• 会社概要
  • お問い合せ

2012年12月アーカイブ

師走 大晦日

平成24年も本日まで。

十数時間後には平成25年(2013年)がスタートします。

 

 今年一年が良かった?そうではなかった?ということがいわれますけど、あんまり意味ないかな。

ズ~ッと(何でも)やって来た、積み重ねの結果として、今年(現在)がある。

その今を、これからも重ねることで未来への礎になる。

良かったことも、そうでなかったことも全て・・・。

 

そして、昭和から平成になって24年経ちました。

20世紀から21世紀になって12年経ちました。

幸いにも二つの時代の大きな節目を経験し、現在に至っています。

・・・平成や21世紀になった時は、「次の日から替わるの?。」って感じで、なかなか実感が湧かなかったが・・・。

でも、明るい時代や未来がやってくるんだ!といった期待感があったような気がします。

 

で、12年や24年といった時間区切りがあり、ポイントとして顧みたり先のことを考えてみたりするタイミングなのかもしれませんね。

 

本年も何だかんだでムタムタと駄文を綴ってきました。

 前後の脈絡も考えず、思いつくまま書いて~消して~直して~の繰り返しですけど、いまだに続いています。(チラホラ、ブログ見たとの話を聞く。)

駄文も積み重なれば"歴史"となるのでしょう・・・?。

 

さて、今年もパレットをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

おかげさまで、千秋楽を迎えることができました。

来る2013年(平成25年)もよろしくお願い致します。 

 

おゆるっしゅ~。

タクアンくう

名将名言録 一日一言~十二月三十日~

人も空、我も空、打つ手も打つ太刀も空と心得、空に心をとられまいぞ    沢庵宗彭

 

「無心」とは、何かを行っていても心が、そこに留まらないことらしい。

相手の刀、おのれの打つ手、打ったあとにも、心を留めないことが剣での「無心」。

心を奪われれば(留めれば)、おのれの働きが抜け、敗れてしまう~ことらしい。

 

過去のことにとらわれていては、イケナイ!ということか。

今年も残すところわずか・・・。

良かったことも、そうではなかったことも、心にいつまでも留め置かず前向きに進め!と解釈。

 

この沢庵和尚は"タクアン漬け"を考えたといわれていますが、元は"蓄え漬け"だったんですね。

 

CIMG6870.JPG

恒例の華道と書道教室のコラボです。

グッとお正月らしくなりました。ありがとうございます。

なに?

営業案内~本日、12月29日から31日まで、パレットは午前9時開店になります。

1階の閉店時間は通常通り午後8時ですが31日は午後7時閉店となります。

ところで~、

昨夜、当ブログに謎の書き込みが・・・!。

遠隔操作された?。

なんだろう???。

あたり障りのない記事だが・・・。

いよいよ後4日で2013年!

Xマスも終わるとあっと言う間に、年末。

年末には、大掃除等、忙しいですよね~。

でも、年末が終われば、次はお正月。

めっちゃハードです。(=_=)

でも、子どもにとっては天国!。

Xマスプレゼントにサンタさんからのプレゼント。さらに、お年玉!。

まさに、パラダイス続き。

大人と言えば・・・、出費続きで(汗)・・・もー大変!!!。

そのために、今からイロイロと準備をして置かなければイケナイ。

このヤマをひとつ越えて、明るい未来へと行きましょう!。

 

でも、その苦労を知らずに、子どもはお年玉はムダ遣いするし、コタツでゴロゴロするし、冬休みの宿題が終わったのか分からないし~。

子どもはお気楽で、ホントにウラヤマシイです。

でもいつか、そんなことが子どもにも理解できる時がやってくるでしょう~。

仕事納めはマダ

本日で官公庁や主だった一般企業は仕事納めですが、小売サービス業は大晦日まで営業。

365日24時間営業や、元旦初売りも当たり前になりつつありますけどね。

 

ということで、何かと気ぜわしい一日であります。

***へ行かなきゃ~、そして@@@にも行ってと・・・空模様も気になるしな・・・。

なんだ、普段とあんまり変わらんじゃないか!と気が付く。

その通りです。

12月28日(金)という日で周囲全体がそんな感じなので、コチラも何となくシンクロしているだけなんです。

 いつも通りにマイペースでやるか。

 

