• 会社概要
  • お問い合せ

2011年11月アーカイブ

霜月 晦日

~商売繁盛請負人が教える~

「厳しい時代の中で生き残るために今こそやるべきこと」

㈱TENNET 代表取締役 神坂 尭 氏の講演を聞いてきました。

CIMG4427.JPG

ご自身も震災被災者なのにも関わらず、数々の支援を行いつつ、講演で全国を飛び回っていらっしゃいます。

講演の冒頭、隣にいる人と「お互いに褒め合ってください。」ということでやってみますが・・・なかなかスムーズに行かない。

これはコミュニケーションの練習(?)です。

褒められることもない・・・誰かを褒めることも、あまりしてなかったか・・・。

神坂先生は、ケータイ・スマートフォンが販促ツールとして有効であるが、「リアルで、お客様とちゃんと挨拶できていますか?、が前提です。!」と述べられています。

デジタルツールの前にアナログありき。

一人のお客様、常連さんを徹底的に大事にする。

ケータイはライフライン。年配の方も操作性のいいスマホを使いだしている。

好き嫌いはあるかもしれないが、時流はケータイ全盛。利用しない手はない。

パレットでも検討期に入っているのか・・・。

その前にはリアルなコミュニケーション!。

チャンと挨拶できていますか?。

 

明日から師走、一年の早いこと・・・。

このムタムタなブログも、もう少しで300コメントになります。(ホントにムタムタやけど・・・)

頑張ろう!。

 

 

ボージョレヌーボーで愉しむ食事会

宮下酒店さん主催のワイン会にチャベチャベと参加してきました。

ボージョレヌーボーが主役です。

出だしは「ルイテッド ボジョレー」。

軽くフルーティーで飲みやすい。ジュースみたい?。

CIMG4384.JPG

続いて「ルイテッド ボジョレーヴィラージュ」

前者より少し濃いめの味わい。どちらも食前酒~ビールの代わりにグビグビ飲むのにイイかな?。(こんな飲み方はダメですけど・・・)

CIMG4385.JPG

 少し変わった形の透明なボトルのワイン。~ポットボトル~

100年程前にボジョレー地区で流通していた、高品質と認められたボジョレーだけに使用が認められるモノだそうです。

また続いて登場は「ルイテット マコンヴィラージュ」。

白のヌーヴォーは珍しい。平均樹齢40年のシャルドネ種で作られています。美味い~。

CIMG4387.JPG

 そして・・・シークレットワイン&SAKEの登場です!。

「クロ・デュ・マルキ2008」

シャトー・ラトゥールの隣。R・パーカー氏をして「レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサンジュリアンの王であり、しばしば一級相当である。・・・・1855年の格付が見直されるようなことがあれば一級への昇格が熱心に支持されることだろう!。」と言わしめ、5つ星☆☆☆☆☆満点高評価!・・・のセカンドラベル。(宮下さんのコメント)

「菊姫 黒吟」

搾り時、酒袋から自然に滴り落ちる酒だけを集め、タンク貯蔵ではなく、一本一本ていねいに瓶詰め、それを約三年間、理想的な状態で寝かしたお酒。(宮下さんコメント)

 CIMG4386.JPG

「クロ・デュ・マルキ」の2007年モノは、以前にいただいたことがあり、とても美味しかった記憶があります。

今回も~香り味わいともサイコー!。

「黒吟」は初めていただきます。サラッした飲み口なのに味わい深い~香りもグッドです。

しっかりと堪能させていただきました!。

宮下酒店さん、ありがとうございます。

会場のマリン亭さん、ありがとうございます。

本会ご参加の皆さま、ありがとうございます。

皆さまのおかげで、とても楽しい、美味しい、ステキな時間を持てました。

 

 

 

 

 

 

秋~探訪

夕暮れ時の笠舞日吉神社(笠舞本町2丁目8-15)付近。

"晩秋"を感じたので撮影。何となく物悲しいような~、早く家路に着かなければ・・・と思いませんか?。

田舎・・・旅愁・・・懐かしい・・・の言葉が思い浮かびます。

CIMG4379.JPG

画像の小道を抜けると日吉神社。

CIMG4381.JPG

夕暮れの神社も懐かしさを感じる。

同じ場所の景色で季節感を一番感じられるのが、今時期だと思いますがどうでしょうか?。

また、ツーリスト気分です。

CIMG4382.JPG

途中で出会ったヨーキー。旅愁の後で癒されます~。

見慣れた景色にしない!

