• 会社概要
  • お問い合せ

2014年10月アーカイブ

神無月 晦日 温暖化した~

めん処あかさかで昼食。

天ぷら鍋焼きうどんを食すのでした。

2014-10-25 11.28.45.jpg

この間まで暑い暑い~と言ってたのにな~。

ガツガツ食べても汗ばまない。

アツい食事が恋しくなってきたのでした。

明日から11月ですが、「11月」の響きを聞くと涼しいを通り越して、寒いを思い浮かべてしまいます。 

でも、ここ数日は、とても穏やかな天候が続いています。

いい季節だなァ~。

いい地域だなァ~。

 

昼食時に、ココロもお腹も満たされ、ココロと身体が温まったのでした。

一般的に「温暖化」はマイナスイメージが強いが、これはステキな温暖化現象かと。

破獄

今月はあまり読めなかったが、コレは月末までに読了できてよかった。

「破獄」 吉村昭 著~。

昭和11年青森刑務所脱獄。

昭和17年秋田刑務所脱獄。

昭和19年網走刑務所脱獄。

昭和22年札幌刑務所脱獄。

四度の脱獄を実行した無期刑囚 佐久間清太郎を描く作品。

 

タイトルもカバー絵も、重苦しい感じで1ページ目が開きにくいなぁ・・・。

2014-10-26 11.28.33.jpg

ところが一旦、読み始めるとスイスイ読める!、面白い!。

登場人物は架空ながら、作品のベースになった脱獄劇は実際にあったといいます。

昭和の激動期における刑務所の様子が、ナマナマしく描かれている。

戦時の経済統制下であっても刑務所の囚人たちには、一般市民より多くの食糧配給があった。

理由は配給量を増すことで刑務所内の不平不満を抑える為、そして囚人による過酷な軍需目的の工事労働の為。

そして、極寒の網走刑務所独居房では、囚人の息で壁や布団が凍結するという描写にリアルな寒気を感じます。

オモテには表れない赤裸々な歴史記録の一面。

佐久間清太郎が収監された各刑務所が脱獄させまいと躍起になるものの、超人的な知力・胆力・気力・体力で看守たちを嘲笑うかのように、こつ然と姿を消す場面に少し爽快感を感じたり~。

また反対に、佐久間と心を通わせようとする警官や看守、刑務所所長とのやり取りにシンミリとします。

 

戦前・戦中・戦後の記録としても、人間ドラマとしても味わい深い作品です。

佐久間清太郎は、違う方向に自らの能力を行使すればよかったのにな・・・。

極限状態が、超人的能力を覚醒させたのかも。

あしながおぢさん

昨日の夕刻風景。

秋の陽はつるべ落とし・・・。

脚長~い。(影の)

IMG_2781.JPG

樹木の色変わりが注目されるが、とっても身近な足元でも秋の深まりが感じられます。

 

好天続きで、気持ちも晴れ晴れ。

今日も良いスタートが出来そうです。

ねこ二態

朝のひとコマ。

久しぶりにコイツを見かける。

声をかけても動かずに柵下にうずくまり続けてコチラを伺う、シャイなネコ。

2014-10-26 08.16.15.jpg

ふたコマ目。

いつものヤツ。

声をかけたら、尻尾をくねらせながら少しづつ遠ざかっていく。

ふりかえることもしない、フテブテシイねこ。

IMG_2801.JPG

同じ屋根の下で飼われている、このネコ達。

それにも関わらずキャラクターが違うところが面白い。

 

性格は体格にも表れますね~。(人間も?)

暖かな音楽

スタンダードな音楽を聴きたくなってネット検索。

 

少し早めのクリスマスアルバムをチョイスしました。

Nat King Cole ~Merry Christmas~

447.jpg

そして、いろいろ入っている~BEAUTIFUL JAZZ CHRISTMAS~

51+jhcdrEIL.jpg聴いているとフワ~ッとした気持ちになります。

ハートウォームになる音楽。

豊かな~優しい気持ちを持ったような、カン違いをしてしまう?。

 

でもソレは、カン違いでもイイのです。

タマには、ぬるま湯にどっぷり浸かるような?気持ちも必要かも。

賑わいづくり

昨日(25日)は、「パレット秋祭り」を開催。

天候にも恵まれ、多くのお客さまにご来館いただきました。

あらためて御礼申し上げます。ありがとうございます~感謝・感謝!。

 

