から引き継がれてきた日本人の、やんごとなき方々への想いや記憶が、ある年月を経ると覚醒するのか?どうかは分りませんが、何ごとかに畏敬の念をもつことは理由・理屈ではなく、正しい感覚であると思います。で、この内容はここまで。

さて、英国ではロイヤルウェディングが行われるようですね。彼の地には「Noblesse oblige」という、高貴な人ほど果たすべき社会的責任を負う道徳感があるといいます。ウィリアム王子も兵役に就いていたといいますし、国内外を問わず、ロイヤルファミリーには、報道されない自発的な無私の行動も多々あるのでしょう。(スキャンダルな報道を好むのも国内外を問いませんけど。)

今年の4月29日は、例年にもまして特別な日となりますね~。

健康診断(点検)

午前中にモタモタと健康診断に行ってきました。2年ぶり?でしょうか。毎年、受診すれば良いのだけれど・・。実は採血が嫌でして~、マア好きな人はいないでしょうけど。針を見たくないので、よそ見しています。

体重と胴周り(メタボ・・・)の値は前回と変わらなかったのでチョット?安心。正式な結果が届くまでは、ひとまずホッとしていることにします。

よく、何があっても身体が無事であれば・・とか身体が資本ということを聞いたり話したりします。また、病気やケガでも早めの手当てで、回復が早い場合が多いです。

建物設備や機械モノも、早く異常に気付けば、修理のコストや期間が抑えられます。生身の身体と機械設備を比較するのは、正しくないかもしれませんが、何事も早めの対処が大事ですね。

何とかの安全神話と同じで、絶対の安全安心は世の中には無いです。だから"神話"なのでしょうね。実話(神話の対語?)は、細心の注意と用心・対策・・・の繰り返し。でも、見落とす箇所があったりすることも・・。ヒトのやることだから仕方ない~という面と、ヒトにしか出来ない面は表裏一体なのか?。全ては、ヒトのやったことの中で起きているから当たり前か~。

等々~、健康診断を終えてチャべチャベと考えています。

旬のもの

昨日は日中でも、やや寒さを感じていたのですが~、本日は実に暖かい!。夕刻あたりから天気が崩れるらしく風も強いですが、花粉の飛散量も少ないようで個人的には、久しぶりに快適に過ごしています。「また~雪が降っている・・・。」と言っていた春先が今となっては、なつかしい気がします。

季節感を先取りしていく必要のあるショッピングセンターという施設に身を置いているためか、あらためて四季があり、四季それぞれの食があり、風土風景があり、そこで様々な文化が培われ、地域(郷土)が形づくられてきたのだ・・・ということを感じています。特にパレットの場合は地域密着型SCなので、なおさらに、そう感じます。

そして、晩春から初夏を迎えて、これから季節モノでは、地物産タケノコの入荷が始まりますし、先日も書きましたが、"かしわ餅"もいいですね。また、食べ物ではないですが、パレット正面の「フルールアカサカ」さんでは、園芸用草花や家庭菜園用の苗・種は、ますます豊富になってきています。どうぞ、旬を感じに(味わいに)パレットへお越しになりませんか?。

では、ごきみっつあん。

夜間巡回~

昨夜は、町内の「夜間巡回」に参加してきました。巡回とは言っても30分程度です。天気がよかったので満天の星空・・・とはいきませんが星を見ることができます。このようなことでも無いと、星空を仰ぐことは殆んどないので、少しですが星空を通じて自然を感じることができました。

「夜間巡回」は3人一組で、それぞれ誘導灯・拍子木・ライト&地図を持って指定コースを歩き回ります。

「夜間巡回」については、「あまり意味がないのではないのか?。」「年配者ばかりで危険ではないか?。」「若い人たちの参加が少ない。」等々の否定的な意見があります。実際に参加されている方々は、どちらかというと年配の方が多いですし、新たな参加を募っても人数は増えません。警察に巡回してもらえばいいとの意見もあります。

しかし、その地域に住われる方々で組織される"消防団"があるように、自分たちの地域は自らが守るといった気持ちを持ち、可能な範囲で行っていくことが必要なのではないでしょうか?。確かに雪や雨の日は嫌ですが、前述したように、きれいな星空を見ることができますし、なんといっても地域の方々とのコミュニケーションがとれます。その意味でも、出来るだけ残したい「夜間巡回」だと思います。