小立野 上野八幡神社と旧金沢大学工学部跡間の側道を通る。

CIMG4377.JPG

色づいている樹はイチョウ。少し臭う・・・。

CIMG4374.JPG

旧工学部西門から見た中の光景です。

廃墟・・・。4~5階の教室や研究棟を、アパート・マンションに見立てたら、住人が突然にいなくなった住宅地・まちに感じる。

そして原発事故で、立ち入り禁止になった地域を連想してしまうのは筆者だけでしょうか?。

CIMG4376.JPG

現在、工学部跡の活用について地域と行政機関との話し合いが続けられています。

いろんな試案が出ているようです。

このような姿になって10数年経過しています。この状態が当たり前・・・になってしまわないうちに具体的なカタチになって欲しい。

施設の完全な移転前にある程度の具体的な方向性が決まっていれば・・・。あるいは、決まっていたのに実現不可になったのか?。

地元の我々も全市的にも、そして将来に亘っても有意義な活用法を見出してほしいです。

 

読後の安堵感

2日前に記事にした「チャイルド44」上・下巻終了!。

この結末かぁ~。

若干、結末に違和感と疑問が・・・。

下巻に入ってからはストーリー展開が速くなって、終盤は駆け足状態に感じた。(実際、主人公も時間に追い詰められ走っていたかな。)読んでいて疲れた~。

全編を通して、ソヴィエト社会が赤裸々に描いてありました。日本に住んでいて良かった。

ほぼ現実のことなのでしょう。物語の内容より、こちらの方が恐ろしい・・・。

映画化されるそうですが、見たいとは思いません。

小説で十分に堪能(?)できました。

読むと同時に映像が浮かぶ小説です。これは映像化できないだろ~といったシーンばかり・・・(映倫)。

CIMG4369.JPG

さて、ドキドキハラハラした後(安堵感・・・)は、同じく「読書のチカラ」で紹介されていた「神話の力」に入ります。

これは、少々学びモードかな。

 

 

 

クリスマスミュージック

各地でクリスマスの装飾が見られ、音楽が流れだしています。

特に商業関係の施設は11月初旬には、そうなっています。

もう年の瀬間近か・・・。

影響されたわけではないですが、CDを購入。

51ov7kzWn3L__SL500_AA300_.jpg

アーティスト名も知らずに某通販サイトでレビューを見てチョイス。

ジャズピアノのクリスマスミュージックがココロを暖かくしてくれます。(多分、お酒もススム?)

しばらくの間、楽しもう。

 

また、クリスマス時期が近付くと、皆さんの気持ちが更に優しくなり、困っている人達を助けたく?なります。

dd8546020ea02ea276549110_L.jpg

かつてのヒット曲。商業ベースに乗せられたのかもしれませんが、買うことで、いいことしたな!ッと自己満足してた。

最近、このような活動はあるのかな?。

当時から状況は変わったのか?。

ミステリーを読むのに相応しい環境

昨夜は大荒れの天候でした。

雷や風の音で、目が覚めてしまったので、本でも読むか・・・と読み始めたばかりの小説を手にする。

CIMG4368.JPG

洋物のミステリー。

翻訳モノは、登場人物の名前が長くて覚えづらいので敬遠気味でしたが、今度の読書会の課題本「読書のチカラ」(斎藤孝 著)で、おススメとして紹介されていたので、試しにと思い読み始めています。