閑話休題

・・・安倍政権は来年の参院選まで大盤振る舞いを続けるつもりかもしれない。

だが、経済界に比べて住民はさめているように感じる。

財源を先食いして目先の景気を良くしても、結局、年金はもらえないという将来不安をかぎ取っているからだろう。

普通の人の方が先を見ている気がする。・・・

 

先日の日経紙・北陸経済面コラムに書いてありました。

時節がら新政権への期待と来年の展望や予測~が特集されますけど、高名なエコノミスト氏が語るより、我々一般人の方が経済の実態をつかんでいるのかも。

冷め過ぎたらイカンのですけど、肌感覚というか、実際に感じたりするのは大事だと思います。

ランチタイムに思う

ランチを食べにとある飲食チェーン店へ~。

丁度、混み始めたかなっ?というタイミングだったためかカウンター席に案内されます。

自分の定番メニューを注文して、暫し本を読んで待つ・・・。

カウンター向こうは厨房です。

忙しそうにスタッフが働いていますね。

次から次へとオーダーが入り、スタッフ間の声も大きくなりがちです。

加えて食器を取り出す際の音や、厨房機器のガチャ!とかバン!という音が、とても耳障り・・・。

そして、オーダー変更のためか、お客さま伝票の訂正が更に加わったようで、何かドタバタ感がモロに伝わってきます。

いつもより、メニュー提供時間もかかっていたかな。

味は・・・レシピ通りなので変わらないとは思いますが・・・、カウンター越しとはいえ、目の前でドタバタされると、いい感じはしませんよねェ~。

食べ終わるとすぐに退散しました。

 

また、新たに開店した某飲食店にも行きました。また、カウンター席です。

こちらも、お客さま多い上にスタッフが慣れていないのか、ドタバタしていましたね~。

 

カウンター席は個人客用という考えもありますが、お店の主要部分がお客さまに曝されているので、メインとなる席と思った方が良さそうです。

ムタムタと食事しながら思いました。

ヒトのフリみて我がフリ直せ!で、決してヨソごとではありません。

戒めを学ぶ

「失敗の本質 日本軍の組織論的研究」を読みました。 

書店の棚で、目に付いて手に取った本。

CIMG6868.JPG

ノモンハン事件(1939年5月~9月)

ミッドウェー作戦(1942年6月)

ガダルカナル作戦(1942年8月~1943年2月)

インパール作戦(1944年3月~1944年7月)

レイテ海戦(1944年10月)

沖縄戦(1945年4月~1945年6月)

旧日本軍が、大敗した作戦についての経緯が解説されています。

戦いの詳細に触れるのは初めて。

 

読み進んで一番に感じたのは、戦争指導部と陸軍・海軍・各現地軍の間に、コミュニケーションが不足していた。これは、全ての組織が注意しなければいけない。

軍隊というもっとも指示系統が確立されている組織なのに、中間に"温情"や"勢力"が介在することで、結果的に誤った指示が出され大敗につながる・・・ことも。

平時には機能的な組織も、非常時に通用しない。

大戦略がないままに戦争突入。過去の成功体験を重視し、ジリ貧の中で、実行しなくてもいい作戦を行ったり・・・。

本の中での想像しかできませんが、現場の過酷さといったら・・・言葉にならなかった。

 

ひとつの失敗が、次の失敗を生む負の連鎖を感じましたが、失敗の前にあった成功の影響が大きい。

日常でも似たようなことがあるかもしれない。

いつまでも成功し続けることはない。

 

組織論・・・の箇所は、難しかったけど何とか読了。

読んでいて興味深い箇所は、たくさんあったけど・・・疲れてしまった本でした。

クリスマス

クリスマス!と言ってもクリスチャンでなし、ただ広告代理店とメディアに煽られているダケなんですけど・・・。

マア、楽しいことは純粋に楽しんで、元気になって、活力の源になればいいですね。

以前は、クリスマスが終わると一抹のさびしさを感じていた?時期もありましたが、今はそれどころではないです。

年末セール・年始準備・・・そして除雪!。

クリスマス寒波もホドホドに頼みますよ~。

xmas_img01.jpg

年々~夢が無くなっていきますが、こんな画像をみると「ほわぁ~」とした気持ちになります。

ほどほどがヨロシイ

ある飲み会で・・・。

お造り+柳川鍋+なまこ酢+コノワタ+山芋酢+ズワイ蟹+黒造り+ホタルイカ沖漬・・・と、ご馳走三昧。

当然に、ビール&熱燗&焼酎がススムので飲みます。

前日に引き続きの飲み会だが、酒量はそんなに多くない(と思う)。

・・・その中、突然に体調不調に陥る。

立ちくらみするし、鏡で顔を見ると飲酒中なのに、白い・・・。

しばらくの間、WCで過ごすことに・・・。

やがて回復しましたが、なんだったんだろう?。

同席者は、なんともなく自分だけの症状です。

その後は通常通りに食欲もあるし、二日酔いでもない。

 

