• 会社概要
  • お問い合せ

2015年3月アーカイブ

弥生 晦日

春本番の真っ最中!。

早いな~明日から4月かぁ~。

 

・・・10年以上前から使っているメールアドレスのプロバイダーから、「メールボックス容量が75%を越えました!。」~とお知らせメールが有りました。

今年になって3回目?何だか、お知らせ頻度が高くなっているような気がします。

2015-03-27 10.13.54.jpg

以前、「ここ2日ほどメールが無いな~?。」と思っていたら、このメールボックスが満タンになっていて、急いで削除処理したら山のような!メールがなだれ込んできたことがありました。

それ以来、「お知らせ」の度に所用時間5分程度をかけて処理するようにしています。

古い契約のためボックス容量が20MBなんでスグに満タンになるのかなぁ。

しかし、この作業以外は特に不便も感じていないので、このまま続けていくでしょう。

メールの再々確認にもなるし。

なんでも溜め込まないように・・・。

 

ちょうど月末だったし、スッキリした状態で4月を迎えられます。

来月も前向き思考でまいりましょう!。

肝要なこと

お取引先から観葉植物をいただきました。

今までは水を与え過ぎたり、忘れたりや、直射日光に当て過ぎて枯らすこと度々・・・。

・・・大事に育てなければ!。

2015-03-26 15.41.54.jpg

今回は、いただいた直後を画像に残したので、今までに増してキチンと管理できるでしょう?。

取りあえず、ソファの横に置いてみました。

少しは明るい雰囲気になったかな。

これで、植物を置いただけに肝要な商談や打ち合わせがスームーズに進む?でしょう。

 

それにしてもソファと背後のパーテーションと鉢モノの組み合わせが、昭和テイストを醸し出しているな~と思ふ。

赤坂プリンス&東急プラザ

日曜日の午前9時開店は本日で終了し、4月からは平日同様の午前10時開店となります。

以上、営業案内でした。

 

今月22日に東京渋谷の「東急プラザ」が49年の営業を終えて閉店したとの報道がありました。

4月から解体され、3年後の開業を目途に一帯を含む再開発が進められるそうです。

鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造の減価償却資産は最大50年の耐用年数となっています。

税法上は50年ですが、しっかりメンテナンスしてあれば、実際はもっと持ちますよね。

実際、市内で人気の木造町家を改修した店舗の中には築70~80年はザラにある。

一般の住宅でも古いお宅は珍しくないので、50年で解体はモッタイナイ?。

しかし、建物本体は丈夫でも付属する設備関係の耐用年数が短いので、改修にかかる経費と勘案すると・・・解体もあり得るのか・・・。

「東急プラザ」とはレベルが違い過ぎて同格に語るのもハバカラレマスが、当パレットとは営業期間がワリと似ていること(でも10年違う)、前身の赤坂プラザの名称から、「プラザ」繋がり(!)ということで、他人事ではない?ような気がしています。

また、「赤坂」繋がりでいえば、「赤坂プリンスホテル」(1983年開業)も2011年に閉鎖解体されていました。

こちらは、ホテルの競争力低下と資産の有効活用のために30年足らずで解体。

そして現在、超高級ホテルが建設中だそうです。

 

名前がチョッと似ているだけで、会社規模はマッタク繋がっていないな~。

行動開始!

年度末?というワケでもないが、提出期限が迫るモノや、なんやかんやで気がアセル!。

落ち着いて順番に片付けていけば大したことはないのです。

しかし・・・アレもコレも~と思いオロオロになりそうになるのを抑えて、本記事を書いて気を静めているのでした!。

ドタンバにならないと動き出せないのは、怠け癖か?ハタマタ自信の表れか?。(怠けてるダケです!。)

いずれにせよ、サッサと取りかかります!。

もっと計画的にやれよ~。

 

ハイ、ごもっとも!では、行動開始!!。

戦艦武蔵

先ごろ、フィリッピン沖海底で発見された旧海軍戦艦「武蔵」について書かれた本を読みました。

「戦艦武蔵」 吉村 昭

「武蔵」について多少の知識はあったつもりだったが、この綿密な取材で描かれたドキュメンタリーに驚愕です。

2015-03-23 17.56.50.jpg

1番艦(大和)2番艦(武蔵)は、徹底的な秘匿のうちに計画され、艦の大きさを悟られないように過少規模に見積もった建造予算を提出し、不足分は他の艦艇予算で補うという、国会や大蔵省をも欺く工作がなされていたという。(現代でも似たようなことがあるんじゃない?。)