51tYTSrN7BL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpgのサムネール画像

相変わらず、登場人物の名前は覚えづらいですが、展開がスリリング!。物語の背景が、スターリン体制下のソ連。誰も信用出来ない、相互監視下での物語。

しばらく眺めていたのですが、こんな夜に読むのは・・・怖い・・・ので止めました。

映画を見ているように、光景が目に浮かびます。作者の表現力のリアルさに圧倒される~。

これも、読んでいて"疲れる"小説です。でも話にグイグイ引き込まれていく。

全く、結末が見えない(まだ1/4くらい)。

舞台が"ソ連"だけに、明るい暖かい部屋で読むのが、いくらか安心できます。

これも読書のチカラか・・・。

晩秋の公園

普段から何気に通過している道路ですが、公園の紅葉が目に入りました。

車や人通りが少ない時間帯で、尚更のこと秋の深まりと寂然感を感じたのでワンショット。

CIMG4352.JPG

角度を変えてもう一枚。笠舞第二児童公園。

 

CIMG4355.JPG

調子に乗って、笠舞第三児童公園も。

CIMG4357.JPG

三口新町第一児童公園も・・・。

CIMG4362.JPG

誰もいない晩秋の公園。眺めていると、柄にもなくセンチメンタルになる?。

晩秋の一日

晩秋・・・小春日和。

初夏あたりにアップした猿丸神社の現在の風景。

CIMG4365.JPG

CIMG4366.JPG

「奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の声聞く時ぞ秋はかなしき」~猿丸太夫~

 

紅葉はありませんが、この歌が似合う風景。

見慣れた風景のはずですが、カメラ片手に訪れるとツーリスト気分。

新たな発見があるかな?。

 

※※※※と言われるほどのバカでなし

先日から人前で話する機会がいくつかあったこともあって、気になった新聞内容がありました。

11月22日付の日本経済新聞 「私の履歴書」 元米国野村証券会長 寺澤芳男氏の内容です。

~永田町独特の言い回しで気になったのは「・・・・についてのご理解をたまわりたい」「・・・・であると認識しているのであります」「何某のお訴えにお耳をお貸しください」。またやたらと難しい漢字を並べる。粛々と、不退転など。(中略)細川代表の事務所には「先生と言われるるほどのばかでなし」と張ってあったが・・・・。~

権威ぶったり、多少自信がないことを言う際に、このような言い方をするのでしょうか。

公の場での、ブッキラボウな言い方はいけないでしょうが、「・・・・について、ご理解ください」「・・・・だと理解しています」「様々な訴えを、お聞きください」と言い切った方が相手に伝わりやすいのでは?。

でも、内容に自信がない時は、似たような言い回しをしているかもしれないな~。

気を付けよう・・・・。

たすけあい・・・?

とある案件で、地域福祉に関する仕事をしている方と話をしました。

金沢市は他地域に比べ、福祉の公的扶助が受けやすいそうです。そのため他所から転入し、公的扶助を受ける方が増加しているとのこと。

永年、当地に住まいしている方が受けるべき扶助を、突然にやってきて、その恩恵(?)を受ける。

確かに誰しも扶助を受ける権利はありますし、真に必要とされる方もいます。

但し、現実はズルい・・・と思われる事例も多々あるとか。

正直な話、福祉関係の方も当惑気味だそうです。

互助の気持ちはモチロン大切ですが、その気持ちを踏みにじる行為は許しがたい!。

これから、歳末たすけあい募金などの募金活動も行われますが、その募金の分配についても議論があるそうな。

 

景況・時代背景等々、いろんな原因があって、このような話題になるのでしょうけど・・・、一筋縄にはいかない問題だな。

 

 

 