酒を控えろ!との啓示?だったのかな。

で、本日はホワイト・クリスマスイブ。

マッタク予定なしの聖なる夜なんで、家呑みしようかな~。

商業活性化アドバイザー来る!

金沢市商業振興課の「商業活性化アドバイザー派遣制度」を利用して、パレット共同販促委員会メンバーを対象にセミナーを行いました。

CIMG6867.JPG

この制度は、次の目的で行われています。

「市内の商業者が抱える様々な課題の解決を支援するため、市が相談内容に即した商業活性化アドバイザーを紹介します。
アドバイザーが皆さんと一緒に課題を考えながら事業活動をサポートします。」

 

ということで、チャベチャベと申請してアドバイザーさんに来ていただきました。

某広告代理店役員の小西さまです。

ご自身も小立野にお住まいなのでパレットのことは、よくご存知です。

販促のプロとして、また地域のお客さまの視点からパレットの販促活動にアドバイスをしていただくワケです。

CIMG6866.JPG

400名以上のお客さまから、アンケートをとる。他所の成功イベントのマネをする。

アイデアは質より量。記事になるアイデア・イベントか?。

地域を考えているか、歴史・由来がないか?・・・等のアドバイスを受けました。

その中でも、楽しんで企画(イベント)をつくることが出来るか?ということが一番のポイントかと思います。

お客さまに楽しんでもらうには、企画する方もワクワクしながらやらないといけない。

実行現場はやはり大変だが、楽しむ気持ちはとても大事です。

このように感じたイベントは、最近あったかな?。

 

とてもいい刺激になったセミナーでした。

商業振興課の皆さま、小西さま~ありがとうございます!。

今後のイベントに、乞うご期待!。

2012年12月21日

2012年12月21日に人類は滅亡するという予言がありましたが、この記事をアップしているので予言は外れましたね。

時差があって日本時間じゃないのかな?。

たまに出てくる人騒がせな話題~。メディアに載ってアッという間に、世界中に拡がります。

img_215989_59675556_0.jpg

でも、予言やウワサを信じなくても・・・、普段通りの日常がある幸せを感じる。

例え嫌なことがあっても~、ヤレヤレ・・・。

望年会

石川県中小企業家同友会 金沢中央支部12月支部行事~

「激論!グループ討論&望年会!」に参加。

各テーブルに分かれて、一年を振り返ったり、来年への抱負や各社における現状課題などを、話し合います。

 

ホテル関係の方からは、「観光のトレンドはJR何某とJ*Bが創り出す。2年後の北陸新幹線金沢開業時からしばらくは、観光客増は見込めるが、その翌年には北海道新幹線開業が控えているので、一気に流れを、持って行かれる可能性が高い・・・。」とのお話。

そうなる前に如何に、リピーターになってもらうかが重要。

このことは商業施設でも同じです。リピーター~お店のファンになってもらわなければ・・・。

 

建築関係の方は、消費税増税前に住宅の駆け込み需要はあるかもしれないが、捌ける件数には限りがある。その需要の去った後が分からない・・・。

これは商店でもいえます。

 

運輸関係の方は、以前に発生した高速バスの事故に関連して行政査察が入ったり、バスへのイメージダウンが業績に影響したとのお話。

トラブルや事故があると、同業種内へ及ぼす影響が少なからずあります。

 

保険関係の方からは、業容拡大のために来年は新規採用を増やしたいとの抱負。

どちらかと言うと暗い話題が多い中、前向きで素晴らしい発言です。

 

ワタクシメも、後ろ向きの作業が多かった?一年だったけど、来年は地域のお客さまから更に信頼される商業施設となるべく、設備改修や新店誘致といった前向きの仕事に邁進する!。