今回はフリマ等、初めての試みもありました。

賑わいづくりイベントの必要性を再認識です。

IMG_2784.JPG

パトカーや崎浦分団のポンプ車も会場にあります。

IMG_2787.JPG

当日は、市内各地でも各種イベントや文化祭が行なわれていました。

いずれも、かなり賑わっていたようです。

 

イベントの成功か否か?は動員数や、売上で判断されます。

加えて、イベント開催の協力を快く引き受けご協力いただいた団体や個人の皆さまの数も大事かな~と。

その前段階としての、日頃のお付き合いはもっと大事です。

 

賑わいの後・・・お疲れさま・・・。

IMG_2788.JPG

祭りの後を感じる一枚・・・。

里山風景

サワヤかな晴天のもと、中学校時の同窓生ゴルフ(紫錦会)に行ってきました。

春・秋の年2回開催。

誘われるものの、所用と重なっていたりして、なかなか参加が叶わなず、3年ぶりくらいの参加です。

当時と雰囲気が変わらないヤツ、ガラッと変わってしまったヤツ・・・と様々ですが、ラウンド中は、数十年前とほとんど変わらない。

運動不足の身体に、"喝!"が入りました。

 

順番待ちの際に辺りの景色を眺めます。

電柱が目立つが絵に描いたような里山風景に、はやる気持ち(?)が落ち着く。

IMG_2761.JPG

最高の天候!。

スコアは・・・だけど、中学時代にかえって楽しいひと時でした。

IMG_2763.JPG

今さらながら、地域の濃い繋がりを再認識です。

 

練習シナケレバ・・・。

坊ちゃん

「坊ちゃん」 夏目漱石を読みました。

最近は、今さらながら~読んだ作品多し。

 

直情径行な数学教師「坊ちゃん」が、同僚の山嵐と共に狸・赤シャツ一派を懲らしめる、痛快勧善懲悪学園先生ドラマ。

ストーリーも主人公同様にストレートで、分かりやすい。

IMG_2775.JPG

「お婆さん古賀さん(うらなり)は日向へ行くそうですね」

「ほん当に御気の毒じゃな、もし」

「御気の毒だって、好んで行くんなら仕方がないですね」

「好んで行くて、誰がぞなもし」

「誰がぞなもしって、当人がさ。古賀先生が物数奇に行くんじゃありませんか」

「そりゃあなた、大違いの勘五郎ぞなもし」

「勘五郎かね。だって今赤シャツがそう云いましたぜ。それが勘五郎なら赤シャツは嘘つきの法螺右衛門だ」

~下宿先のお婆さんとの会話が、リズミカルで面白い。

・・・ぞなもし~って、四国地方の方言ですかね。

img_2.jpg

ニャンコ先生ですか~、吾輩は猫である?。

「そうぞなもし」

昔の名前で出ています?

メールで、以前パレット内にあった店舗についてのお問い合わせがありました。

正確には20数年前の「赤坂プラザ」時代にあったお店です。

お店を運営されている会社とは、取引はありませんが、分かる範囲で回答しました。

 

まだまだ「パレット」より「赤坂プラザ」の印象が強い方が多い。

大型店舗が少なかった時代の名残でしょうか。

はたまた、「昭和」に郷愁を覚える年代が多いため?。

 

客観的に見ると当時より印象が薄くなっている証かもしれない。

叱咤激励されたのでした。

今後も、お客さまの記憶に残る「パレット」で在り続けられるようにしなければ!。

食いしん坊たち

恒例のディープな仲間たち(?)とのキノコパーティーに参加。

旬の味覚を楽しみながらの時事放談!。

 

炭火の輻射熱に炙られるキノコの運命はいかに!。

IMG_2768.JPG

・・・と言いつつ、香りと食感への期待に顔がニヤケてしまうのでした。

 

各分野のエキスパートの方々との食談は、尽きることのない知識や情報の泉です。

楽しいのはモチロン、刺激も受けます。

ココロもお腹も満タン!。

 

ありがとうございます!。

海辺のカフカ(下)

本日、パレット1階部分は消防設備点検・設備改修のため休館とさせていただきます。

なお、地階部・クリニック棟は通常通りの営業となっております。

 