ムタムタな音楽鑑賞

久しぶりにCD購入。

今更ながらですが名盤です。

966931e29fa07e431fb78110_L.jpg

419z7-GZVNL__SS500_.jpg

音楽について語ることが出来るとカッコいいのですが、全くわかりません。

でも曲名は分からなかったけど、聞いたことのある曲ばかり。

カッコつけて照明を薄暗くして、ワインなぞ飲みながら聞いていたら・・・・寝てしまっていた。

晩秋はジャズが似合う?。

フォーラム

石川県中小企業家同友会のフォーラム基調講演 「これからの時代を生き残る 価値ある企業づくり」

講師は「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者 坂本光司 様です。

CIMG4151.JPG

著作は以前に読書済み。

会社に関わりある人を幸せにする、従業員とその家族の幸せを願い、企業活動に取り組み継続させる。

いい会社はリストラしない!。ごもっともです。

素晴らしい講演です。感動します!。

でも、講演で紹介されたような企業活動を目指さなければいけない。社内風土を作らなければならない!。となると、なかなか・・・。

先ず、従業員さんを養えるだけの数字を作らなければ。

なんだか、利益追求がダメみたいに聞こえてしまいそうでしたが、カン違いをしないようにしなければ。

なかなか出来ないことを実践しているから紹介されるのです。

 

その後、以前記事にした大阪の㈱マルキチ 木村さまの講演。そして、複数のテーブルに分かれてのディスカッション。

筆者は、その進行仕切り役を承っていました。

始まるまでは、かなりナーバス。しかし始まってしまったらそんなことは、言ってられない。

ムタムタな仕切りだったのですが、ご参加いただいた方々のおかげで無事?終えることができた?かな。

いろいろと満載な時間でありました。ヤレヤレ~。

 

区切りの一息はつけますが、他にやることは沢山あります。

この講演~と、後の懇親会で得たエネルギーを使って、前進~前進~!。

ムタムタな講演

母校(高校)で1年生対象の講演?をしてきました。

講演を聞く機会は沢山ありますが、自分から行うことは殆んどありません。

これも、ご縁だ、勉強だ~ということで、お引き受けをしました。

 

タイトルは「企業が求める学生像」なのですが、とにかく話を聞いてもらうことを第一に考え、自分の経験や思い出話を中心にしました。

久しぶりに1時間近く、立ちっぱなしで話したので、終わったらドッと疲れが・・・。

静かに聞いてくれたのは良かったのですが、反応が乏しい?。行儀が良すぎる。

 

教室に入る際に 「こんにちは!。」 「・・・・。」

講演を始める際にも 「お願いします!。」 「・・・・。」

「この中で、陸上部の人はいますか?。」 「・・・・。」

坦任の先生が・・・「陸上部は休部中です・・・。」 「アッそうですか・・・。」

笑いを取りに行ったのですが・・・ 。「・・・・。」

気が付けば、時間終了。(汗)

「では、皆さん。ありがとうございます。頑張ってください!。」 「・・・・。」

話の主旨は紙資料で渡したので、分かってくれると思うのですが、少しはリアクションが欲しかったな~。

 

自身の当時(15~16歳時)も、ひよっとしたら同様だったかもしれないので、善し悪しは言えません。

「オッサンがなんかモタモタ話していたな~。」くらいの記憶でも残ればいい、との気持ちで話しをしたのですけど、どうなのかな?。

 

まだまだ、修行が足りんな~、オレ。

ノムリエ?

久しぶりに、家飲み。

いただきモノのお酒を飲む。

CIMG4147.JPG

福井・鯖江の「梵」という銘柄。2010年IWC純米酒部門のチャンピオン酒のようです。

CIMG4148.JPG

"限定品"という言葉に弱い・・・。横文字では"BORN"なのか~。

口あたりは、チョイ甘口かな。でも美味しくいただきました。

偽ソムリエ風に表現すると・・・、小春日和の中、海が見える温めの露天風呂につかりながら、湯の香と塩の香を肴に飲んでいる光景が浮かぶお酒・・・。(意味不明)

朝から酔っぱらってはいません。

さてさて、本日も任務満載です!。

名言録

11月16日付けの名将名言録から~

 

人(ひと)己(おのれ)を誉(ほ)むるとも己に何をか加へむを

若(も)し誉に因って、自ら怠らば、則(すなわ)ち反て損す。

人己を毀(そし)るとも、己に何をか損せん。

若し毀りに因って自ら強うせば、則ち反て益す。

佐久間象山

 

他人が自分のことを誉めてくれても、自分にとっていいことは何もない。

逆に誉められて、いい気になって慢心し努力を怠ると、悪くなる。

むしろけなされて省み、弱点を克服するほうがいい。

 

ほとんど誉められることはないです。

けなされる~ということではないですが、苦情・苦言は多々あります。

叱咤激励されていたのですね。

Fight!Fight!Fight!