これも、先人が編み出した地域社会運営の知恵であり、文化なのかもしれません。大事に大事に・・・。

それでは~ごきみっつあん。

何をやってんだかぁ~

金沢市議会議員選挙戦がおわり、またいつも通りの静かな(?)日常に戻りました。ここ金沢市東部地区は、激戦区だったためか、選挙戦終盤はかなり、にぎやかでした。

選挙の結果については、いろんなご意見があると思いますが、新たに議員になった方々は、選出地域や金沢市のために、ひと汗もふた汗もかいて、いただきたいと思います。

ちなみに選挙結果をテレビで見ていたら、午前2時過ぎになってしまい、朝はなかなか起きられなかった・・・。で、先ほど気付いたのですが、NHKネット版だと全国の選挙速報が、リアルタイムで表示されることが~判明!。昨日は偉そうにネットのことを書きながら~、何故!気付かなかったのだろう!?。・・・知識でしか理解していなかった、ということか・・・。そして、上手くネットを活用することに、気付くのが知恵か~。う~~~ん(汗。

モタモタ考

仕事でもプライベートでも、ネットを活用しています。ホームページ・Eメール・ブログ・ツイッター・フェースブック等々のコミュニケーションツール。またネットオークション・**ゾン等では、欲しいモノが居ながらにして(それも安価で)手に入ります。何かを調べる時にも、ネット検索すれば膨大な情報が簡単に入手できます。本当に便利なモノです。

よく引用させてもらっている日経コラム「春秋」の本日の内容は、文化と文明の違いについて述べられています。コラム中の例えを真似させてもらうと、ネットで様々な情報を得ることが「文明」で、実際にその情報を現地に行ったり、直接に五感で感じて考えることが「文化」だと思いました。「春秋」筆者の意図とは、多少違うかもしれませんが、そう思います。

よく云われる話ですが、必要以上の情報がネット上には存在しています。それらの情報を取捨選択することが大事です。その能力を持ったり高めたりするには、自身の五感をフル活用したり、周りの人たちとの直接コミュニケーションをする必要があり、この繰り返しかないのかなぁ~と思っています。

人間力の向上です。(他の言葉が思い付かなかったので、敢えて「人間力」と書きます。この言葉について、筆者はいろんな思い入れがあります。他の機会に述べさせてもらいます。偉そうでスミマセン。)

ネットをはじめ文明の利器は、本当に便利なモノです。上手に管理したり、コントロールできれば・・・です。これも以前から云われていることですが、人は自らが生み出した、いろんな文明の利器に、振り回されているだけだったりして・・・。

文明と文化は、知識と知恵の違いと同じでしょうか?。これも、あらためて書かせてもらいます。(まだまだ、モタモタなので、内容がまとまったら・・・。)

~ムタムタな食談~

筆者(ムタムタなおあんサン)は自他ともに認める(?)食いしん坊です。花見は終わりましたが、パレット内の「板屋」さんの"花見だんご"は、控え目な甘さといい、だんご自体の食感といい、ハイレベルです。これからの"かしわもち"もいいですよ。(特に、こし餡!)和菓子のカナメともいえる"餡"は、個人的には気に入っています。

そして、食べ物繋がりで、お隣の「ジャーマンベーカリー」さんの"メロンパン"は某神戸のパン屋「**ク」のモノより美味しいと思います。

ちょっと離れて・・・「ぷちカフェ」さんは、注文ごとにコーヒーを入れているので、これまた美味しいコーヒーがいただけます。

「めん処あかさか」では"カレーうどん"が絶品!です。(ちょっと汗かきますが~。)また裏メニュー(?)になりますが"野菜かき揚げうどん"は、これがまた~美味い~!。でも、メニューに無いので、お客さまが少ないときでないと頼めませんけどね。あと季節的には不向きですけど、"あんかけうどん"に天ぷらをのせるのもガッツリ系でイケます。(これも裏メニューです。)

モチロン、他にも館内には美味しいモノがいろいろありますけど、特にお気に入りのモノを紹介させていただきました。かなり個人的な嗜好がありますが、自信をもってお薦めできます。どうぞお試しください!。やはり食べ物のことは筆が進みますし、おなかが空いてきました~。

では、ごきみっつあん。

~Earth day~

4月22日は「Earth day」地球環境について考える日だそうです。特に今は震災や関連する事故等で、地球環境について考える機会が多いのではないでしょうか。

以前は、自然環境に優しい~とか、地球に優しい~という言葉が巾を利かしていたような・・・。エコポイントなる制度もそうですが、環境面より経済面を向いた考え方や制度のような気がします。

また「地球(自然)環境」という黄門さまの印籠があれば、多少のことは、まかり通る(?)こともあったかも?。本当は、地球が人間に優しかった(多分、今でも)だけなのですが。

