• 会社概要
  • お問い合せ

2014年11月アーカイブ

霜月 晦日

アッ!という間に11月の最終日。

比較的気候が穏やかな晩秋だったのではないでしょうか。

2014-11-22 08.29.26.jpg

小立野台緑地に立つ、いつもの大木も紅葉~やがて・・・。

そして、この冬の雪はどうなのかな~?。

2014-11-23 14.24.41.jpg

同じく小立野台緑地の違う場所の木々。赤緑黄と三色揃いだったので~(電線が邪魔)。

2014-11-23 14.27.51.jpg

どことな~く、寂しさを醸し出しているような三口新町第一児童公園辺り。

誰もいないからですかね。

 

冬支度が気になる月末です。

明日からの「師走」も、元気いっぱい・笑顔ですごしませう。

折れた魔剣

日経紙 未来の風景SFアート十選~

深井国「折れた魔剣」1974年 早川書房刊 ポール・アンダースン著 関口幸男訳

09dba8c241f83293889b106bb23d1162_C480.jpg

SFアート十選の選者は、このイラストをジャケ買いした~と絶賛しています。

・・・申し訳ないが、好きな絵柄じゃないな~と思ふ。

本書の中身はSFなんでしょうが、表紙はファンタジー調であまりSFっぽくない。

食わず嫌いかもしれないが・・・そのうちに読むかも・・・。

 

失礼いたしました。

目立たない看板?

実は、先週から正面口の看板が変わっています。

あまり目立たない?。

金沢市の景観条例で、看板の高さと面積が規制対象となったために、変更することになりました。

2014-11-20 09.19.00.jpg

画像がイマイチですが、コンパクトになりました。

同時にカラオケ店の自立看板も撤去です。

スッキリしました。

 

目立たない「看板」が増えてきています。

看板~というかサイン、家の表札みたいな感覚なんですかね。

27世紀の発明王

日経紙 未来の風景SFアート十選~

真鍋 博 「27世紀の発明王」 1966年 岩崎書店刊 ヒューゴー・ガーンズバック著 福島正実

20121025_55dc1f.jpg

はるか昔に~どこかで見た記憶があるような・・・イラスト。

昭和40年代初めの、明るい、希望あふれる未来を想像させる絵柄です。

もっとも、これは児童向けの本なので、尚のコトそう感じるのかもしれない。

 

アッ、決して、現在考える未来が、暗澹としているということではないのですが・・・。

e50fc68dd170b05eb7ec43642e6b14a5.jpg

明るい豊かな社会~を築く!。

ゆめ芝居

金沢市商店街連盟青年部と森本商店街振興会の交流事業。

森本商店街一座公演~「商店街は大騒ぎ!」

JR森本駅前にある芝居小屋 金沢おぐら座 にて昼夜2回興行!!。

・・・参加してきました。それも出演者!。

 

森本商店街では、昨年から地元の芝居小屋で、商店主自らが演じる芝居を活性化事業として行っています。

そこへ、市商連青年部4名が交流事業として参加することになりました。

まさか、芝居をするとは思わずに参加表明をしたら・・・出演することに・・・。

2014-11-20 13.18.39.jpg

役柄はそのまま、「パレットの人」。

商店街の魚屋さんの兄弟を、仲直りさせようとするという、ナントカ新喜劇みたいなノリです。 

本物の劇団員の方々との共演で、事前に2回打ち合わせ。

ただし、あらすじの説明を受けただけで、台本なし、通し稽古1回のみ。

スマホアプリのレコーダーでセリフを拾い~ほとんどアドリブ対応。

現場対応力?が鍛えられます。

 

その舞台の様子がFBにアップされていたので、チョッと拝借。

10731140_701534359941875_5754214692777991364_n.jpg

現代劇なんですけど、フィナーレはオイロナオシで登場。

10696415_701534413275203_3685200648706941526_n.jpg

アドリブばかりなんで、出番がない時は舞台袖で、大笑い!したり、感心したり~。

劇団の方に、とてもお世話になりながらも大盛況?のうちに、打ち上げを迎えられました。

 