と、お話させていただいて~、望(忘)年会へと突入しました。

星を継ぐもの

先日の「ぼーるぺん 古事記」に影響されて?漫画を購入。

「星を継ぐもの(原作J・Pホーガン)」 星野之宣 全4巻。

CIMG6865.JPG

原作は、初夏に読みました。

壮大な世界観・宇宙観に圧倒されるハードSFで、それを漫画化したものがある~と知り、即買いです。

登場人物が多少アレンジされ、原作者の他作品のストーリーもミックスされているようですが、原作の世界観はキープされている。

原作から読んだ方が、コミック版も楽しめるし原作の深耕も楽しめます。

漫画といえども、絵もセリフもしっかり読み込まないと分かりづらいかもしれない。

 

描かれる近未来(2050年頃)は、地球上から兵器と戦争が無くなり、新たに発見された無尽蔵のエネルギーが100億の人類を支える理想世界。

それをベースに木星域まで人類は進出・・・・理想ではなく将来、リアルに実現してほしい世界です。

洋服のタグから・・・

昨日の某アンケート記事ではないけど、あるブランド?(カジュアル)服に付いているタグに目が行きました。

ブランドロゴの横には「MADE IN CAMBODIA」。

カンボジアって東南アジアの何処かだろうけど場所がはっきりわからない。

衣服の製造国では初めて見ました。

確か、今まで見たことのある国名は、いくつかあったが~。

MADE IN CHINA・・・は当たり前。

BANGLADESH ・ VIETNAM ・ PHILIPPINES ・ PERU ・ INDIA ・ DOMINICAN・・・・

もっとあるかもしれないけど、記憶にあるのはこの辺まで。

JAPAN ・ USA ・ ITALY・・・等の日欧米製品は、超高級ブランドでしかお目にかかれない。

機械製品ならばKOREA ・ TAIWANが幅を利かしているか。

食糧に至っては、とてつもなくボーダーレス。

 

今更ながら、経済的世界の繋がりが全世界を覆っていることを認識。

自国だけが発展し続けることは難しいし、出来たとしても他国や誰かに、負担を押し付けていることになる。

繋がり過ぎた世界に存在する日本に居る自分。

2013年の流通小売業界を占う?

***研究所~なるところから、「来年の流通小売業界を占うためのアンケートご協力のお願い」が届く。

ファッション衣料関連の質問ばかり。以下、質問の抜粋です。

日本企業が今後進める海外戦略は?。

アパレルメーカーが生産拠点として展開すると思われる国は?。

成長に陰りが出てきたと思うショップ(多店舗展開中の有名ショップ)は?、等々・・・。

 

う~ん、回答はできるが、ウチらの答えに有効性はあるかな?。

すべてのショップを見たことがあるワケでないし・・・、生産現場を知っているワケでもない。

名前しか知らないショップばかり。

「これくらいの有名ショップも知らないの?。」と言われれば、その通りなんですけどね。

地方の小型ショッピングセンターには縁遠いと思われるショップばかりですから~、と多少ヤッカミモードです。

果たして、この回答が流通業界を占う要素と成りうるのかな?。

 

前述の質問をうけて~

"占い"だけに、そんなに"売らない"ショップは知らない・・・・。

 

お後が、よろしいようで。

正しいことも多すぎると・・・

合成の誤謬(ごうせいのごびゅう)」という言葉を教えてもらいました。

経済用語らしいのですが・・・初めて聞いた・・・。

~ミクロの視点では正しいことでも、それが合成されたマクロ(集計量)の世界では、かならずしも意図しない結果が生じることを指す経済学の用語。~

 

商品を安く売れば、一消費者としては安く買えて良いこと。

ただし、安価での商品提供は、利益の低下と価格競争を招き、廃業する商店を生み出すことになり、経済全体で見れば、マイナスに働いてしまう。

デフレの説明にありますね~。

 

将来、増税される消費税も、購買力がそのままなら税収増が期待できますが、買い控え・節約指向が強まれば、結果的に税収減となることもあり得ます。

 

多少、間違った解釈かもしれないけど考えてみました。

衆院選挙の結果が出て、"その後"がどうなるのか気になります。

ご当地スーパーの逸品

よく目を通すブログで紹介されていた本です。

CIMG6859.JPG

「日本全国ご当地スーパー 掘り出しの逸品」

スーパーマーケット研究家 菅原佳己 (すがわらよしみ) 著

 