さて、ゴールデン・ウィークが間近になってきました。今までとは違う連休期間となりそうです。安・近・短と言われていますが、私たちが住んでいる身近な場所でも知らない名所や***スポットがあると思います。自動車で通る道も自転車や歩いてみると意外な発見があるかも・・・。普段は通らない道を歩いてみるのもいいかもしれません。この連休は、自分だけの"名所"を発見する機会にしてみませんか?その中で身近な自然にもふれることもあるでしょうし、あらためて自然環境に思いを巡らせることもできますしね。

そして自分だけの名所巡りのあとは、是非パレットでお買物を~!。

Albert Einsteinの言葉

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)の言葉だと云われている次の文章があります。

近代日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。
この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。
果たせるかなこの国の、三千年の歴史がそれであった。
この長い歴史を通して、一系の天皇をいただいているということが、今日の日本をあらせしめたのである。
私はこのような尊い国が、世界に一カ所位なくてはならないと考えていた。
なぜならば世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か戦いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時がくる。
その時人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。
この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた、最も古くまた尊い家柄ではなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
吾々は神に感謝する、吾々に日本という尊い国を、作って置いてくれたことを。

ニセモノかもしれないのですが、誇らしく感じるのは筆者だけでしょうか?。頑張れニッポン!。大丈夫だよニッポン。(頑張れ!~より、大丈夫だよ~の言い方が良いとの意見もあります。)日本中を覆っているモヤモヤした空気を本日の快晴のようにスカッとさせましょう!。

今日の新聞で~

また新聞ネタです。本日の日経紙の文化面に、以前に当ブログで取り上げさせていただいた、プラモデル箱絵の上田毅八郎さんが載っていました。

「戦友の魂慰める船舶画」の見出しで記事が書かれています。何となく、新聞より先にアップしていたことにチョット優越感!といっても読者数は、較べモノにならないし・・・箱絵画集を知ったのは日経の書評だったのですが・・・。

兵器としての艦船や航空機を「戦友の魂慰める船舶画」として描き続ける上田毅八郎さんの記事は反戦内容も含まれているのですが、同紙面の横並びにある「私の履歴書」ジョージ・W・ブッシュ~大義喪失~で、イラク戦争を仕掛けたのに"大量破壊兵器"が見つからなかった・・・というくだりが書かれているのは、編集者に何らかの意図があるのか?それとも単なる偶然なのか?。

壮大な話・・・

以前から、そのようなモノがあるということは聞きかじっていた施設があります。北欧ノルウェーのスバールバル諸島・スビッツベルゲン島にあるという「Global Seed Vault(全地球種子地下貯蔵庫)」。地球上全ての植物の種子を保存する目的で造られて、現在約450万種の種子が保管されているようで、現代のノアの箱船とも云われているようです。ネットで画像をみると建物の大部分は永久凍土の地下で、入口(搬入口)だけが雪原の中から顔を出しています。

スゴイことを考える国や人があるのだなぁ~と思っていたら、今日の日経コラム春秋に、同じ北欧フィンランドのオルキルオト島という原発施設がある島で「オンカロ」(フィンランド語で隠れた場所)という高レベル放射性廃棄物の最終処分場が造られている・・・とありました。

18億年前の岩盤を500メートル掘り下げて地下都市のような巨大構造を造り、廃棄物を22世紀まで貯めて、その後は封鎖。廃棄物が無害になるという10万年後(!)まで、そのままで安全である施設だそうです。

たしか日本にも青森の六ヶ所村に放射性廃棄物の同様の保管施設があったような?。ひょっとしたら世界中に似た施設があるのか?。

フィンランドの「オンカラ」では、22世紀に施設封鎖後は、あらゆる言語で書かれた警告表示を付けて、後は自然にまかせる(ホッタラカシ)とのことです。それしか処分方法はないのか。

どちらも桁違いのスケールですが、穴倉に入れるモノが、片や役立つモノ、片や厄介モノと正反対。

でも、このような施設を造らなければならなくなったのは・・・何故?。

 

つれづれに・・・

金沢市議会議員選挙が告示され、賑やかな(多分~)一週間が始まりました。県議選挙もそうでしたが、パレットの在る金沢東部地区は、新人候補が数人も起つ激戦区のようです。地域のことを一所懸命に考えていただける方がそれだけ多いということは、とても頼もしいことだと思います。当選のあかつきには、公約を実行していってくださるようお願い致します。