最初はオッカナビックリ~だったのが、しまいには皆さんノリノリでしたね~。

本事業に関わった方々、皆さまに感謝です。

ありがとうございます!。

 

ヤミツキになった〇〇さん、◇◇さん・・・って参加者全員じゃないか!。

二館巡り

金沢市立中村記念美術館を初訪問。

敷地内の茶室です。(やや分かりにくい・・・。)

都心の隠れ家的な存在のような感じ。

2014-11-18 14.09.54.jpg

塗物中心の展示でした。

おそらく素晴らしいモノがズラリと陳列されているのでしょうが、残念ながら見る目が在りません。

収蔵品・環境・設備ともに整っている、いわば玄人好みの場所でしょうか。

 

窓口で鈴木大拙館も含む、お得チケットを勧められたので、次ぎへ向かいました。

2014-11-18 14.28.33.jpg

前回訪問から約2年半ぶりくらいです。

空いていて、思いを巡らすには相応しい空間。(ただし眠くなる。)

2014-11-18 14.36.29.jpg

今回、訪れた二館とも小立野台緑地帯が借景となって、まち中とは思えない、とても落ち着いた環境を造っています。

 

このような市内の文化施設巡りもいいな~。

再訪することで発見できることもある。

 

まだまだ未体験の奥行きがある「まち」なんだな~。

ムタムタ思ふ。

幻魔大戦

日経紙 未来の風景 SFアート十選~

「幻魔大戦」1巻 1979年角川書店刊 平井和正著 イラスト生頼範義(おうらいのりよし)

ed8199407d1ddd82c7a7b8ae6118d94c.jpg

小説は読んでいないし、アニメ化された作品しか知らず・・・。

それに加えて、とても有名なイラストレーターということも知らず・・・。

いかにモノ知らずか、知らなさ過ぎるか~を痛感。

この十選の選者である、ライター大橋博之氏の慧眼と博識の深さに敬服であります。

 

「スターウォーズ」シリーズが有名。

8389855_zpsab3162f3.jpg

「ゴジラ」シリーズも有名。

wFpOCiSMWnch0a4s9wGhp7Teo1_500.jpg

見たことある作品ばかり。

2014032516285036e.jpg

知らず知らず~のうちにタクサンの作品を目にしていたのでした。

小さい画像で見ても、とても迫力あるイラストばかり。

一枚のイラストに物語がギュッ!と詰まっている。

物語の内容をよく理解していないと描けない。

金沢おもしろよもやま話

スマホが突然鳴り出した、昨夜の緊急地震警報はビックリしました。

被害に遭われた地域の方々に、お見舞い申し上げます。

 

・・・K・C・G(金沢コンサルティング・グループ)11月例会に参加。

講師は会員の八子さまです。

「類例のない加賀藩の歴史と金沢人」から見えてくるもの(金沢おもしろよもやま話)

よそもの(新潟・長岡のご出身)が、地元の方に語るのはオコガマシイのですが・・・で始まります。

2014-11-21 18.32.01.jpg

・・・しかしワタクシ、生粋の金沢人のつもりでしたが~初耳のことばかりでした・・・。

卯辰山寺院群・・・行ったことない。

成巽閣・・・行ったことない。

金沢城に初めて入城したのは・・・知らない(前田利家じゃなくて佐久間盛政

「百姓の持ちたる国(自治共和国)」が約100年に亘り続いた(世界的にも稀)・・・そういえば習った記憶が・・・。

恥ずかしながら、知らない事ばかりです。

 

ちょうど、直前にタマタマ宝円寺と天徳院を訪れていたことで、辛うじて金沢人の面目を保った~、と思いたい。

宝円寺

2014-11-21 15.19.54.jpg

天徳院

2014-11-21 15.28.25.jpg

八子さま、ありがとうございます!。

地元再発見、学びの時間を持てました。

 

景観まで10年

風景になるまで100年

風土になるまで1000年

金沢は加賀百万石から、まだ430年しか経っていない。

 

歴史の重み・深みに対し~

自らの軽さ・浅はかさを反省~。

犯人確保!