ムタムタ考

本日(11月15日)火曜日、パレット1階部分は設備点検のため、終日休館となっています。

なお、地階とクリニック棟は通常通りの営業となっています。

本年最後の休館日。そろそろ、いろんな本年最後・・・が言われる時節になってきました。

 

先日の「等伯」に載っていた「南泉斬猫」。

長谷川等伯 南泉斬描.jpg

この絵は初めて見ましたし、この意図するところも様々な解釈があるようで・・・難解。

難しいお題なのですが、描かれている南泉和尚は何となくユーモラスに見えてしまう。

長谷川等伯は描く際に何を考えたか?。

まさに禅問答。

 

untitled CAT.bmp

寒くなってくるとネコが恋しくなってきますねZZZ・・・。(拾い画像)

 

僕は君たちに武器を配りたい

なかなか刺激的なタイトルの本。

登録してあるメルマガで紹介されていたので、早速読んでみました。

 

「僕は君たちに武器を配りたい」 瀧本哲史 著

CIMG4146.JPG

就活中の大学生や就職して間もない社会人が対象の本のようですが、とてもディープな内容ばかり。

 

コモディティ(commodity)日用品という概念があるそうです。

商品・製品・サービス、そして働くヒトまでも含め「スペックが明確に定義できるもの」「個性のないものはすべてコモディティ」となるそうな。

一定のレベルを満たしていれば品質は関係ない。

他に供給者がいれば、それはコモディティ。

結果、徹底的に買い叩かれる・・・。

牛丼チェーンの価格競争が例に挙げられていました。そして、ヒトもその対象になってきた。

数々の資格を有していても、全世界的にみれば人材もコモディティ。

TPP交渉に代表されるように、資本主義社会のグローバル化は、ますます進行していく・・・。

衝撃的です。全てが、直ちにそうなることはないですが、いずれそうなるでしょう。

で、その対策はどうする?ということで、様々な「武器」について述べられています。

 

実は、ショッピングセンターを始めとする商業施設は、既にコモディティ化しています。

何処でも、ほぼ同価格で、ほぼ同じモノが買える。違いは新旧・規模・店舗数・立地だけ。

商品だけ見れば、ネットショップの方が安く買えることもあります。

 

武器は配られました。武器は使い方の手引き書もあります。同時に自らを傷つけるリスクもあります。

そして、あとは実践あるのみ!。

 

~後記~ 

ブログ記事を書き終えて、昨日の記事が目に入りました。

なんだか正反対の内容になってしまいました。

本書の考えに同感できる部分は沢山ありますし、これらが現在から将来への主流になるのでしょう。

でも、お互いに「おかげさんで~、あんやと~。」と言い合える関係や社会は、大事にしたいです。

・・・甘ちゃんかもね。

 

 

 

おかげさんで・・・あんやと。

11月13日の北陸中日新聞「中日春秋」の内容。

・・・山本周五郎の名作『さぶ』に好きな場面がある。屏風やふすまなどを張る経師屋(きょうじや)で働く英二が、理不尽な罪で島送りになった後、一流の職人を目指してやり直そうとする時のことだ。人足寄場の仲間から言葉を掛けられる。<生まれつきの能を持っている人間でも、自分ひとりだけじゃあなんにもできやしない、能ある一人の人間が、その能を生かすためには、能のない幾十人という人間が、眼に見えない力をかしているんだよ>。天賦の才があっても、一人では輝けない、そんな道理をさりげなく教えている。・・・

 