そして、見ごろを迎えた桜も、そろそろ散り始めています。毎年のことですが、何となくさみしい感じがします。パッと咲いてパッと散るから桜はキレイで日本人が好きなのだ~とも聞きますが、しばらくは咲いていてもいいのでは?。でも、場所を変えていけばかなり長い期間は楽しめますね。(移動がメンドウ・・)

また、山の斜面で周りが新緑なのに、一か所だけ桜色の部分があるのを見かける時がありますが、これもなかなか風情があっていいものです。このような景色を見ながら、お酒を飲んだら、さぞかし美味しいことでしょうね。(午前中から何を考えているのでしょう~。)

日本の春夏秋冬、北陸の自然風土、そして金沢の食(フード)。このような素晴らしい地域に住めることに感謝!。

TDL(楽しいだけじゃない。)

東京ディズニーランドが15日から営業再開という報道がありました。何となく暗いニュースが多い中での明るい話題です。筆者も数回訪れたことがありますが、あれだけの巨大施設をトラブルなく運営するにはトテツモナイ量のマニュアルとよく訓練された運営スタッフと、お金が必要だろうな~と感じていました。

16日の日経紙には、運営会社「オリエンタルランド」の危機管理について書かれています。

今回の大震災発生時にパーク内には約7万人もいたそうです。施設面の被害はあまりなかったそうですが、JR運休などで多くの人たちがパーク内に残ることになります。寒さ対策として売り物のレインコートを配ったりの防寒対策と備蓄非常食の配布とガスの復旧時点では、温かい飲食物を配ったそうです。書いてしまえばこれだけなのですが、残らざるを得なかった人たちの数と、施設の広さを思うと大変な判断と作業だった思います。

キャストと呼ばれるパーク内スタッフの機転の利いた行動は、震災発生当初から数々報道されています。「ゲストと従業員の安全を最優先に」の指示のもと全社で震災に臨んだ姿勢は、スゴイの一言では済まないくらいにスゴイ!。

年間160回もの防災訓練をしているとのこと~これらの積み重ねが、けが人も、おおきな事故も無かった要因です。なかなか真似できないことばかりですが、お客さまがいらっしゃるということ(人数は違いますが)は、パレットも同じです。より安全に、より快適に・・・の考え方はもっともっと大事にしていきたいです。

個別受注生産型製造業の経営管理手法・・・?

とある会合で県内にある某機器メーカーのプラント営業統括本部 業務管理部の部長さんのお話を聞く機会がありました。(長い肩書・・・)

「個別受注生産型製造業の経営管理手法<予実原価管理と目標経営管理>」とタイトルだけで頭が混乱しそうです。(長いタイトル・・・)

製造部「機械をオーダーメードで造るさけ、がんばって注文とってくれんか。」

営業部「~までに、こんな仕様で頼むわ。***円で受注したわ。」

製造部「~までに、この仕様で***円かぁ~。」

    「厳しいけど、儲けないかんし、どうすれば原価を下げられるか、相談しながらやってみるわ。」

営業部「買い手市場で、よそとの競争もあって***円でないと取れんかってん。たのんちゃ。」

多分、こんな内容だと思います。下線部分の話が中心になります。

部品点数が多い機器だけに部品一個の原価、従業員さんの配置、納期、部品在庫等々・・・詳しくやると、時間がどれだけあっても足りないし、聞き手も製造現場や用語を理解していないと、ますます混乱する内容です。

でも、いただいた資料の一行に「マニュアルよりも個々も作業者の人間力アップ」とあり「やっぱり、ガチガチにシステム化しても最後は、ひとの気持・能力・やる気なんだ~。」と少々ホッとしたりも・・・。

機器製造というなかなか縁が無かった分野の話を聞けて良かったです。管理手法だけみれば、小売・サービス業もほぼ同じで、扱うモノが違うか、製造までやるかの違いだけで基本は同じなのかな~。

 

二礼二拍手一礼

地域活動の行事で、近所の神社に「御神酒代」を奉納してきました。「二礼二拍手一礼」と手順を踏むのが正しいのでしょうが、神社参拝はあまりしないもので正座して頭を下げるだけでした。神様も「しゃぁ~ないわ~。」と目を瞑ってくれたでしょう。(多分)

選挙シーズンなので「必勝祈願」と「出陣式」が神社で行われることが多いですね。お寺ではしないのでしょうか?戦国武将たちも、戦の前に神社で必勝を祈願し金品・物品を奉納して戦に臨むという件は、歴史小説によく登場する場面です。