「海辺のカフカ」(下)を読み終えました。

メルヘン・オカルト・ファンタジー・・・さまざまな要素が入り交じる。

フワフワした~不思議な読後感です。

内容が、かなり現実離れしている証か。

 

存在も定かではない、見えざる「何か」の影響で物事は起きる・・・。

だから、身の回りで起きることは、起こるべきして発生している・・・のかもしれない。

思想なのか、哲学なのか~フワフワした中にも、考えさせられるコトが含まれている作品でした。

IMG_2758.JPG

「ノーベル賞候補作家の作品」を読む!という意気込みで読み出しました。

内容が薄っぺらい感じもしないでもないが、イイ意味で外された!という感じです。

そして、読み手によっては、かなり賛否が分かれる作品かと思いますが、個人的には面白かった。

他の作品も読んでみようかな?という気になったのでした。

 

これで目出度く、ハルキストになれた?。 

tmp?

エクセルファイルに数値を入力して閉じたら、変なマークに変わっていた!。

IMG_2756.JPG

再び開こうとしたら開けない!。

tmpとかいうのが原因らしいがどうすればいい?。

そもそも、なんでこんなんに変わったのか身に憶えがないのだが・・・。

修復ソフトがあるというのでダウンロードしようとしたら、セキュリティソフトがブロックしてしまうし・・・。

重用なファイルなんだが・・・ヨワッタ。

バックアップとって置けばヨカッタといっても後の祭り。

ナントカ開く方法を探さなければ・・・。

検索したら、tmpファイルが開ける!とあった「ファイルビュー」なるソフトを藁にもすがる思いで入れてみました。(有料だったが・・・。)

・・・確かに開くことは出来たが、ワケがワカラナイ文字の羅列じゃないか!。

 

結局、取引のあった専門家に依頼して5分で復旧しました。(チームビューアというヤツで、遠隔操作。)

全部で3時間ばかりかかってしまったのでした。

最初から頼めばヨカッタ。

 

エクセルは、フォームのコピーを繰り返すとタマにこのようなトラブルがあるそうです。

身土不二

京都の某和菓子屋さんの八穀ぼた餅をいただきました。

以前も食べたことがあります。

IMG_2753.JPG

ありそうで無いぼた餅。

甘さ控えめ、細かく刻んだ青シソ入り、大きな柔らか黒豆と雑穀(名前分からず・・・雑穀って十羽ひとからげみたいな表現だけど~)のプチプチ感ともち米のコンビネーションがスバラシイ!。

食事代わりにもなります。

美味かった!。

なんでも、身土不二(地元の旬の食材・食品や伝統食が身体に良い)を心がけている和菓子屋さんだそうな。

 

地産地消、身土不二ということで、現地へ赴いていただくことがベスト。

しかし、このぼた餅は金沢でいただいてもウマし!でした。

海辺のカフカ(上)

「海辺のカフカ」上巻 村上春樹 著 を読みました。

 

毎年のように、ノーベル文学賞授賞か!と話題になっている著者。

確かに話題作で、売れているみたいなんですが、マッタク未見です。

そんなに面白いのか?~それなら読んでみようと手にしたのが「海辺のカフカ」でした。

理由はとっても安直。

タマタマ上下巻に文庫化されていて、求め易かったから・・・。

IMG_2752.JPG

さて、読んでみるか~のつもりが、深夜までかけて一気に読み切ったのでした。

読みやすい平易な文章だが、複数の話(回想シーン含む)が、同時進行して、その関連性が分からなかった。

でも、少しづつ結びついてきた。

SF?青春人間ドラマ?ミステリー?メルヘン?・・・と様々な要素が入り交じる、不思議なフワフワとした文章です。

そんな中にも、目を背けたくなるかなり露骨な表現もあるが、文にメリハリをつける為のエッセンスか。

 

何だかんだいって村上ワールドにハマっていた・・・。

 

下巻が楽しみ。

ぼっち飯

久しぶりに御飯を炊きました。

一人だったので2合分だけです。

学生時の一人住まいの時に、初めて炊飯した時を思い出します。

恐るおそるお米をといで、釜の目盛りを慎重に見ながら水を量って・・・チャンと食べられる御飯が炊けた時はスゴイ!と思った。

炊飯器なので、炊けるのは当たり前なんだけど感動していました。

 