コラムの主旨は、先日あった某人気プロ野球球団の一件についての批判であったと感じましたが、冒頭の抜粋部分は日常生活でも当てはまります。

才能の有無を問わず、生活していくうえで、朝目覚めた瞬間から、様々な人たちのお世話になっています。

顔を洗うために蛇口をひねると水が出る。⇒水道局があるおかげ。

新聞を見る。⇒配達してくれる人・新聞会社のおかげ。

テレビの電源を入れる。⇒電力会社・放送局のおかげ。

着替える。⇒衣服を販売しているお店のおかげ。

食事をする。⇒食べ物を生産してくれた農家・工場のおかげ。

出かける。⇒舗装された道路は、行政のおかげ。・・・

一人一人の生活は、周りの人たちの"おかげ"で成り立っています。みんなで支えあっています。

 

ショッピングセンターも、毎日定時に開店営業できるのも電力・上下水道の供給があり、メンテナンスの方々、警備関係方々が仕事をキチンと、やってくれているおかげであります。

それとモチロン、地域社会全体と、ご来店いただいているお客様のおかげです。

 

とても当たり前のことで、普段は意識することは無いですが、コラムを見て再認識しました。

 

 

 

 

伝統の食文化

金沢販売士協会11月例会は、美川 任孫(とうまご)商店さまにて。

CIMG4141.JPG

美川は海産物の糠・粕漬けが有名です。

任孫さんは昔ながらのやり方で商品を作っています。

工場は代々使われている土蔵。糠の匂いが、たまらん!。(しばらくならOKですが、長時間居ると・・・。)

CIMG4136.JPG

 

CIMG4135.JPG

少し遅れて会場に到着したので、説明は聞けませんでしたが、どんなお宝が漬かっているのだらう?。

CIMG4137.JPG

画像では分かりにくいですが、蜘蛛の巣がびっしり膜状になっています。

食品の製造現場で・・・と、一瞬感じましたが、土蔵と漬けこむ樽等の備品が一体となり発酵食品が熟成されていくのでしょう。蜘蛛の巣も土蔵の一部?。

子供の頃に食卓に出されたら閉口した糠・粕漬けですが、気が付けば~ごはんの友・お酒の友として、好物になっています。

CIMG4138.JPG

店主の任田さまから説明を聞く会員の面々・・・。

CIMG4142.JPG

場所を変えて、任田さまも交えての懇親会。                       美川「こめや」さんにて。

 

商品としての需要が減っているなか、減塩にしたり、料理素材として洋食に取り入れたりと様々な工夫をされています。

お酒に合う食べ物ということもあり、食べる側の指向や食べ方・販売方法について、熱心に話し合われた?販売士協会らしい例会でした。

金沢~石川には、連綿と続く伝統食文化があります。

普段、何気に飲食している食品も製造現場をみると、そのありがたみが、とてもよく理解できます。

先月のお酒に続き、今回も楽しく学べました。

任孫商店さま、誠にありがとうございます!。

CIMG4140.JPG

 

食いしん坊の工夫

パレット内「めん処あかさか」にて、天ぷらそばをいただく。

通常は天ぷらとそばが同居しているのですが、別にしてもらいました。

CIMG4054.JPG

かけそば、単品天ぷら、天ぷらそばと3通りで楽しめます。

大根おろしも別にしてもらえばよかったな~。

通常メニューも少しの工夫(?)でグレードアップします。

食べ物以外でも、今まで通りで良いのか?工夫できることは無いか?。

何事も日々改善!。

どちらかというと、食べ物系に気持ちが行ってしまいますが・・・。

ムタムタな主観

会話していて感じることについて。

言葉尻を捉えているだけで、あまり意味がないことかもしれないのですが・・・。

「・・・このようなスキームが考えられます。」と言われることがありますが、

「・・・このようなカタチになります。」と言われた方が聞きやすい。

「こんなんになるわ~。」はモット聞きやすい!。

TPOで使い分ければいいのですが、あまりかしこまって言われると、聞く側も多少身構えてしまうような気がします。

当事者同士の人間的な距離感ですかね。

 

そして「・・・カタチになりますし、そのために・・・なカタチにします。だから・・・カタチでお願いします。」という言い方を聞くことがあります。

あまり自信がないから「・・・なカタチ」という大げさに感じられるだろう~の言い方を繰り返すことになるのかな?。

会話としては成り立ちますし、別に問題はないのですがこんなことを考えたりします。

主観ですけどね。

 