進水~竣工まではどちらかというと、トテツモナイ艦を造っていく過程を描く、現代のインテリジェンス小説さながらの展開に、ワクワクしながら読めました。

ただし、竣工後は輸送艦のような役割があったり、燃料節約の為に停泊していることが多かったりと、本来期待された活躍が出来ていなかった事実に唖然・・・。

武蔵は7年以上の歳月と、多くの人命と大量の物資をつぎ込んだ一大国家プロジェクトだったが、約2年しか活動できなかった。

その存在は軍関係者にしか公表されず、最後の海戦では想像を絶する中で、囮艦的役割を担って米軍の攻撃を一手に受けて海に消えた。

僅かな生存者のその後も過酷。

不沈艦(安全?)を謳われていたが、それは神話そのもの。

当初は4番艦まで計画されていたが、航空戦力が主流になり3番艦は開戦後、間もなく空母に変更(信濃)、4番艦は解体されてしまった。

 世の中には不要な存在は無いとはいうが・・・。

 

一気に読み切った後は、疲労と虚脱しか感じなかった。

花華やかしい季節

昨日(25日)の「お客さま特別ご招待会」には大勢のお客さまにご来店いただきました!。

誠にありがとうございます!。

 

多少の寒さはあるものの、とても過ごしやすい季節になりました。

桜の便りも目立ってきましたね。

 

先日クルマで通りかかったら、目についた梅花?。

引き寄せられるように停車してワンショット。

2015-03-21 10.00.49.jpg

お花見宴会をするワケではないがウキウキ、ワクワクします。

しばらく見とれていたい気持ちもあるが、長らく往来に停車していることも出来ないので立ち去りましたが、これからはマスマス華やかな季節に向いますね~。

季節を感じる、花や自然を愛でる気持ちって大事だなぁ。

画像や映像ではなく、現地に足を運んで実物に触れることもそうです。

特に、この季節はそう思います。

花より団子もそうですが。

Aiuto(伊)支援・手伝う・ヒント

K・C・G例会に参加しました。

講師は、フードビジネス コンサルタントの山崎さまです。

ファストフード店・居酒屋・ホテルレストラン・カフェ・テイクアウト店・郊外型飲食店・洋菓子店等、あらゆる飲食関係店の企画段階から開店~運営に携わったことのあるエキスパート。

「飲食店開業のポイントチェック」のテーマでご講演いただきました。

マコトに失礼ながら用意された資料を見ると教科書的な内容が目立ったので、「通り一辺倒の話かな~?」と思ったのでしたが、実体験に基づいた解説が加わったことで、ナマナマしくとても興味深い講演となりました。

2015-03-21 13.49.03.jpg

食べ☆グの☆数トリックとか、良い飲食店の見分け方といった楽しい話題も。

食いしん坊的にも興味津々です。

フードビジネスの切り口ですが、モチロン他のビジネスに活かせることも多々ありました。

同時にドキッ!とすることも・・・。

1907474_812633678824181_8322291683115736067_n.jpg

山崎さま!貴重なお話をありがとうございます!。

あらためて見回りと見直しを致します。

 

そして、講演後の懇親会で聞いた、政府系バンカーN君の転勤挨拶が秀逸。

「・・・転勤先の新たなステージで大きく成長しようと思っています。再び皆さんとお会いした際に、僕の成長を感じてもらいたいので、皆さんも大きく成長してください!。」

若いN君にまたしても教えられた・・・。

以前の会食でも、とても刺激を受けたのだが・・・コチラも負けずに成長しなくてはイケナイな。

ヨシッ!また会おうぜ!と握手して別れる。

 

いろんな面でホントに刺激を受けることのできた例会なのでした。

悪寒をお燗で

日に日に暖かさが感じられるようになってきました・・・と、思ったら今朝も寒かった!。

花粉症でクシャミ・ハナミズが、止まらないのは相変わらずだが加えて寒さも感じる?。

アレ?と思い、体温を計ると微熱あり。

 