著者がすべて自腹で購入・試食済みの、各地のドメスティックな食べ物たちが紹介されています。

中には、見たことや食べたことのあるモノもありますね~。

昭和チックな商品が多いです。B級グルメのスーパー版か?。

 

旅行などで各地に行った際には、デパートの食品売り場や、食品スーパーをウロウロすることがあり、初めて見る商品や、変わった商品に興味がわきます。

同じことを思っている方は、やっぱりいらっしゃるもので、本まで出されたんですね。

見ながら~「コレ、ウマそう!」「なんか、見たことあるぞ!」「ホントにウマいのか?」などと、一人ツッコみをしています。

 

残念ながら北陸地方のスーパーと商品は紹介されていません。

もし、自分が選ぶとすると・・・何かな~と考えるのも面白い。

 

是非、続編で全国津々浦々の"掘り出し逸品"を取り上げてクダサイ!。

何がエントリーされるのでしょうか?。

徒歩15分に潜む商機

元気な高齢者にとって、心理的に歩くことが苦にならないのは15分。

距離にすると1km。足に衰えを感じると、700m程度に縮まる。

・・・年間230兆円程度とされる個人消費のうちシニア(65歳~)は100兆円をつかう。

高齢者世帯の食費を22兆円とする試算があり、徒歩15分の生活圏に潜む需要は大きい。

・・・との記事を見ました。(日本経済新聞 シニアが拓く 消費の実像)

現在、自動車を利用しているシニアも取扱いが楽な小型車に乗り換えたり、運転免許の返上で、日常の買い物は近くの商業施設を訪れる機会が増えると思います。

季節がら、積雪があるとよりその傾向が強いか・・・。

実際、パレットでもシニアのお客さまが、多くご来店いただいています。

 

また、この記事では、ある食品スーパーの実例として、少量多種の刺身盛り合わせや、通常より20~30cm低い陳列台が紹介されていました。

お客さま目線で商品開発・・・とは、よく耳にする言葉ですが、商品が乗る陳列台までは気付かなかった。

 

当たり前!なんですが、少しかがんで店内をみることも大事やな~と感じた次第・・・。

睡蓮って読めた?

日本経済新聞 文化面 幻の花影 十選

モネ「睡蓮の池」monet06.jpg

睡蓮・・・と名の付く作品は、複数あることを初めて知る。

紙上で紹介されていたのは1907年の作品でブリヂストン美術館が所蔵しているものらしい。

この作品かどうかは?ですが、バブル経済真っ盛りの頃に、高額で取引されたのではなかったかな?。

絵が~より、金銭価値で見ようとしてしまいます。

誰でもが分かりやすい価値基準。

ボヤ~ッとした画風に"幻の花影"と"幻の経済"が重なって見えてくるか?。

温まる裏メニュー

本日は比較的穏やかな日・・・。

でも、寒い日が続きます。除雪作業もあって身体が冷え切ってしまう~。

こんなときは「めん処あかさか」の温かいうどんが欲しくなる。

鍋焼きうどんが、この季節のマストアイテムですが、こんなメニューをリクエスト。

~天ぷらかき玉あんかけうどん~

CIMG6854.JPG

あつあつのとろみに、揚げたて天ぷらと薬味のおろしショウガがとてもよく合う!。

CIMG6855.JPG

慌てて食べて舌をやけどしないように・・・・。

いただきます!。

見かけは、あまりよろしくないけど温まるしカロリー摂取もバッチリ?。

これで、午後からもパワー全開であります。

ぼおるぺん 古事記

移動中の車内で聞いたラジオ番組で紹介されていた"本"です。

ぼおるぺん 古事記 天の巻 地の巻 こうの史代 著

CIMG6799.JPG

ボールペンで描かれた?マンガ。

古事記~は興味ありますが、文字のみで書かれた本は、長すぎる人物(神)の名前で途中停止してしまう。

宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)とか・・・。

 

現代風にデフォルメされた神々の姿に引き込まれ、見入ってしまった。

原自然で、自由奔放で、そして残酷な、古事記ワールドが繰り広げられます。

神様なんだろうけど、とても野生でとても人間らしい登場人物(神)たちをマンガで再認識。

古事記ブームだそうです。(古事記編纂1300年)

トテツモナイ年代記をマンガで楽しむのも一興。

人生は笑って楽しく

金沢販売士協会&K・C・G(金沢コンサルティンググループ)の合同例会(忘年会)開催。

例会講師は元金沢聖霊病院 院長の大下陸郎(おおしたみちお)先生です。

「人生は笑って楽しく」の演題でスタートですが・・・・。

大下先生が某地方紙に連載中の「ラブラブクリニック」の内容を超えるリアルな内容とコメントが、パワポ画像とともに会場内に炸裂!ちう。

CIMG6798.JPG

講話の途中から入ったのですが、その瞬間、耳と目を疑いました・・・。

中学生・高校生向け性教育の講演も、ほぼ同内容でお話しされるとのこと。(ダイレクト過ぎないか?)