その当時を思い返しながら、お米を量って、といで水も量る。

そして、炊飯器に釜を入れてスイッチを入れる。

「速炊き」という機能があったのでセット。

 

やがてアラームが鳴り炊きあがって、炊飯器のフタを開ける。

アレッ?柔らか過ぎ?・・・。

でも食べてみると、少し芯が残ったアルデンテ状態。

・・・新米は、水量を減らす必要あり、プラス「速炊き」機能がマイナス効果だった?。

 

慣れないことはするモノじゃないな~。

ヤレヤレです。

落ち葉の季節に

日に日に秋が深まっていく・・・。

落ち葉も目立つようになってきました。

朝の散歩も肌寒く、スタスタ~とやや速足になっています。

 

いつもの如く、三口日吉神社の前を通る。

IMG_2754.JPG

落ち葉が路肩に掃き集められていました。

この神社には宮司さんは常駐してはいません。

氏子の誰かが管理しているのかもしれないが・・・。

 

アンサング・ヒーロー」という言葉が思い浮かびます。

何だか、より清々しい朝のひと時を感じました。

 

ありがとうございます!。

吾輩は猫である

「吾輩は猫である」 夏目漱石を読みました。

3週間近くかかった・・・。

2014-09-22 16.29.50.jpg

の~んびりとした、明治時代後期の日常がオモシロイ。

・・・が、やや間延びした感もあって、読むスピードもゆったりでした。

 

吾輩は猫である。名前はまだない。

どこで生まれたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している・・・。

 

有名な冒頭に続く部分の、「吾輩」猫の境遇が可哀そう~で、読むことをタメラッテしまいそうになっていたネコ好きの自分はオカシイ?。

今も昔も小動物の境遇は、ほとんど変わっていないのだが・・・。

 

当時の食卓や服装やまち並み、日常生活を想像しながら読みます。

でも、猫鍋は遠慮しておきます。

日常といっても、庶民階級ではなく「吾輩」の主人である苦沙弥(くしゃみ)先生は、英語教師だし、迷亭や寒月といった他の登場人物もインテリばかり。

諷刺もあるが、当時の憬れを体現した小説だったのでしょう。

 

艶書(!)ラブレターの差出人として名前を貸してしまい、騒ぎになったら退学させられる・・・と苦沙弥先生に相談にくる生徒がいる辺りは、ほのぼのしますね~。

今でも、LINEの成り済まし騒ぎってありますけど、カワイイものです。

 

・・・「もうよそう。勝手にするがいい。がりがりはこれぎり御免蒙るよ」と、前足も、後足も、頭も尾も自然の力に任せて抵抗しない事にした。・・・

 

「吾輩」に現代社会も滑稽に諷刺して語らせたら、どんな物語と結末になるのだろう?。

今日酔うは教養

石川県中小企業家同友会 経営教養委員会で、来月開催の文化的行事(?)の打ち合わせ&会場下見を兼ねてワイン会。

打ち合わせもソコソコに、豪州産スパークリングワインでカンパイです。

IMG_2742.JPG

焼肉&ワインのマリア―ジュ。

赤ワインは定番だが、シャルドネ種ともマッチする、なんとも上品な焼肉メニューの数々。

なんだか、教養~の目的からズレてきている気がしないでもないが・・・。

IMG_2748.JPG

今回は、4銘柄を堪能しました。

打ち合わせも何とか完了?です。

 

「一瓶のワインのなかには、すべての書物よりも多くの哲学が詰まっている。」

                                            ルイ・パスツール

ワインを飲んで教養を!~こんな格言もあるようなので・・・。

 

※ 昨日(10月13日)の記事内で書いた「夜鷹」は、歴史的・文学的な言葉ですが現代では不適切な意味がありました。

ナイトホークス(夜行性の人々)の意味で使ったのですが、調べ方が足りませんでした。

ナイトホークスに変更します。

モーニングバード

少し早起きをしました。

台風接近中ですが、まだ曇りから小雨模様です。

いつもの大木の前を通る。

風で葉がザワつく音が、この大木から呼び止められているような気がするのです。

 

しかし今朝は違いました。

ほぼ無風状態で、木から聞こえるのは鳥たちの大合唱。

チュンチュン~、ピーピーに交じりギャーギャー音も。

IMG_2745.JPG

枝の間を飛ぶ姿も見えます。

鳥たちの集合住宅?。

いつもと風景は変わらないが、早朝だから体験できた「音の風景」。

 