そして、自宅にあった配置薬を飲んでコレを書いています。(なかなか先に進まない。)

昼にアツアツの鍋焼きうどんでも食べれば、少しは回復するだろう。

そして、夜間の予定があるので日中は安静にしよう。

懇親会で熱燗を飲めば治るような気もする・・・。

atsukan.jpg

季節の変わり目・・・お大事に。

壷の中

今朝は寒かった・・・。

 

料理を盛った、お皿に文字が書かれているコトがあります。

先日は、こんな言葉が現れてきました。

2015-03-19 12.46.24.jpg

「壷中日月長」

つぼなかにちげつちょう?、ではなくて「こちゅうじつげつながし」だそうです。

壷の中の世界は小さい別世界、別天地・仙郷~酔い佳い世界。

その仙人の住む世界で十日ばかり過ごして、戻ってきたら数十年が経過していたという故事があると言います。

また、心の持ち様で壷の中は狭くも広くもなり、無限に心を遊ばせることが出来る、ということらしい。

 

ゆったりとした気分で料理とお酒を楽しんで下さい!というお店のあり方を表しているのでしょうね。

 

壷の中にいるのは、ハクション大魔王だけでは無かった・・・。

20120525_sonoyamamakie_35.jpg

この季節は、オチオチ壷の中で寛いではいられないと思う。

五重塔

「五重塔」 幸田露伴

技量はありながらも小才の利かぬ性格ゆえに、「のっそり」とあだ名で呼ばれる大工十兵衛。

その十兵衛が義理も人情も捨てて、谷中感応寺の五重塔建立に一身を捧げる。

エゴイズムや作為を越えた魔性のものに憑かれ、翻弄される職人の姿を描く、文豪露伴の作品。

 

新聞コラムで薦められていたので、読んでみようかな~とお気軽モードでページを開くが・・・。

2015-03-16 10.08.12.jpg

其一 木理美しき槻胴、縁にはわざと赤樫を用ひたる岩畳作りの長火鉢に対ひて話し敵もなく唯一人、少しは淋しさうに坐り居る三十前後の女、男のやうに立派な眉を何日掃ひしか剃つたる痕の青々と見る眼も覚むべき雨後の山の色をとどめて翠の匂ひ一ㇳしほ床しく、鼻筋つんと通り目尻キリリと上り・・・。

 

旧かな、文語文で読みにくい。(1892年の作品)

3ページ目あたりで、一旦停止。

シマッタ!積読本を増やして?しまったか・・・と思ったが、半日空けて仕切り直して、寝る前に読んでみました。

読みにくいのは変わらずだが、話の展開が速く、先の予想をコトゴトク裏切られ、どうなるのか?とハラハラドキドキで読み終えました。

物語の時代背景と、この文体がとても合っているのでした。

臨場感が増し、その場に居合わせたような感覚になります。

特に、後半の天変地異描写がとても怖かった。

いきなり災害の現場に放り込まれたような錯覚に陥る・・・。

 

昔も今も変わらない登場人物の人情、喜怒哀楽や、心理描写が興味深い。

コラムにあった通りに、文庫本は薄いが中身は濃いのでした。。 

満腹画像

健康を意識して食事することが多くなっているお年頃。

しかし、タマにはガッツリ系が恋しくなる・・・。

ということで、「めん処あかさか」の天丼&ソバ付きをいただきました。

2015-03-13 13.18.21.jpg

揚げたて天ぷら美味いです!。

天丼を考え出した先人はスゴイ!と、食べる度に思います。

しばし、至福の時を過ごすのでした。

高脂質高カロリーのモノって美味いですね~。

タマにしか食べないから美味しいのか?。

脂質好きの資質・・・。

ゆっくり味わって食べればいいんだけど、ついつい好きなモノはガツガツ食べてしまうのでした。

当番!当番!当番!

三口新町第一町会では定期的に当番が回って来ます。

①普通ゴミ集積所のカラス除けネット出し&片付け

②資源・埋め立て処分ゴミ等集積所の立ち会い(準備と片付け含む)

③夜間見回りパトロール

通常それぞれ違う日に当番が回って来ますが、何故か!同じ日に集中しました。

トリプルヘッダーは珍しい。

(正確にいうと②は前日の準備で、立ち会いはその次の日です。)

作業量は大したことはないのですが、なんか朝から落ち着かなかったのです。

マサに大当たり!、宝くじでも買いますか?。

 

しかし・・・、いろんなモノが混じったゴミや、回収外の物体が置かれているのはヨワッタものです。

リアル共同幻想論?