初めて館内防犯訓練を行いました。

残念ながら、この辺りで凶悪犯罪は起きない!という常識は通用しなくなってきています。

今回は金沢中警察署のご協力のもと、刃物をもった不審者が館内で傷害事件を起した~との想定で行いました。

 

事件発生~通報~警備員の対応~怪我人救出~犯人を足止め~警察到着~犯人確保が一連の流れだが・・・。

 

サスマタで威嚇。

アレ?救急車呼んだ?。

2014-11-21 09.04.37.jpg

警察到着!

2014-11-21 09.08.59.jpg

エイヤッ!

2014-11-21 09.09.15.jpg

犯人確保!。

2014-11-21 09.09.34.jpg

犯人役の警官さん、かなり迫真の演技です。

シナリオで役割りが当ったハズの従業員さん~演技にビックリして立ちすくんでる・・・。

 

反省点は多々あったものの、訓練終了。

このような訓練や日頃の心がけが、犯罪防止の要点との講評でした。

実際は・・・(あってはイケナイが)訓練通りにできるか?。

ジェンダー

先日の休館日を利用して、テナント会従業員研修を開催。

 

今春先からムタムタしながら、手続きを進めてきた助成金制度を活用しての研修会です。

講演をお願いしたのは、「女性起業家交流会inHOKURIKU」代表の萩原さま。

「ジェンダー(男女の特性)を活かして売上を伸ばす!」

2014-11-18 10.06.05.jpg

男性は論理的・一つのことに集中して狭く深く行う。

女性は情緒的・複数のことを同時に浅く広く行う。

物品購入時、男性は機能(スペック)重視。女性は総合イメージ⇒かわいい~を重視。

言われてみれば、そうかもしれない。

この視点で、商品揃えやディスプレーを見ると・・・、女性客重視といいつつ、男性目線で設えたお店が多いかも。

女性社員から提案があっても、男性上司がその提案を✕にすることは少なくない~という事例紹介に納得してしまう。

 

一方的は講義ではなく、聞き手にも発言を求めたりと、双方向での進行で時間はアッ!という間に経ちます。

とても有意義な時間を持てました。

 

萩原さま、ご講演ありがとうございます!。

お客さまの、ご期待に応えられるように日々精進・改善です!。

にんげんだもの

相田みつをスタンプ。

先日、金沢販売士協会で訪れた「ゆのくにの森」内のギャラリーで相田みつをの詩が展示されていました。

そこで、スタンプ2種購入。

2014-11-15 11.55.31.jpg

あれこれ~使うことを考えて、「ありがとう」と「一生勉強一生青春」をチョイス。

自分への言い聞かせも兼ねて・・・。

 

ちなみに「ありがとう」の反対は、「あたりまえ」だそうです。

 

ナルホドな~。

スターウルフ

日経紙 未来の風景SFアート十選~

斎藤和明 「さいはてのスターウルフ」 1971年 早川書房刊 エドモンド・ハミルトン著 野田昌弘

61mUSrbOu6L__SL500_AA300_.jpg

これぞ、スペースオペラ!、宇宙冒険活劇に相応しい表紙絵。

やり過ぎ感がテンコ盛りの70年代風です。

「スターウォーズ」や「未知との遭遇」でSFに目覚めましたが、それよりチョッと古い感じがイイ味出してます。

 

その当時のSFブームのおかげで、エドモンド・ハミルトンの「キャプテン・フューチャー」や「スター・ウルフ」がジャパンアレンジで映像化され、知ることができました。

captenf.jpg

 

412P5PBS1JL__SL500_AA300_.jpg

話題作に登場した宇宙船や登場人物のコスチューム等を始め、作風までもオリジナルを無視して、そのままパクッた感がイイ(ワルイ?)。

当時は大らかな時代で、問題無かった?。

キャプテンフューチャー.jpg

「キャプテンフューチャー」シリーズと同著の「スターキング」シリーズは、数冊読んだ記憶あり。

「スターウルフ」シリーズは未見でした。

 

表紙に惹かれて・・・読んでみるか~。

大人の修学旅行

本日18日(火)、パレット一階部は設備点検・改修の為に休館となっています。

なお、地階・クリニック棟は通常通りの営業を行っています。

 