まァ、全員が興味ある内容なんで、オブラートに包んだような表現をしなくてもいいのか。

人は"触れ合い"と"生きがい"がないと、早々にボケる!と、ゴモットモなお言葉。

確かに触れ合う際のアプローチの仕方は、接客・サービス業に通じるものがあります。

PC070367.JPG

一時間の講演予定を軽くオーバーして無事?終了。

皆さん・・・どのような感想をお持ちになったでしょうか。

この余韻を引き継いだ懇親会も大盛り上がりでした。

大下先生、ご参加の皆さまありがとうございます!。

 PC070364.JPG

早速、実践するのか?できるのか?。

昔から読書

~名将名言録 一日一言~ 12月10日

「書を読むは、酒を飲むが如し。至味(しみ)は会意にあり」   藤田東湖

酒を楽しむように読書に勤しんでいたといいます。

当時の読書は、娯楽~ではなく研究・研鑽の方が強かったと思います。

 

時節柄、酒を楽しんでばかりで読書が疎かになりがち。

娯楽も兼ねていますけど、読まなければ~。

酒を楽しむように~とは、なかなか出来ないが。

ホンコサンにて

昨夜から雪が舞っている・・・。

朝、起きて恐るおそる~外の様子をうかがうと・・・・。

薄っすらと積雪、でも大したことなくてヤレヤレ。

 

さて、ホンコサン前に、御内仏の大掃除をします。

晩秋から年末にかけての風物。

香炉やらロウソク立てやら~名前を知らないモノもありますが、取り出してホコリを落したり真鍮製仏具を磨きます。

揮発性の薬品で磨くので、火気厳禁。

寒い~さぶい・・・、修行?です。

もっと、気候のいい時にすればいいのに~と思いつつ、もともと農閑期に行われていた行事ですからね~。

御参り以外に御内仏に向かう機会はほとんどありません。

仏事等の御参りで御内仏に向かうことが"オフィシャル"であるとすれば、日常の御参りや清掃の機会は"デイリー"または"カジュアル"なのか?。

"デイリー"の方はやっていないので、まさに、ご先祖に間近(直)に触れる大掃除なのでした。

ロボットと仏教

ホンコサンです。

この季節の定例行事で、しばし足のシビレと寒さに耐える・・・・。

 

そんなのを意識したわけではないが、こんな本を読みました。

~「親子のための仏教入門 我慢が楽しくなる技術」 森正弘著~

子どもが読んでも理解できる仏教の本?のようです。

著者は宗教家ではなく、ロボット工学の専門家で通称ロボコンの創始者でもあります。

 

仏教と言っても、いろんな宗派がありますが、この本で述べられているのは広い意味での仏教。

根底にある考えは同じかと思いますが、ホンコサン~浄土真宗とは表現が違います。

坐禅の組み方解説もあり、仏教の宇宙感、哲学感にまでふれられていて、体感できることや具体的例えがあり、何となく分かったような気になれます。

紙が鉄を切る~という内容で説明される、すべてはすべてに関係していて、ひとつの小さな出来事が及ぼす影響はどこまでも及ぶ。

すべてがつながっている代表として、全宇宙に影響する"万有引力"がある・・・。

 

かなり異質な仏教書?かもしれませんが、腑に落ちるというか、モノゴトの見方が変わる良書かと思います。

SN3B0372.jpg

でも中学生あたりまでは難しいかな~、大人でもやはり難しいけど・・・。

 

正座してシビレた足が、カクカクとロボットのようにしか動かない・・・というのではないです。

季節はずれのひまわり

日本経済新聞 文化面 幻の花影 十選~

ゴッホ 「ひまわり

250px-Vincent_Willem_van_Gogh_127.jpg

「ひまわり」というとバブル経済真っ盛りのころに、数十億円で日本企業が購入~と報道があったのを思い出す。

変なことで有名になった絵でしょうか。どうしてもこの印象が強い。

 