また、車での移動中、たまにラジオの国会中継を聞きます。

ワザと小難しく話をしていることもありますね。その方が国会らしいのかもしれませんが、聞いている方は???。

音声から、その場を想像してナビ画面を国会中継画面にすると、想像したとおりだったり、チョッと違ったな~ッと思ったり。

わりと楽しかった。(地デジ化されてTVは見れなくなりました・・・・。)

でも、国会のヤジは聞き苦しい~。無いとさびしいけど。

 

 

 

商店街交流

片町商店街振興組合が主催するイベント「金沢まち飲みラウンド」に参入?。

CIMG4133.JPG

友人と二人でラウンドしよう~としていたのですが、たまたま来沢していた「板橋区商店街連盟」ご一行さまと、アテンド中の金沢市商店街連盟関係者と偶然に遭遇。

合流して、十数人で片町ラウンドすることになりました。

「板橋区商店街連盟」と「金沢市商店街連盟」は、かつて加賀藩の下屋敷が区内にあった(加賀1~2丁目がある)ということで数年前から相互に行き来し交流を行っています。

筆者は、板橋へ伺ったことはありませんが、以前に熊本視察の際、現地で板橋の方々とお会いしたことがあります。

1年半ぶりくらいの再開。

個人・団体を問わず、他所と交流を行うことは、新しい文化や歴史を生み出す契機・原動力になると思います。

今回はあいにく短い時間でしたが、何かが生まれた?かな?。

CIMG4130.JPG

 熱唱中のお名前は・・・?。プロレベルの歌唱力!。

 

決闘の辻

藤沢周平を読む。

CIMG4128.JPG

読書中や読んだ後に、ふわッ~とした安堵感のある作品のイメージがあり、そんな感じを求めて読みだしたのですが・・・・。

タイトル通りです。

駆け引きあり、リアルなチャンバラシーンありと、生死を賭けた決闘の描写がスゴイです。人間のドロドロとした汚さが描かれています。

短編集でまだ2作品しか読んでいませんが、読み終えると自身も、その決闘の場に居合わせた感じがして疲れます。

さて次の作品・・・と読み続けられない。休憩が必要です。

作者に持っていた印象と作品が正反対に感じますが、これも同じ人が書いたものなのですね。

人間のドロドロとした・・・と書きましたが、誰しもこんな暗黒面は持っているのだなァ。

作品中に登場した、晩年の宮本武蔵もそのように描かれていて、筆者の持つ印象とはかけ離れていました。

人間の機微を描くには、汚い部分も知る必要がある?。

食談

いただきます!。

CIMG4122.JPG

蓋をとると・・・湯気がふわッと上がりました。そして土瓶の中身は・・・・。

CIMG4123.JPG

薄く切ったキノコが入っています。

初体験。プチ贅沢?しました。

食いしん坊仲間で食事しながら、食べ物の話・PC・TPP・原発災害・医療・映画 etc・・・と話題は尽きません。

小難しい話は?ですが、やはりキノコに注目が集まるし話題の中心に~。

美味しく、楽しく、学べる、一時を持てました。

CIMG4119.JPG

キノコの成れの果て・・・。完食!。

ごちそうさまでした!。

業務雑感

各地で、お店の開店があり、その様子が華々しく伝えられています。

他方面でショッピングセンターなどの商業施設では、お店の入れ替わり(開店&退店)が有ります。

出来るだけ長い間、お店としてあって欲しいのですが、様々な理由での退店が有ります。

売上不振・会社の戦略変更・病気、怪我 等々・・・。

 

残念ながら、先日も退店についての話がありました。

その中で、店舗責任者の方が、お客様のところへ伺って事情説明をしたところ、これまでの感謝を伝えられたと聞きました。

お詫びに伺ったのに、お客様から感謝され反対に励まされたといいます。

そのようなことが何件かあり、責任者の方は目が潤んだ・・・と述べられていました。

退店・・・はとても残念なことです。

しかしこのような話を聞くと、このお店(テナント様)と取引をさせてもらって本当に良かった!と感じます。

 