金沢販売士協会11月例会が、会員の西村さまの勤務先でもある、「ゆのくにの森」にて開催されました。

視察と工芸体験。

今回は、金箔張りを行います。大人の修学旅行・・・。

2014-11-14 14.56.17.jpg

デザインを考えて、箔を張る場所や箔粉をちらす位置を決めます。

以外と難しい。

最初はワイワイと賑やかでしたが、箔張りが佳境になってくると・・・口数が減ってきた。

2014-11-14 15.31.27.jpg

非日常体験を大勢で行なうのは楽しいですね。

それぞれ力作(!)を持ち帰り、飾ったり実際に使用したりと~有効活用しましょう!。

 

そして、広大な敷地を散策し、晩秋を堪能。

2014-11-14 16.31.17.jpg

その後は、山代温泉へ移動して少し早めの忘年会。

 

~各所での設営もヨカッタのもサルことながら、参加者の皆さまのおかげで、とても有意義で楽しい例会となりました。

 

ありがとうございます!。

火星のプリンセス

日経紙 未来の風景SFアート 十選~

「火星のプリンセス」武部本一郎(表紙絵) 1965年 東京創元新社刊 E・R・バローズ著 小西宏訳 

mars01.jpg

火星を舞台に地球人ジョン・カーターが活躍する冒険活劇SF。

表紙に描かれているのは物語のヒロイン、デジャー・ソリス。

コラムでは、この美女イラストが、現代の「萌え」の起源と言えなくもないか?と結ばれています。

未読ですが、表紙は見覚えがありますね。

何となく「萌え」~を感じる?、50年ほど前のイラストだが、現代でも十分通用します!。

 

火星シリーズは、各社からも発刊されているようなので、何点か拾ってみる。

先ずは、ワリと最近っぽい感じの小学館文庫「火星のプリンセス」。

SFなんだけど~他の要素も期待してしまいます。⇓

51W53v4o8qL__SX230_.jpg

続いては、講談社版です。なんだかな~。⇓

koma01.jpg

集英社版。水彩画タッチ~、ソレらしいかな?。⇓

mars01shueisha.jpg

角川文庫版・・・、お城のような建物から無理やり「プリンセス」を想像しなければ・・・。⇓

mars01k.jpg角川文庫.jpg

小松崎茂氏による表紙版、出版社は不明・・・。

活劇ソノモノです。⇓

mars01a.jpg

ちなみに1917年に刊行された原書版、⇓オリジナルの良さ?。

200px-Princess_of_Mars.jpg

訳者の違う作品が各社から出ています。

大筋は変わらないと思うが表紙を見ていると、この本を読んでみたい!と思うモノとそうじゃないモノがありますね~。

 

中味もさることながら、見た目も大事だな~と感じたのでした。

エラーが発生しました。

ブログを書くサイトへアクセスしたら~見慣れない表示が現れた!。

エラーが発生しました?。

2014-11-14 10.02.06.jpg

一旦、画面を閉じて再び試すも~同じです。

エラー表示が、横文字なのでヨワッタな~。

HPのベースになっているMovabletypeのヘルプを見ても、ちんぷんかんぷん。

レンタルサーバーの容量不足?。

サーバー容量を確認するも、まだまだ余裕があります。

アッサリと自分で何とかすることを諦めて、HP作成を依頼した会社に助けを求めました。

半日ほど経って返答あり。

 

サーバー側のメンテナンス中エラー。

再度サイトを開いてみると、いつもの画面に戻っていました。

ヤレヤレ~。

 

コンピューターも人間が造ったモノ。

指示通り完璧に作動するものの、ヒューマンエラーは低確率ながら発生するのだな~と思ったのでした。

取り組む姿勢

いろんな行事の段取りが、またまた複数同時進行ちう。

それぞれ開催日も近い。

モットも、なんでも、引き受けてしまう自分のせいなのですが・・・。

と、モタモタしている間に11月も半ばになっていたのでした。

これから後半も何かとあるなぁ~。

モチロン!仕事もです。

さてと、今日も姿勢正しく、胸を張っていきます!。

 