以前、宗教家の「ひろさちや」さんのコメントで、お願いをする「神社」は請求書、感謝をする「お寺」は領収書~といった内容を拝見したことがあります。「神社」で祈願して成就したら御礼をするという流れはありますが「お寺」で願い事をすることは・・・ないですね。祈祷をする「お寺」もあるようですけど、ご縁がないのでよく分りません。

今回は、チョット義務的なこともあり、ただ座っていただけですけど、何かをお願いすればよかったかなぁ~。でも個人の金品じゃないし・・・個人的な願いごとはダメだろうし~などと、またモタモタと考えてしまうのでした。

悪寒はお燗では治らない。

昨日は午前中から「体調悪いな~。寝不足かな?。」と思っていたのですが・・・、後に寒気(悪寒)を感じたので、一応大事をとり、早退してカゼ薬を飲んで寝ていました。ようやく暖かくなって桜もきれいに、咲いてきたのに・・・晴天を見ながら横になっているのは嫌なものです。とは言っても、仕方ないのですが。

日頃の不摂生が現れたのか~、単に寝不足なのか?。早めに休んだためか、本日は快晴の天気のように回復しました。些細なことですが、あらためて健康のありがたさを感じました。「健全な身体に健全な精神が宿る。」という言葉もあるように、健康でないと考え方もネガティブになると思います。

さて、月末には健康診断を受けることになっているので、不摂生をやめて(?)いこうと思います。(意味無いかも。)では、ごきみっつあんな~。

チョット訂正

午前中に書いた内容で、「ヨーク候」は「ヨーク公」の誤りでした。あと「ヨーク公」の子どもたち・・・長女は現在の英国女王・エリザベス2世、次女は故マーガレット王女みたいですね。「ヨーク公」は王位について「ジョージ6世」となりました。横文字の名は難しい・・・。

「英国王のスピーチ」(The King's Speech)

先月末に観そびれた「英国王のスピーチ」(The King's Speech)を鑑賞してきました。映画はあまり観ないのですが、なかなか面白かったです。

人前でスピーチすることが苦手な英国王子が、兄の退位で王位についたとたんに、独国との戦火を交えることになる・・・・と、ストーリーと結末は想像がつきますが、様々な視点で観れました。

登場人物の服装や所作、当時のオーディオ技術・工業製品、英国王室の生活(脚色してあったかも)、英国民の王室への意識等を観ていました。何か視点が違うかも知れませんが、こんな見方も有りかなと~。

また、ヨーク候(主人公)が、子どもたち(後のエリザベス2世+1名(誰だっけ?))に創作話をするシーンで、ペンギン王子の手が魔法によってアホウドリの羽になったおかげで、子どもたちを抱きしめることが出来ました~。と、実際に抱きしめる場面があったのですが、このシーンが妙に印象に残っています。心やさしい王子様なのでしょう。

スピーチライターがいて、原稿を喋るだけのことなのですが、国民のこころに響かせるにはどうすればいいか?戦争という非常時に直面して、国民を安心させ、そして鼓舞させるには・・・。結末は分っているものの、ハラハラしながら観ていました。結局は戦争映画?。

そして・・・現在、日本で発生している事故と、報道されるスポークスマンの喋り方や所作をダブらせていました。はたまた、自分自身はどうなのかな?

~絶好の清掃日和~

パレットでは、毎月第2火曜日の開店前に従業員さんたちで、外周りの清掃を行っています。

清掃自体は、お願いしてある建物メンテナンス会社さんがやってくれるのですが、従業員さん同士の横の繋がりがより良くなるキッカケになれば~と思って行っています。

今日は、快晴で絶好の清掃日和(?)です。昨日の雨天~のためか、いつもよりは、ゴミは少なかったように感じます。

以前も書きましたが、空き缶等は自販機横に空き缶入れがあるので、そこへ捨ててもらえれば良いのですが・・・、あちこちに置いてあったりします。捨ててあったのだが、何かの理由で風で飛んでいたのだ~と思いつつ拾っています・・・。タバコの吸い殻もそうです。

各地の商店街活動でも、早朝清掃を行っているところもあると聞きます。まちを自分たちできれいにすることは素晴らしい活動だと思います。そこまでの規模では無いですが、わずかな清掃でも行うことにより、店(パレット)の周りや周辺道路がきれいになることで、オコガマシイですけど、少しは地域貢献(!)になっているのかな~などと勝手に思っているのでありました。

では、ごきみっつあん。

 

 

のど元過ぎれば~

東日本大震災の発生から本日で一カ月が経過しました。高速道路や鉄道等の交通インフラはは驚くほど早く復旧しています。でも、肝心の住民の方々向け生活インフラ復旧は、遅々として進んでいないようです。それ程までに被害が、とてつもなく大きいということをあらためて感じています。