また、同じだけの開店も有ります。

新たに取引を始めたお店も、長い期間に亘り、地域に根付いた商いをしていただきたいと思っています。

 

何事もいつかは、去る時があります。その時は、周囲から惜しまれて・・・。

 

遠い将来を案じるより、今できること、やるべきことに全力で取り組むこと!。

それが前述したことにつながっていくハズ!!。

インターミッション2

某会合の後に一人飲み。

家飲みするより酒量が増します・・・。

普段は寡黙(?)な筆者もコレで饒舌(?)になれます。

CIMG4113.JPG

一日を顧みたり、明日への英気を養うための時間と空間~。

でも、ホドホドに・・・。

新聞広告

新聞紙上での2011年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」の結果発表の全面広告。

その中、優秀賞「きび団子のため、だけじゃない。」

CIMG4110.JPG最優秀賞もなるほど!と思いましたが、動物のヴィジュアルが目を引きました。

オリジナルもモノクロです。

何故、仕事するのか?。本質的な問いかけであり重いテーマなのですが、ニンマリさせられる作品。

業務の小難しい理屈?や言葉を並べるより、こんな表現を出来たらいいな~。

 

最優秀賞の「頑張れ、父ちゃん。」

父ちゃん、

きょうもいい肉

獲ってきてね。

gon4.jpg

 オッシャー!まかしとけーッ!。

 

元気の出る広告。いいですね。

 

御礼!

昨日(11月2日)は特招会でした。天候にも恵まれ、多くのお客様にご来店いただきました。

改めて御礼申し上げます。

ありがとうございます!。

CIMG4088.JPG

文化の日からの飛び石連休ですが、行楽地は賑わうでしょうね。

パレットも様々なイベントが催されます。

皆さまの、ご来店をお待ちいたしております!。

是非!。

論語

子曰(しのたま)わく、過(あやま)ちて改(あらた)めざる、是(これ)を過(あやまち)と謂(い)う。

【訳】先師が言われた。「過ってそれに気づきながらも改めないのを本当の過ちというというのだ」

~「論語」一日一言から~

反省だけならサルでもする・・・・ですね。

CIMG4086.JPG

 

文明は進化しましたが、2000年以上前から、ヒトはほとんど変わっていない。

 

もう一人の自分が言います。「エラそうに言う、お前も変わっていないだろ。」

霜月 朔日

霜月・・・文字を見ただけで寒くなるような気がします。

でも、長期予報だと今月は比較的暖かいらしい。

そんな陽に誘われて、久しぶりに散策(散歩)。

場所は、普段あまり歩くことの無い石引界隈。

それも車があまり通らない裏道?を行く。

CIMG4057.JPG

有名な柔道塾ですが、横から見るとこんな構造になっていたとは知らなかった。

CIMG4058.JPG

住宅地の前に渓谷?があって用水路が・・・かつてはどんな光景だったのだろうか・・・。

CIMG4060.JPG

チョッと一息~。

とても変わった体勢で寝ていたのですがカメラを向けるとこうなった・・・。またポーズとってや~。

CIMG4062.JPG

嫁坂付近。お屋敷街の向いに巨木が密生しています。兼六園周辺が散歩エリアになる高級住宅街。

市街地再発見といえば大袈裟ですが、なかなか楽しい裏道散策でありましたし、程よい運動になりました。

 

カテゴリ

パレットのお知らせ
  • パレットカード会員募集
  • 文化教室
  • ブログ
  • テナントスタッフ募集
  • お問い合せ
〒920-0965
石川県金沢市笠舞1丁目23-23
TEL:076-222-3521(代表)
FAX:076-222-3520

■営業時間(月〜土)
日曜日のみ朝9:00開店
キーテナント:10:00~20:00
物    販:10:00~20:00
飲    食:10:00~20:00
地 下 店 舗:10:00~深夜1:00
※時期・催事によって変動することがあります。
■アクセスページはこちらから