姿に勢いがあるのが、正しい姿勢。

SFマガジン

日経紙 未来の風景 SFアート十選~

「SFマガジン 創刊号」 表紙絵 中島靖侃(せいかん)1959年 早川書房刊

img_1.jpg

空想科学小説誌の方がタイトルに相応しい。

コラムには「何処かの惑星の荒廃した物悲しい未来の風景」とありますが、建物を建築中にも見えます。

「科学は人類を幸せにするとは限らない。ときに人類を滅亡に追い込む可能性すらある。SF小説には未来に対する提言をテーマとする物語も多く、その表紙もまた、内容を映し出し、人類に警告を発する役割を果たそうとしたのである。」

 

発刊当時は東西冷戦の最中、互いに兵器としての原子力開発にシノギを削っていた頃。

残念ながら軍事技術によって科学技術が進んだのは事実です。

時代背景的には、この表紙は荒廃した風景と見るのだろうな。

 

久しくSFは読んでいなかったので、また読んでみようと思ふ。

想像して旅行する

本日は荒れ模様の天候ですが、先日のお話・・・。

湯涌温泉へ。

晩秋の里山風景を楽しみたい!。

IMG_2841.JPG

金沢湯涌江戸村も訪れて、しばし観光客気分を味わいます。

保存建物の中から~、ウ~ンうまく撮れないな・・・。

IMG_2844.JPG

観光地となっている遠くの場所へ行かなくても、十分に旅情気分を味わえるところが身近には多くあります。

もっとも金沢自体が、観光地だから当たり前か。

IMG_2845.JPG

今回は、奈良の斑鳩辺りを散策している~という想定で訪れてみました。

近辺の神社に寄ってみたりして気分を盛り上げる。

実際に行ったことはないが、おそらくこのような風景なのではないかと・・・。

 

IMG_2840.JPG

丁度、宿泊予定もあったので想像上の旅行だけではなくて、リアル旅行なのでした。

SFアート

日経紙文化面 未来の風景SFアート 十選~

またまた♪楽しげな十選が始まりましたね~。

第一回目は小松崎茂「宇宙戦争」。

p2.jpg

20121103_866d36.jpg

1957年講談社刊 少年少女世界科学冒険全集 ハインライン著 塩谷太郎訳「宇宙戦争」の表紙絵(裏表)です。

見るだけでワクワクします。

イラスト中にさり気なく(?)著者ロバート・A・ハインラインの名前を入れ込んであるセンスはイイですね~。

横文字ならすべてカッコいい!。

発刊当時は、宇宙開発の黎明期だけに未来の人類の輝かしい宇宙での活躍を期待し、想像力逞しく描いていたのでしょうね。

 

小松崎茂氏はプラモデルの箱絵で有名ですが、児童書にも数々のイラストを描いています。

探していたら見つけました!。

20060729001346.jpg

コレ↗・・・この本は持っていたな~。

火星人やら金星人やら~太陽系の宇宙人?が紹介されています。

なつかしい~。

当時は、かなりインパクトありで、このページを開くのがコワかった思い出が・・・。

葡萄酒談

石川県中小企業家同友会 経営教養(今日酔う)委員会 「この人に会いたい」に参加。

先月から準備をすすめていました。

テーマは「私をワインの分かる女(男)にして!」で、講師は会員で酒販店を営む北中さまです。

市内で行われるワインイベントを手がけるワインのオーソリティ。

 

会場は、敢えて焼肉屋さん。

スパークリングワイン(カバ)がウェルカムドリンクとして、席に着くとほぼ同時に出てきます。

北中さまが語る、ワインと料理が織りなすドラマのプロローグに相応しい。

10153822_715144465242922_7622958232683548428_n.jpg

今回、紹介された4種類のワインは、いずれもコスパが高く、提供されるハイクオリティな料理(お肉)と相まって、至福のひと時を過ごすことが出来ました。

参加者(ゲスト)の性別・年齢・仕事等の情報を基に、ワインと料理内容を予算い合わせ調整し、その中でベストなモノを、提供順序とタイミング・スピードをお店に指示します。

このように、今回、講師とホスト役に徹していただいた北中さまとお店との絶妙の連携には、サービス業のあるべき姿を強く感じました。

素晴らしいサービスを受けながらも、ワインや料理はあくまでも卓を囲む参加者同士のコミュニケーションの引き立て役です。

 

少しはワインの分かる人になれた?。

いい人間って、どんな人ですか?