さて、とても気になる原発トラブルですが、事故発生時のパニック的な状況からは幾分かは、改善(?)に向かっているような報道がされていますが、そもそも1機どころか複数機の原子炉がトラぶっているなんてことは、あり得ない状況です。(筆者がちゃべちゃべというまでもないですけど。)危機感を煽る意図はないですが、報道の扱いが小さくなったから、改善に向かっているわけではなく、事故当初より被災地域は拡がっているのが現状ではないでしょうか。

原発トラブルが一刻も早く収束に向かうように祈るばかりです。

~のど元過ぎれば熱さ忘れる~というように、当初は大騒ぎするけど、しばらく経つと忘れている・・・など、ということがないように。!今回の大震災や原発トラブルの他、一般生活のことや仕事でも何でも・・・。

絶好の・・・日和

本日は、全市一斉美化清掃デーということで午前中に側溝のドロ上げをしました。絶好の「ドボスさらい」日和~でいい運動になりました。明日からの筋肉痛が心配ですが・・・。

石川県議会議員選挙の投票日でもあります。筆者は期日前投票をしたので「ドボスさらい」に集中(?)できました。静かな選挙戦だったと思います。当たり前ですが、どなたが当選されても県民目線で、より良い県政に励んでいただきたいものです。次は金沢市議会議員選挙か~。少しは賑やかしく(選挙戦が)なるのかなぁ~。いずれにせよ、私たち地域住民を代表する人を選ぶのですから、よく考えて一票を投じたいと思います。ごきみっつあん。

「かさだかな~」こと

『欧米では、Think unthinkable (考えられないことを考えよ) Never  say never(決して起こらないと決して言うな)が安全保障や危機管理の専門家の間での合言葉になっている。「最悪の事態」を平時からあえて想定して備えようとの意味だ。』と本日(4月9日)の日経紙にありました。

今回の東日本大震災と原発事故では、発生当初は支援・称賛が諸外国から寄せられていましたが、ここ数日間の報道では「不信」「懸念」「批判」の声があがっているようです。原発事故対応についてのことが問題になっています。

仕事でも遊びでも、また普段の生活においても何らかの備えをされている方は多いと思います。「危機管理」「リスク管理」というと大げさ(かさだかな~)ですが、火災保険や生命保険等もそうです。また、不特定多数のお客さまが来店されるパレットのような施設については、消防設備管理・防犯設備管理・衛生管理等があり、それぞれについて関係当局からの指導があります。

何でもかんでも全てにおいて、危機管理しようとすると精神的に滅入ってしまい~危機管理すること自体が危機になってしまうか?などと思ったりしますが、パレットについては「お客さまに迷惑をかけない」ことが基準になるのでは・・・と思っています。

どうぞ、安心してご来店くださいませ!(とは言っても、なかなか行きとどかない点があるかも知れません。逐次、改めてまいります。)

風が吹いたら・・・花粉とゴミが舞う~

朝方から風が強く気温も高めです。風が強いと・・・花粉やらほこりが舞い上がって、花粉症持ちにはホントに辛いです。(涙)

今日は、町内会の資源ゴミ回収の日なのですが、風で軽めのプラ系ゴミが袋ごと、飛び散ってしまい当番の人は、たいへんです。モチロン、筆者も片付けの手伝いはしましたが、ずっと見張っていることは無理なので、ゴミネットをかけて押さえています。でも量が多く、すべてが納まりきりません。風が収まればいいのに~。

昨日は「ぼやき・・・」でゴミのことを書きましたが、斎藤一人さん(スリムドカンの社長)のコメントでこんなのがありました。

『 マナーを守る あなたは 素敵な人ですよ ひとり 』

~どんなことにも、マナーがあります。マナーを守っているだけで、美しく見えます。「ゴミを平気で道路に捨ててしまう人」より、「人の捨てたゴミをひろってゴミ箱に入れる、誰が見てもマナーのある人」のほうが美しいですよね。そういう人に、世間も神様も味方するものですよね。~

ゴミが落ちていたら拾う。当たり前のことですが、つい「まあ~いいか。だれか拾うだろ。」と思うこともあります。極力拾うようにしています。別に美しく見られたいとか、誰かが味方してくれるとかは関係なく、住んでいる地域はキレイなほうがいいですからね。