夜鷹⇒ナイトホークスも楽しい(?)が、モーニングバードもイイね!。

ツブヤキ・・・

仕事や、関わっている会合の打ち合わせや事務作業や~何やかんや~が、詰まってきたッ!。

アタフタしてミスっては元もこうもない。

一つづつ確実に処理して行くしかない!。

計画的にやっている(つもり)んだけどな~。

この連休中に、立て直しと再構築です。

本があまり読めていない・・・。

 

・・・とボヤキつつ、気持ちのリセットです。

台風19号も心配だし。

 

青春の味

マクドナルドの苦境が伝えられています。

パレットの大事なテナントさまなので、決して他人事ではありません。

そこで、微力ながら食べることで応援します!。

 

今回は、期間限定のイカスミバーガー。

IMG_2740.JPG

黒い食べ物は、黒豆とイカの黒造りだけでイイと思うが・・・そこんトコを曲げていただきます。

IMG_2739.JPG

フムフム~、宣伝画像と違う!というヤボなことは申しません。

ただし、イカスミソースが多過ぎた?のかタレて来て、手に付いてしまった。

ソースは、やや味が濃かったので、少な目がイイです。

 

食べながら~話題性や既存食材の有効活用、そしてコストを考えて商品開発をする苦労を感じました。

 

レシピや接客がマニュアル化され徹底されているのが、店舗拡大の「強み」だったが、一旦マイナス面が現れると、一斉にマイナスも拡大してしまう。

かと言って、各店の裁量を増やすとチェーン店として成り立たなくなる・・・というジレンマに本部として陥っているのでしょうか?。

 

チャベチャベと書きました。

ある時はメッタに食べられないゴチソウとして、またある時は短時間でサクッと食べられる文字通りのファストフードとして、そして小腹が空いた時に一口パクリ・・・と、永年に亘り食べ続けてきた、我が青春の味でもあるマクドナルド。

年齢を考えると頻繁に・・・とはいきませんが、これからも楽しみたいです。

(個人的には限定メニューより、以前からある定番メニューハンバーガーの方が好み。)

 

頑張れ!マクドナルド!。

旧 体育の日

未だに、10月10日は「体育の日」だと思っていた昭和世代です。

連休をつくるために、記念日(1964年(昭和39年)10月10日 東京オリンピック開会式)を変えるのは、イカガナモノ?か、とのオモイが強いので~。

1964olympics1.jpg

1945年(昭和20年)の終戦から19年後のオリンピック開催は脅威的なスピードだった。

 

リアルタイムでは見ていないのですが、当時のオリンピックは純粋にスポーツの祭典だったことはポスターからも感じられますね。

平和の祭典でもあるがオリンピックによる各国の国威発揚は、ズット前から。

 

そして、商業経済五輪色が色濃くなって久しいです。

だから、連休をつくりレジャーによる経済効果を期待するのは時代にマッチしている?。

 

しかしパレットに於いては、連休になるとやや静かなんだが・・・。

聞きにくいもの

~名将名言録 一日一言~

10月9日

我先祖の功を言、女房の理発、刀脇差の切の威言、又は何にても安く求め、貴く放すいげん、言からず、聞にくき物也

藤堂高虎

先祖の功名

女房の頭のよさ

持っている刀・脇差の自慢

安く買い求めたことを賢い振る舞いのように威張る

これらは「聞きにくいもの」

身の自慢から起きることで、戒めなければならない。

519JTFMXG8L__SX230_.jpg

自慢するモノなんて無い!と思っていても、周りから見ると「自慢」に見えていることって、あるだろうな。

しかし、多少の虚栄心は誰にでもある。

 

煩悩だらけなのが「人間」です。

でも、心がけとして忘れないように・・・。

GET ME TO THE CHURCH ON TIME

数十年以上前に聞いたことのある曲があります。

耳に残っているメロディなのに曲名がワカラナイ。

・・・先日、購入したCDを聞いていたら~その曲があったのでした!。

IMG_2734.JPG

GET ME TO THE CHURCH  ON TIME

ミュージカル MY FAIR LADY の挿入歌でした。

オオゲサだが、永年のつかえがとれた感じ。

腑に落ちた!納得!。

でも、何故今まで気付かなかったのだらう?。

 