小川未明童話集。

自分の「読む本メモ」に、半年くらい前から書いてあった本書を、ようやく読みました。

どこからメモしたのかは忘れていたが・・・。

当然ながら著者のことも知りません。

2014-11-05 17.51.44.jpg

童話なのでホンワカした内容ばかりだろうと思って読み出すと~、不意打ちを喰らいます。

 

巻頭の「電信柱と妙な男」は引きこもり(?)の話。

続く「黒い旗物語」「なくなった人形」「糸のない胡弓」は、ホームレスに関する話。

「牛女」「赤いろうそくと人魚」はハンディキャップを持つ人物の話。

「眠い町」は行き過ぎた自然開発と経済優先主義の問題を投げかけていたりと、現代社会の諸問題にも通じる内容ばかりです。

というか、昔からあったが解消されないことばかり。

そして、「小さい針の音」は、何故学ぶのか、何故働くのか?を問いかける。

いい人間って、どんな人ですか?。

 

人間の本質(優しさ・残酷さ・愚かさ)が、平易な文で著されているのだけに、ストレートに心に突き刺さります。

 

本書カバー裏面に書いてあったとおり、「美しくて怖い、優しくて悲しい、心揺さぶる珠玉のアンソロジー」でした。

LRT考

金沢市商店街連盟 青年部セミナーに参加。

 

「金沢のまちづくりとLRT」の演題で、「金沢・LRTと暮らしを考える会」の会長 谷内さまと幹事の蓮井さまにご講演いただきました。

IMG_2825.JPG

Light Rail Transit(ライト・レール・トランジット)というと、富山市のLRTが有名です。(乗ったことはないが)

この特徴的な未来的低床車輌に目が行きますが、車輌だけがLRTではありません。

2a03a0a2c7bb1b3874ded73d94af63a8.jpg

新型路面電車を基幹として、バスとの結節機能やパーク&ライド駐車場を備えたトータルな交通システムがLRT。

かつての路面電車とは違うし、またバス輸送の代替でもない。

現在、市内を走っている、ふらっとバスとも違う。

LRTが完成すると、従来のバス輸送はLRTが通っていない地域に重点的に配置・増便し、交通弱者対策にする。

拡大し続けた市街地政策から、人口減少と高齢化社会への対応として「コンパクトシティ」を目指す自治体が取り入れることが多い交通システム。

 

本セミナーの開催にあたり、講師選定と打ち合わせの役割が当たっていたこともあり、事前にレクチャーを受けていました。

その中で、まちの歴史や道路状況・既存施設・郊外バス路線とLRTのアクセスを想定した路線提案を見る。

金沢の交通パズル?的な視点から、金沢の「まちづくり」ということをチョッと考えたり・・・(大げさ)。

 

LRTという言葉が出始めて20年近く経ちますが、富山・福井では実現し成功事例となっているが、金沢での具体化は遅々として進んでいないのでした。

(実現したとしても、LRT犀川大通り線はなさそうだな。)

 

市民の声・・・具体的には商店街連盟等の公団体が声を大にすることが、自治体を動かす大きな追い風になるということだが・・・。

 

個人的には、是非とも実現させたいと思いますね。

ナム・アミダブツ

会計事務所のセミナーで知った歌と格言。

 

「人の為に人は生まれず その人をよしあしとあしきと わが為にいふな」  窪田 空穂(うつぼ)

「汝 自身を知れ」 ソクラテス

 

他人のことをトヤカク言う前に自分はどうなのか?。

自分のバカさ加減に気が付きなさい。

私はぬるま湯のカエルでした、私はアホでした~深く反省する。

そこから改善が始まる・・・。

 

ドキッ!・・・耳が痛い。

 