「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい~正義という共同幻想がもたらす本当の危機 森 達也

2015-03-14 10.51.43.jpg

自分から手にすることは、先ずないだろう~長ったらしいタイトルです。

知人から読んでミ~と渡されたので、しばらく熟成(積読)させてからページを開いてみました。

 

書かれた内容をマッタク受け付けない方が多いでしょうね。

メディア側の人なのにメディア批判をします。

体制批判はモチロン。

当然に著者自身も批判を受けまくっているでしょう。

読みながら、賛同できる部分もあるが~、「違うだろ!」とつぶやくこともあった。

頭の中は「お花畑」に苦笑します。

最近発生した事件と報道にも重ねて読みました。

「写真は欠損されているからこそ強く訴える」(P.195)

画像から被写体の置かれた環境や過去~未来を考え、想像するのでした。

 

真実は何か?どこにあるのか?。

・・・いや、真実は一つしかない。

「真実」を伝える間に、「真実」が加工されたり、一方向から見た「真実」の面しか伝えられていないことがある。

これも「真実」のようです。

全て国産食材らしい

某飲食チェーン店の「日本ラーメン」と銘うった、国産食材メインのラーメン。

調味料の一部以外は全て日本国内産だそうです。

チョッと気になっていたので食べてきました。

同チェーン店内で提供される普通のラーメン480円(税別)と比べると、日本ラーメンは680円(税別)と4割ほど高価です。

2015-03-12 14.17.19.jpg

イタダキマス!~、うん!アッサリ味で身体に優しい感じですね~、美味しいです。

左上にあるかつお節を、お好みでラーメンに投入して食べるのでした。

麺も国産小麦が原材料というが、他との違いが分からない・・・。

なぜか?柚子も入っていて、「日本」が全面に表れています。

 

ただし、見た目が普通のラーメンだけに、お客さんはこの価格と釣り合うか?ラーメンにどこまで品質を求めるか?という課題に直面します。

一度は食べてみよう~という需要は多いとは思いますけどね。

このお店は餃子を国産食材で作るなど、高品質志向を目指しているみたいです。

 

この手のラーメンは500円もしくは500円に近い金額であるべき!と思っているので、次回はどうしましょうか?チョッと悩ましい?。

「日本われぼめ症候群」に罹患?した食べ物か?。

終日臨時休館です!

本日3月17日(火)は設備改修のため、一階・地階共全館の終日臨時休館となります。

ただし、クリニック棟は通常通りです。

ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解方お願い申し上げます。

申し訳ございません。

 

本来は、3月中の休館は避けたいところなのですが、先月行った設備点検で、緊急を要する改修箇所が発見されたために急遽、実施することになりました。

臨時休館をいつにするか?を、テナント会側と調整をしながら、併せて工事日も施工業者さんとの調整を同時進行で進めました。

途中、若干のハードル?がありましたが、何とかクリア。

日々のお付き合いの仕方やコミュニケーションの大事さを再認識です。

 

何があるか分かりません、ホントに・・・。

でも、かえってトラブル発生前に発見できて良かったと思います。

915697_f6e850cb53_fix500x300.jpg

ベタな観光地をいく

毎年恒例?の、「石川たんてい学(まち歩き)」が、北陸新幹線の開業日(3月14日)に開催されました!。

前日までは天候不安がありましたが、開催&開業に合せるかのように好天に恵まれる。

尾山神社前に集合の後、金沢ボランティアガイド「まいどさん」のご案内で巡る地元再発見!です。

ということで、20名でゾロゾロと尾山神社境内の玉砂利を踏みしめてレッツラゴ。

 

社殿横にある明治初期に、卯辰山で焼かれたという煉瓦で作られた塀の存在を初めて知りました。

2015-03-14 15.15.11.jpg

境内を丸の内側に進む間にも「まいどさん」からは、神社の由来に始まり、加賀藩の歴史や境内の樹木の由来が次ぎ次ぎに解説されます。

カンペも無しに、よくもマア~立板に水の如く解説できるものだ・・・と一同驚愕。

 