「ひまわり」の同名作は全部で7作品あるとか。

全部で数百億円か~などと、下世話なことを考えてしまいます。

ホントは、値付けなんかしたらイカンのでしょうね~。

 

見ていると寒い季節ですが、色使いとひまわりから受ける暖かな感じがします。

このように暖かな印象を、周りにも与えることができる人になれたら・・・いいな。

忘年会

昨夜遅くから暴風状態。

現在のところ、建物周りに異常は無いが・・・。

 

さて、忘年会シーズン真っ盛り!。

あまり無理しないように・・・と思うのですが、ついつい調子にのってしまいがち。

 

そんな中、ある忘年会での挨拶で聞いた言葉。

~老年は過去を語り、壮年は現在を語り、青年は未来を語る。~

自分自身、業務上や普段から、どのような内容を話しているか?。

目先の事ばかりになっている?、以前はこうだった!といった内容が多いような~。

過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる。

 

このように、こころに残る言葉に出会える、楽しいだけじゃない忘年会。

これからどれだけの出会いがあるか~楽しみです。

出会うだけでなく、言葉やこころのキャッチボールをしていきたいな。

ショッピングを哲学する?

読書会開催。

課題本は「ソクラテスと朝食を ~日常生活を哲学する~」

ロバート・ロウランド・スミス 鈴木晶 訳

CIMG6751.JPG

今回は、忘年会を兼ねての設営だった為か、14名の参加です。

さて、この本ですが・・・サッパリわからん~が感想・・・。

半月ほど読みさしで、読書会の2日前から斜め読みした程度。

一人づつ感想を述べるのですが、全員が一旦挫折?し、そのままだったり~何とか最後までたどり着くという内容ばかり。

少し安心?した。オレだけじゃ、なかったんだ!。

かつて、東洋哲学を専攻した方も、中断した~という難解本。

モットモ、理解程度は雲泥の差だとは思いますけど。

 

この本の中で、"ショッピング"という項がありました。

巨大なショッピング・モールに行くことが"哲学"されています。

~あなたがショッピングモールを「人工的だ」というとき、批判的なニュアンスを込めているのかもしれないが、ショッピング・モールのほうはこの言葉をお世辞と受け取るだろう。というのもショッピング・モールは「人工的」という語の定義を変えてしまった。もはや「人工的」は「自然」よりも劣るものではない。町のスーパーがしがみついているのは「自然」の価値だ。また、「人工的」な物はもはや自然の不完全な模倣ではない。ショッピング・モールの人工性は、自然よりも完璧に近い。その完全に制御された環境はたんに買い物客の楽園ではなく、まさしく天国である。あなたは不安に思うかもしれない----こんな傲慢な姿勢は神の怒りを買うのではないか、と。だが、ショッピング・モールに出かけるとき、私たちは言う、「そんなことはどうでもいい。」もう天国を待ちくたびれたので、先回りして、作ってしまったのだ。~

~ショッピング・モールが伝統的な市場を馬鹿にするのは、市場の田舎臭さを露骨に嫌っているからだけではない。市場というのは、町の中心にある広場に店を広げ、人びとは取引をしたり、ひやかしたりして、ありとあらゆる交換を推進するが、ショッピング・モールは非人間的な取引にこだわる。買い物客は、ほとんど機械的な微笑を浮かべた店員にクレジットカードを差し出すことは許されているが、両者が人間として交流することは固く禁じられている。~

ショッピング・モールへの偏見?断言することではないと思うが・・・。

パレットは、こんなんじゃ~ないんだが。モールでもないけど。

読書会では、著者が若いことと、訳者が哲学以外は門外漢なので表現が甘い!との意見も出ていましたね。

 

また、この本を開いてみようかな~と思う日は、やって来るかな?。

無題

花のいのちは・・・

日本経済新聞 文化面 幻の花影 十選~

ヤン・ブリューゲル「青い花瓶の中の花束」

青い花瓶の中の花束.png

花を活けてあると言うよりか、花瓶から花々が湧き出てきたように見えます。

咲く季節もバラバラの花々が、冬の暗闇を打ち破るように現われ出でた。

新聞上のモノクロ画では分からなかったけど、花瓶の青色といい、彩りから生命力みたいなものを感じます。

 