ぼやき・・・

某部会の総会に出席してきました。議題に「震災支援」があり、何をするかということで会議が行われました。義援金を募るということになりましたが、その間の余談や世間話で、繁華街の飲食関係の店、サービス店は「自粛」モードで、客数・売上ともに大変厳しい~、被災地から離れているところも元気がなくなる・・・といった話題ばかり・・・。花見シーズンです。こころから楽しむということは叶いませんが、昔からの風習・伝統は極力行ったほうがいいのではないでしょうか。

屋外の花見で会場となった場所のゴミの問題があります。今年も「自粛」とはいうものの、多少問題にはなるでしょう。

少し状況が違いますが、当パレット敷地内でもゴミの投げ捨てがあります。年度変わりは、引っ越しの際の不用品がまとめて捨ててあったりします。また、飲食物の空容器が平然と駐車場に置き去りになっていることもあります。どこで購入したモノでも、捨てて行かれると・・・悲しくて残念です。日本人の礼儀正しさがクローズアップされている時だけにとても複雑な気持ちです。非常識な人は、極一部だと思いますが・・・。

虚言を申すべからず

以前、一日一格言~の本をみていると書きました。「名将名言録」火坂雅志 編からの引用です。(編者は、大河ドラマにもなった「天地人」の作者です。歴史モノとしては読みやすいので、何冊かは読んでいます。)

「上下万民に対し、一言半句にても 虚言(そらごと)を申すべからず」

北条早雲(早雲寺殿二十一箇条)

領民に、ごくわずかでも、嘘をついてはいけないとあり、さらに「一時的に述べる場合も、嘘を交えず、ありのままに」とあるそうです。敵を陥れるためには、何でもありであった戦国期に北条早雲はこう言っています。

お客様相手の商いにおいては当たり前のことです。また現代の組織なら領民を社員と置き換えることができます。

「ありのままに包み隠さず言うべし~」確かに正論だと思います。相手を騙すのは論外ですが、現代社会においては明け透けに何でも・・・という訳にはいかない場合も・・・あるの・・・かも・・・知れません。(歯切れ悪いです・・・。)

信用を重んじる仕事上においては「虚言を申すべからず」は当然かと思いますが、他の面においてはどうでしょう。時と場合によるのかもしれませんが、その判断基準は何でしょう。?

問題になっている、原発の件についてはどうなのでしょうか??

 

~清明~

本日、4月5日は二十四節季の清明(清浄明潔)だそうです。この日から、桜の便りが本格化するということのようです。その名のとおり、風のない快晴でなんとも~穏やかな日です。所用で近所まで歩きましたが、猫が玄関先で日向ぼっこしていたり、犬が眠たそうに座っていたりと~平和だなぁ~という感じです。引き合いに出すのもはばかれますが、被災地では・・・。普段どおりの日常というのは、たまたま偶然の連続なのでしょうか?。あまりにも両極端なので・・・そのように感じます。

普段(普通)を大事に、日常(仕事も遊びも)を楽しみ、有効に時間を使っているか、無駄なく過ごしているか?。ゆっくりと座り直している~猫を見ながら、ひと時の幸福感に浸っていたのでした。

マニアックな内容かも?

また本ネタです。以前「上田毅八郎の箱絵アート集」という画集を購入しました。一体誰で、何の絵?とタイトルだけではチンプンカンプンですが、多分40~50代の男性なら一度は見たことはある絵です。それは第二次世界大戦中の軍艦や飛行機のプラモデルの箱に書いてあった絵の画集です。新聞の書評で見て懐かしさのあまり衝動買いしました。画集なので絵をながめているだけなのですが、プラモデルに夢中になった当時(小学4~5年??)を思い出したり、軍艦や飛行機の名前をよく憶えたものだと、今更ながら感心(?)して自画自賛(?)してます。今ならほとんど頭に入らないでしょう。何でも憶えられる時期だったのか~興味があったから記憶できたのか~?。質感があり、見ているだけでワクワクしたものです。

作者の上田毅八郎氏は戦時中、輸送船の高射砲兵として戦場に赴かれ、乗っていた船が6回撃沈したのにも関わらず、現在もご健在の強運な方です。実際に体験された、荒天下での船の揺れ方や海の色、波の起ちかたが絵に再現されているということです。

プラモデルに夢中になっていた頃は、単に艦や飛行機の機械的なカッコよさに憧れていました。今もモチロンその見方もありますが、それら艦や飛行機は人が乗って始めて動くモノであり、ましてや戦場というとても過酷な環境で使われる機械という見方で見るとカッコいい等と思っていたことが申し訳なく感じます。