そして、先日、一般公開されたばかりの玉泉院丸庭園に向います。

かつて中央体育館があった場所が、ガラリと変わっていますね。

2015-03-14 15.26.33.jpg

おーココがそうなのか!。

2015-03-14 15.34.56.jpg

史料が少なく、推定で復元した部分が多いという玉泉丸庭園。

チョッと現代風というか、熊本の水前寺公園っぽい感じもするな~。

もっと人出が多いと思っていたが、意外と空いていました。

 

続いてコレも新装復元なった金沢城「橋爪門」へ。

見あげると気分は、加賀藩士または時代劇俳優?。

2015-03-14 16.00.14.jpg

金沢城公園を横切り石川門から茶店通りを通り、蓮池門から兼六園に入ります。

ここが兼六園の正門だということを初めて知りました。

また、居住地が県内にあることを証明できるものを提示すれば、土日に限り石川県民は無料で入園出来るということも知る。

知らないコト大杉です。

 

たんてい学も、そろそろ終盤~でセオリー通り?「金城霊沢」で終了!。

2015-03-14 17.04.16.jpg

券六園内も思っていたほどの人出ではないな~。

喧伝される新幹線効果は、駅前周辺の限定なのか?とも思ふ。

 

知っているようで~ほとんど知らなかった(自分だけか?)金沢城と兼六園を2時間かけて散策しました。

久しぶりに園内を歩きました、それもガイドさんの案内で地元民が!。

「まいどさん」の膨大な知識量と、おもてなし精神に驚きました。

誰かを案内する時にチョッとは自慢できるかな?、上っ面だけだとメッキが剥がれるな~。

やはり「箔」が付かないといけないな~と、洒落てみる。

 

その後の懇親会がとても盛り上がったのは、言うまでもありません。

2015-03-14 18.04.25.jpg

ウワサでは懇親会の会場を決めてから、「たんてい学」のルートが企画されるという・・・。

同級生と飲む

とある会合に参加したら、高校時代以来の友人と同席。

懇親会後に二人して二次会。

近況報告やら仕事の話に花が咲きます。

頻繁に会うことは無いが、昔からの付き合いなので、会った瞬間から若かりし頃に戻ることが出来る。

話をしながら~「コイツとはこんなことや、あんなことが・・・そういえばそんなこともあったな~」と思い浮かべる。

今、思うと赤面することも多々・・・(お互いじゃないか!)。

多分、相手も同様に思っているだろうな。

同級生の活躍を見ると励みになるし、パワーももらえます。

もっとも、日々イイことばかり~では無いのはお互い様。

そのあたりは機微というか、何となく察し合っていると思う。

 

悪天候だったし、お互いに翌日も酒宴があったため二次会で終了しました。

「また、飲もうや!。」

「じゃあな!。」

2082年の未来~将来世代にツケを送るな!

「財政危機の深層」 増税・年金・赤字国債を問う 小黒一正 ・・・

とあるメディア関係の方に薦められた一冊です。

2015-03-09 13.17.29.jpg

著者は財務総合政策研究所の研究官を務めたこともある、経済・国家財政・社会保障問題のエキスパート。

本書内でも統計データや具体的な数値を表わし解説。

日本の財政状況と将来像を冷静に分析してあります・・・。

だから、消費税はじめ諸税、社会保険料増額はどうしても避けられない。

政府の経済振興策や増税延期は一時的なカンフル剤にしかならない~、とてもシビアな分析が多々登場します。

政治も国民も、もっともっと危機感をもって国家財政のことを考え議論し実行(増税)していかないと、時間が経てば経つほど更に状況は過酷になる。

増税を歓迎する人はいないが、先延ばししたらどうなるか?。

ほとんどの国民は国外に逃れることは出来ない。

国も国民も痛みを分かち合え!・・・と読みました。

 

財務省よりの見方だから・・・というのはあるでしょう。

読み進める程に、国家財政の要を担う方々は、夜もゆっくり寝ていられないじゃないか?。

心労で体調不良になるんじゃないか・・・と思ったのでした。

2082年は、日本の人口が今の半分になると予想される年だそうです。

 