フランク・シナトラは初めて入手です。

これからの季節にはピッタリ?。

カッコイイ!アルバムです。

点検します

人間ドックへ~。

採血3回と内視鏡検査が鬼門です。

あとは、ドッグ前日~当日~翌日と3日間、暴飲暴食~出来ないことですかね。(当たり前。)

検査から検査の間が空いた時は、読書できてよかった。

そして、普段はあまり見ないテレビを見るが・・・、例の噴火災害報道ばかりで気が滅入ります。

 

唯一の楽しみ!が食事。

朝食は食べられないドック初日の昼食、696キロカロリーなり。

 

・・・薄味です・・・冷めています。

2014-09-29 11.47.28.jpg

夕食はカロリー表示なしの仕出し弁当!。

なんか~ホッとする味付けです。(ビール飲みたい・・・。)

夕食後、売店で炭酸水を購入し気分とノド越しを楽しむ・・・。

2014-09-29 17.47.05.jpg

二日目の朝食は検査のため無し。

アキラメノ境地か?空腹感はありません。

 

ドックでの最後の食事!二日目昼食!、854キロカロリーなり。

薄味です・・・冷めてます・・・味付けが・・・。

2014-09-30 11.45.52.jpg

いかに日頃から味付けの濃い食事ばかり食べているか・・・と、温かい食事が当たり前になっている事実。

美味しくないな~と内心思いつつも、日常の生活をおくれることが、いかに恵まれているか、「当たり前の生活」が、とてもスバラシイことに気付かされます。

 

健康であることにあらためて、感謝~感謝です。

(健診じゃなくて食事レポート。)

本日の雑感

金沢市長選・石川県議会議員補選・金沢市議会議員補選のトリプル選挙の結果が出ました。

(盛り上がったワリには投票率が低い?(47.03%)、もっとあってもいい。)

選挙結果は、〇〇さんの当落で終了ではなく、それぞれの重責を担うことになった方々の今後を有権者が、しっかりチェックすることまで含まれていると思います。

首長や議員は有権者を含む住民の声を政策に活かすために、選挙で選ばれる住民の代表。

決して特権階級ではありません。

そのことを忘れずに、仕事に邁進していただきたいと思います。

 

ちゃべちゃべと・・・。

変なやつ

奇絶怪絶!幽霊画 十選~

金子冨之「鳥黐(とりもち)幽霊」

20110527172119_0.jpg

作者は新進気鋭の日本画家にして、現代の妖怪画を描いています。

しかし・・・不気味なだけで、どう評価していいのかワカラナイのだが・・・。

 

この作品のモチーフは、先日の「稲生物怪録」に出てきた縁先の踏み石に寝そべっている気色ワルイやつ。

コチラはユーモラス?。

20130729142713.jpg

主人公の平太郎が、踏み石に乗ると"トリモチ"を踏みつけたような~ネバネバ・ぐにゃり感!。

灯りで照らしてみると・・・得体の知れない気色ワルイのを踏みつけていた!。

しばらくは、ネバネバが取れず歩くのにも難儀したようです。

足元をよく見てから降りればいいのに~と思うが、物の怪だけに突然!出現したのですかね。

 

強い平太郎に踏みつけられたかった?変な物の怪。

社会体育大会にて

絶好の天候のもと、崎浦地区社会体育大会が行われました。

・・・で、早朝から町会テントの準備やら~いつもより仕事している?。

2014-09-28 09.57.58.jpg

ほぼ・・・というか、完全にチカラ仕事や競技参加の頭数に入っています。

中抜けして、業務に戻ろうかと(一応)思ったがムリでした。

2014-09-28 10.36.59.jpg

会場に、こんなキャラクターも現れました。

テレビで見かけるモノよりスマート。

版権とか・・・大人の都合は、子どもたちには関係ない。

もっとも非公認だから問題ないのか?。

 

29町会が集まる社会体育大会ですが、各町会の参加者数はバラつきがあります。

参加者減と高齢化で、テントを建てられない町会もあるような~。

 

当町会も競技参加より応援の方々が多い。

競技も身体に負担が少ない種目が目立ってきました。

 

楽しい中にも現代社会の課題を目の当たりにした一日。

でも、実態に合わせて工夫し、変化していくのは全てにおいて共通です。

 

お疲れさまでした~!。

神無月に何かヨーカイ?