機械にはそれが持つ性能に伴う機能美があると思います。戦うことが本来の目的の艦や飛行機は、その最たる形かもしれません。平和な(一応)時代だからこそ、このような画集が存在したりその価値があるのかな~。そんな絵を見てモタモタと考える~おあんサンです。

 

本を読む

第144回芥川賞受賞作品の「きことわ」と「苦役列車」が掲載されているので、お得感だけで衝動買いした「文藝春秋」3月号。ようやく(?)この2作を読み終えました。それぞれの作者の生まれ育った環境が両極端ということでも注目された作品です。

ほぼ似たようなページ数の両作品ですが「きことわ」を読み終えるのに数日も時間がかかったのに、「苦役列車」は2時間ほど(多分)で読み終えました。「苦役列車」のほうが展開も早く、登場人物に何となく親近感を感じたから(?)ということで退屈しなかったですね。前者は、話が行ったり来たりで~おあんサンには、少々難解でした。(汗

歴史モノ(戦国時代~)はわりと好きなので読みます。あまり現代小説は読む機会はなかったのですが、このような話題作を読むのもいいですね。あと、近世モノ(幕末~明治)はあまり読んでないので挑戦したいです。唯一そのあたりの時代背景で読んだことのある「坂の上の雲」は面白かった。NHKが映像化したけど、小出しにしないで全作一挙放映して欲しかったです。あとでDVDセットで売るんだろうけど・・・。

でも「文藝春秋」を全部読む人はいるのかな~。面白そうなところだけ端折って読んでも、かなりのボリュームですけど。

さてさて、まだ途中の本があるのでまた読み始めます。(内容を思い出して・・・と。)

言葉

最近は引用続きですが・・・本日も。

~君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊をおわるかもしれない。

きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。

御苦労だと思う。

しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が混乱に直面している時だけなのだ。

言葉を変えれば、君達が日蔭者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。

どうか、耐えてもらいたい。~

「吉田 茂」首相が、昭和32年の防衛大学の第一回卒業式で述べた言葉(訓示)だそうです。

スゴイ言葉です。ネット上でたまたま見つけた言葉ですが感動!しました。教科書に出てくる人くらいの認識しかなかったのですが、これが本物の政治家の言葉だ!と感じます。当時は現在と違って、自衛隊に対する風当たりはすごかったと思います。そんな中での言葉で、自衛官の方々は大いに勇気付けられたことと思います。

言葉は大事。中でも、政治家やリーダーの言葉はとても大事。あらためてそう感じた、おあんサンです。

卯月 朔日

新年度のスタートに合わせたかのような快晴です。(花粉が気になりますが~。)いつもとは違う4月・・・と昨日、書きましたがやっぱり気分晴れ晴れといきたいものです。

大震災からの復興と、新たな一歩を踏み出す人たちが多いというタイミングが合っているためか、「雨ニモマケズ(宮沢賢治)」のことを見聞きする機会が多いような気がします。

~雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ 慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシズカニワラツテヰル 一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウニ入レズニ ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ 野原ノ松ノ林ノ陰ノ 小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ 東ニ病気ノコドモアレバ 行ツテ看病シテヤリ 西ニツカレタ母アレバ行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ 南ニ死ニサウナ人アレバ 行ツテコワガラナクテモイ丶トイヒ 北ニケンクワヤソシヨウガアレバ ツマラナイカラヤメロトイヒ ヒデリリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ ミンナニデクノボウトヨバレ ホメラレモセズ クニモサレズ サウイフモノニ ワタシハ ナリタイ~

詳しい解釈は分りませんが、東北の方々の気質を表しているのでしょうか。

さて、県議会議員選挙告示がされました。これもいつもとは違う選挙になるでしょう。非常時ですから、有権者は今まで以上に政治というものに注目しています。立候補者の名前の連呼は減り、政策の中身で競われる選挙戦になるのではないかと思います。なんか、新聞の論説みたいですが~。

政治・経済・環境等の考え方や形がいろんな面で変わったり見直される、新年度卯月が始まりました。

筆者(おあんサン)にも新たな業務が加わりましたし・・・・(汗)。

 

カテゴリ

パレットのお知らせ
  • パレットカード会員募集
  • 文化教室
  • ブログ
  • テナントスタッフ募集
  • お問い合せ
〒920-0965
石川県金沢市笠舞1丁目23-23
TEL:076-222-3521(代表)
FAX:076-222-3520

■営業時間(月〜土)
日曜日のみ朝9:00開店
キーテナント:10:00~20:00
物    販:10:00~20:00
飲    食:10:00~20:00
地 下 店 舗:10:00~深夜1:00
※時期・催事によって変動することがあります。
■アクセスページはこちらから