南無阿弥陀仏・・・。

カワユイ(^◇^)カリフ道

「一神教と国家」イスラーム、キリスト教、ユダヤ教 内田樹/中田考 を読みました。

 

イスラーム、キリスト教、ユダヤ教の一神教はいずれも同じ中東の砂漠で、同じ唯一絶対の神を戴いて成立した兄弟のような宗教です。(P72)

キリスト教はどちらかと言うと「汚れない魂」を信仰の基盤としているし、ユダヤ教は信仰の完成のために知性的な成熟を要求する。イスラームはその両方に目配りしている。(P76)

なるほど~最初にあった神の声(預言)は同じで、それぞれ勝手(?)に解釈したのか。

キリスト教は、イエスを神の子と認めるものが救済され、ユダヤ教は預言を解釈した教えが、イスラームはムハンマドを通した預言が信仰対象になった。

IMG_2818.JPG

本書を読んでいると、過酷な自然環境の中で生まれた思想の中で、毎日の礼拝やラマダン(断食月)等の規律はあるものの、イスラームがもっとも柔軟で理にかなった思想なのではないか?と思えてきます。

 

「目には目を、歯には歯を」というのは単なる復讐法ではなく、イスラームの場合はあくまでも許すのがいちばんいい。

これは『クルアーン(コーラン)』にはっきり書かれていて、人の罪を許すと自分の罪の償いになるので、許すのがいちばんいい。けれどもそれができない場合には、同じことをやり返してもいい。しかし自分がされた以上の過剰な復讐は決して行ってはならない。

ちなみにユダヤ教では、目を潰されたら目を潰さないといけません。これは義務です。厳しいのです。

キリスト教の場合は「汝の敵を許せ」で許さないといけません。これも別の意味で厳しい。

イスラームは許すのがいちばんいい。でも同じことをやり返してもいい。二段構えになっているのです。(P46~P47)

 

モノがあったら分かち与える、喜捨~施しの文化が発達している。

砂漠の生活は、お互いに助け合わないと生きていけなかった。

 

ところが現代では、近代に入ってから線引きされた国境によって民族が分断されたうえに資本主義経済下に無理やり?置かれたが故に、政情不安の温床になってしまった。

イスラーム=悪のイメージは、グローバルスタンダードを推し進める流れの中で作られたのかもしれない。

 

カリフ(イスラーム国家・共同体の指導者)を中心としたイスラームの経済共同体を提案する本書の内容は、資本主義の次の世界かも。

元気・景気・天気~

経絡エステなるものを体験。

通常のマッサージとは違い、身体の「気」の流れと骨格の歪みを整えるという。

??と思いながらも施術を受けます。

今までの生活習慣が身体のアチラこちらに表れている・・・。

自分では姿勢はイイと思っていたのだが、首が前進していて~いわばチンパンジー型らしい、プラス猫背・・・。

身体の右側に重心が寄っていて歪んでおり、将来的にはヒザや腰のトラブルの可能性大。

歩くときも座っているときも、肩甲骨を意識して姿勢を正す。

ココロは姿勢に表れますよ~。

施術後は身体が軽く、身長も伸びたような気がします。

足元が遠くなった?上が向きやすくなった?。

 

歪みっぱなしでした・・・。

日頃の姿勢維持が重要。

何事も「姿勢」が大事なのでした。

そして、整った姿勢の本体(元)に「気」を通すと文字通り「元気」になるらしい。

「気」って案外と理に適っているのかも。

 

天気・景気も気分次第。

畏敬の念

天候不順だった月初連休中の夕刻のワンショット。

雲の切れ間からコチラへ陽光が射しています。

IMG_2815.JPG

「おお~コレは・・・。」

眼光鋭く?神々しく感じました。

畏れ敬うとはこの感覚か。

翌日は晴天に恵まれるでしょう。

 

何気ない日常の一コマ。

気付かずに通り過ぎたかもしれないし、気が付いても「あ~明るいな~」で終わったかもしれない。

ましてや、撮影なんかしなかったかも。

「アンテナ」を張り巡らせる・・・とはこういうことでしょうか。

 