ほぼ同時期に似た絵も。「花」

452px-Bouquet_(Jan_Brueghel_the_Elder).jpg

これは、夏枯れ?ドライフラワーのように見えるし、明るい地中海沿岸部を想像します。

 

両方の絵共、花瓶周りに花びらや葉が落ちている。

これがあることで、花々の生命がより感じられます。

知ったかぶり・・・。

「学ぶ」は「マネブ」から

石川県中小企業家同友会 金沢中央支部11月例会。

報告者は、堀岡製本印刷有限会社 堀岡昭夫さまです。

~経営の最大のミッションは続けること~

バトンを貰い(いかに貰うか)

バトンを渡す(いかに渡すか)

CIMG6749.JPG

創業93年と100年企業までは目前の老舗。

ややマイナーですが、本には欠かせない業種です。

先日、聞いた弱者の戦略のまんま。

堀岡さま自身、読書家でいろんな知識がポンポン出てくる。

 

"自分の器"と対話しながら、身の丈にあった会社規模に~か・・・。

今の時代ならでは?の含蓄のある言葉かと思いますが、ホントは堀岡さん自身、チャレンジ精神は旺盛ながら、敢えて"事業承継"に主眼を置いているな~と感じる。

また、社員からの仕事上の問いかけに対し~、

「みんなが幸せになる方に考えればいいんじゃないの?。」と答えるといいます。

社員教育がしっかりされていないと、こんな返答はできないと思う。

その為には、先ず社長自らが学ぶこと・・・。

 

何故、仕事をしているのか?という当たり前のことを、あらためて学ぶ機会に恵まれました。

堀岡さま!ありがとうございます。

シンポジュウム

「中心市街地活性化全国リレーシンポジウムin金沢」

人が住まい、集い、つながる中心市街地の実現を目指して

~まちの魅力と賑わい創出のために~

・・・にちゃべちゃべと参加。

CIMG6748.JPG

金沢中心部が更に活性化すれば、パレットが位置する笠舞周辺も更に好ロケーションになると思っています。

モチロン、当地区の活性化も図らねばいけませんし、中心部だけが栄えるということも無いと思います。(特に地方に於いては。)

そのヒントがないかな?ということと、国交省等の行政機関が設営する会議運営にも興味があったりします。

基調講演~パネルディスカッションと続く。

中心地だけでなく、まち全体のグランドデザインの中で活性化を図る・・・。

まちの規模ではなく、クオリティを上げていく方策を・・・。

建物の老朽化が目立つ片町地区の再開発・・・。

美しい言葉が並びますが、官民問わず言葉だけで終わらぬように。

・・・中心部は、行政のサポートがあっていいな~と、少しウラヤマシカッタリ。

師走 朔日

12月!になりました。

ついこの間まで~暑い暑いって言っていた気がしますが・・・。

吐く息も白くなり、さぶいさぶいが口癖に・・・。

 

さて、「師走」のまんま、今年は文字通り、先生方が走り回っています。

よりによって12月に選挙しなくてもね~(怒)と思う方も大勢いるでしょうね。

内閣の中には大臣になったのに約一月半で、お役ごめんになった方もいるでしょうに。

選挙期間中や投票結果が出るまで、大臣なんでしょうか?。素朴な疑問です。

 

政治がらみネタでは、消費税増税は2014年の4月に8%になる"予定"というのが気になります。

状況次第では、見送られることもありうるということですが・・・どうなんでしょう。

 

ケッコウ ケイキハ ヒエコンデ サブイ サブイ ジョウキョウ ダト オモフ。

 

一応、ショッピングセンター関係のブログなので政治意見的なことは、ここまでにして置きます・・。

カテゴリ

パレットのお知らせ
  • パレットカード会員募集
  • 文化教室
  • ブログ
  • テナントスタッフ募集
  • お問い合せ
〒920-0965
石川県金沢市笠舞1丁目23-23
TEL:076-222-3521(代表)
FAX:076-222-3520

■営業時間(月〜土)
日曜日のみ朝9:00開店
キーテナント:10:00~20:00
物    販:10:00~20:00
飲    食:10:00~20:00
地 下 店 舗:10:00~深夜1:00
※時期・催事によって変動することがあります。
■アクセスページはこちらから