奇絶怪絶!幽霊画 十選~

平尾魯仙(ろせん)「稲生物怪録(いのうもののけろく)」挿絵(部分)

稲生物怪録.png

左側の人物が眺めるのはシャボン玉?目や口がある人魂?得体の知れない浮遊物。

江戸中期に描かれた「稲生物怪録」をあらためて明治期にカバーした絵のようです。

 

そして元になった「稲生物怪録」の名前こそ、知っていたものの詳細は分からず。

これを機にNETで調べてみると~面白い!。

 

一カ月に亘り、毎日入れ替わり立ち代わりに化け物や物の怪、怪奇現象に見舞われるというコミックスや映画的要素満載の絵巻物。

作者が違うモノがいくつか存在し絵柄も違うモノもあります。

登場するのが実在の人物というが、実話ですか?。

 

物語の主人公である平太郎が、目から光線を発する化け物を追い払うの図。

o0652035010696045391.jpg

またある日は、平太郎が寝ていると、大きな顔が現れて大きな舌で舐めようとするが・・・。

ムンズ!と掴み退散させるの図。

1364099703.jpg

という具合に、次ぎ次ぎに現れる化け物をマッタク恐れることなく追い払っています。

 

若いが何事にも動じることなく、テキパキと難事を解決していくヒーロー像は、いつの時代にも存在したし、存在が期待されたのか・・・。

販売士協会~西へ

先月末に行なわれた金沢販売士協会9月例会に参加しました。

久しぶりの移動例会で、小松にある株式会社 加越さまを訪問です。

昨年のノーベル賞授賞関連パーティーで提供された日本酒のひとつである、「加賀の月」の蔵元。

代表である山田さま自らの解説を聞きながら、「加賀の月」三日月~満月を試飲ザンマイ!。

2014-09-27 16.03.08.jpg

旨い!旨い!と口数も増えてきた?。

多分もともとは、小松周辺だけで流通し、地元で愛飲されてきた地酒中の地酒だと思う。

2014-09-27 16.27.52.jpg

昭和テイストあふれる工場地内。

規模を追わず、実直に大事にお酒を造り続ける・・・。

 

ノーベル賞を受賞された山中伸弥教授からの御礼状も拝見しました。

2014-09-27 16.35.29.jpg

チョッとミーハー気分。

受賞対象の研究も、お酒造りも派手さはなく、地道な作業と研究の繰り返しと積み重ね~という点の波長が合ったのでしょうか。

 

その後は、サイエンスヒルズ小松を訪問。

2014-09-27 17.36.24.jpg

工業が盛んだった(?)小松の志を体現化した施設です。

子ども向けの施設かと思っていたが、結構ハマりますね~。

2014-09-27 17.21.08.jpg

放電を操ってみたりできます。(熱かった。)

 

モノの販売ではなく、モノづくりの原点・基礎・楽しさを感じた9月例会なのでした。

神無月 朔日 妖艶?

奇絶怪絶!幽霊画 十選~

甲斐莊楠音(かいしょうただおと)「幻覚(踊る女)」

04kai016.jpg

妖艶な美人画で有名らしいが、この絵は色使いや身体の動き、影から鬼気迫るモノが感じられます。

背景の影が実体と異なっている・・・。

幽霊や化け物ではないが、何かに憑りつかれたか。

見た目は「美」だが実は・・・とも見ることも。

人間の本質かも。

ハタマタ~お酒に酔った?。(なんとなく気持ちは分かる・・・。)

 

快晴の月初めに、このような記事。

見ていて疲れます~。

カテゴリ

パレットのお知らせ
  • パレットカード会員募集
  • 文化教室
  • ブログ
  • テナントスタッフ募集
  • お問い合せ
〒920-0965
石川県金沢市笠舞1丁目23-23
TEL:076-222-3521(代表)
FAX:076-222-3520

■営業時間(月〜土)
日曜日のみ朝9:00開店
キーテナント:10:00~20:00
物    販:10:00~20:00
飲    食:10:00~20:00
地 下 店 舗:10:00~深夜1:00
※時期・催事によって変動することがあります。
■アクセスページはこちらから