やや指向性が強いかな?。

大欠伸

ミラクルショット?。

「吠える」とは、上手く出来た文字です。

実体は、あくびした家犬のアップ。

IMG_4258.JPG

ネコみたいな犬だけど、犬歯とか・・・口の中はサスガに犬ですね。

元々は狩猟犬らしいことを再認識。

でも、愛玩犬。

とても平和な世の中です。

 

虫歯はないようだな~。

 

地域振興

いしかわ四高記念公園(旧中央公園)で行われたスイーツフェア会場へ。

今年も商店街連盟関係で少しだけお手伝いです。

天候不順だが雨は降っていなかったのが幸い。

 

せっかくなので、本部テント側のお店でエクレアを購入⇓

IMG_2812.JPG

さすがに一口では無理・・・食べつけないモノを食べたので、手と口がカボチャクリームだらけになる。

天候はイマイチですが、好立地と恒例イベントということもあり、大勢のお客さまが来場されています。

 

特に今年は、金沢市中心部で開催される食べ物関連のイベントが多いですね。

公園が整備されて開催しやすくなったこともあるし、官民挙げての北陸新幹線金沢開業に向けて中心部でのイベント~特に金沢の強みである「食」をPRし、各地からの集客という面もあるのでしょう。

金沢の中心部が賑わえば、その周辺部にも居住者が増える等の、良い効果が波及すると思います。

その周辺部とは、パレットの周りを(勝手に)想定しています。

コバンザメ商法的な発想ですが、同時にコチラもシッカリした受け入れ態勢を取っていないと、せっかくの好効果も素通りしてしまいます。

 

その日は、犀川大橋付近でも川面をライトアップするイベントが行われていました。

IMG_2813.JPG

イベント間の相乗効果があるように、周辺地域間でも良い相乗効果と結果が表れますように!。

小さい秋

紅葉の名所にはなかなか行けないが・・・三口新町第一児童公園周辺は、晩秋の風情が漂います。

IMG_2806.JPG

画像が小さいのと撮影技術がイマイチなので雰囲気だけ・・・。

朝の爽快感とも相まって、空気や匂い(?)も晩秋です。

IMG_2807.JPG

園内の落ち葉を、サクサク音をたて踏みながら通り抜けます。

落ち葉掃除・・・はタイヘンだが、誰もいない公園で「秋」を感じる。

 

11月はセンチメンタルになるなぁ~、そんなに繊細でもないのだが。

 

となりのブドウ園も色付いていました。

IMG_2809.JPG

身近にあった上から見る小さい秋ですね~。

霜月 朔日

霜月(11月)が小雨で始まりました。

今年もあと2ヶ月・・・早くも気ぜわしくなってくる?。

 

コレも今さらながら、「人間失格」太宰 治 作を読みました。

初めての太宰作品。

全部で3作品が収められているが、表題作で気疲れ・・・です。

タイトルからして衝撃的。

人間の内面や弱さが描かれている。

IMG_2804.JPG

不幸の数々を一手に背負い込んだ・・・いや、自ら招き入れてしまった葉蔵。

その主人公のとてもドロドロとしたグロテスクな内面。

これは作者自身の自伝小説。

でも、これは小説だ~他人ごとだ~とは、言い切れない面もある。

ひょっとしたら自分のことか・・・?。

戦前~戦中の時代背景もあるのか、全編を通してモノクロ~薄墨色の世界です。

 

暗雲立ち込める、ドンヨリ~とした読後感。

他作品に取り掛かるのには、間を空けた方がいいかもしれないな~。

 

月初にしてはとても重~い内容でしたね。

カテゴリ

パレットのお知らせ
  • パレットカード会員募集
  • 文化教室
  • ブログ
  • テナントスタッフ募集
  • お問い合せ
〒920-0965
石川県金沢市笠舞1丁目23-23
TEL:076-222-3521(代表)
FAX:076-222-3520

■営業時間(月〜土)
日曜日のみ朝9:00開店
キーテナント:10:00~20:00
物    販:10:00~20:00
飲    食:10:00~20:00
地 下 店 舗:10:00~深夜1:00
※時期・催事によって変動することがあります。
■アクセスページはこちらから