自分のことにも当てはめてみて、目先のことで手一杯・・・じゃ、ダメなんだが・・・イッパイ、イッパイ。

 

・・・北陸新幹線開業ムードで浮かれてばかりはいられない?。

〇〇アレルギー

恒例の花粉症に悩まされています。

まだ、幾分~症状は軽いが、まだまだこれからが本格的なシーズン。

加えて先月末ごろから咳が出る症状もあり、(これも花粉症の症状?)タイヘン。

症状を抑える薬を飲み点鼻薬や目薬を差すことで、取り合えずは平気な顔しています。

のど飴を舐めていると喉が楽なので、のど飴消費量がハンパない!。

いくら低カロリータイプでも、食べ過ぎは・・・イケマセン。

 

身体が異端物を排除しようとする正しい反応であり、過剰な反応でもある花粉症(アレルギー症状)。

コレと付き合いだして長い年月が経っているが、いつまでも慣れないし憂鬱な時期でもあります。

 

ボヤキ入っています。

夢幻のごとくなり

「信長死すべし」 山本兼一 

このタイトルと著者なら間違いないだろう~ということで読み出す。

2015-03-05 22.18.49.jpg

「本能寺の変」における明智光秀を扇動したのは・・・。

光秀ひとりが苦悩するものの、黒幕とその周りは謀反扇動~その事実が発覚した際の逃げ道を、いくつも周到に用意している。

最後にハシゴを外されてしまった・・・。

信長の棺」のような、意外な解釈は無かったが、登場する各人の心理がよく描かれていたと思います。

 

・・・光秀は、冷静にべつの角度から信長を眺める目をもっていた。

豊葦原の瑞穂の国を、まるで姿のちがう銭の国に変えようとしているのである。

天下に武を布くことで銭の国をつくり、その長者になろうとしている。・・・(P171)

 

銭の国・・・とは現代社会のことでしょうか?。

経済優先の結果、「国」の何かが、失われていくことを憂いているのかとも思う。

 

著者の 「火天の城」 「利休にたずねよ」 は作品、映画とも興味深く見たことがあります。 

ただし、断然!小説を読んだ方が臨場感がありオモシロイですね。

 

残念ながら、著者は昨年に他界されていたのでした・・・。

 

~人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻のごとくなり。一度生を享け、滅せぬもののあるべきか。~

忘れられない

4年前の3月11日午後3時の少し前は事務所内で来客があり、打ち合わせ中でした。

突然!床が振動しガタガタし出したが、やがて収まる。

「地震・・・やや大きいな。」

直ぐに見回りするも、幸い館内は停電も無く、外線電話も通じ、建物本体と各店とも特に異常なし。

ヤレヤレ~と思い、午後4時開始の金沢大学構内での講演会へ向かったのでした。

途中、ラジオで地震情報を聞きながら向かうが、徐々に地震被害が大きくなっていく・・・。

講演会場でも地震の話題で持ちきりです。

講演も終了し、懇親会会場へ移動した午後6時半頃から、他の参加者の携帯電話がアチコチで鳴り出しました。

首都圏に営業拠点があったり、社員が出張している事業所の方々が、慌てた様子で電話応対しています。

まだ報道されていない首都圏での深刻な状況が聞こえてくる。

早退者続出の懇親会となりました。

幹事の役割があったので最後までいましたが・・・帰宅時の繁華街がガラガラだったことを鮮明に思い出せます。

 

その後の、耳を疑うような原発事故報道では背筋が寒くなった。

金沢という比較的遠隔地であっても感じられた、あのゾッとする感覚は今でも忘れられない。

それが被災地に近い場所だと・・・。

 

4年後の現在。

当時、感じた気持ちを忘れないように持ち続けています。

 

震源地周辺の直接被害は、自分には直接の影響はない・・・という自分本位の考え。

そして、原発事故の影響は、自分にも降りかかるかもしれない・・・というのも自分本位の考え。

再犀

久しぶりの湯涌温泉。

温泉に浸かり、料理に舌鼓を打って、夜遅くまで騒ぎ語る・・・楽しいひと時。

で、翌朝の外を見て・・・!。

2015-03-05 07.21.16.jpg

時期的には積雪があっても不思議ではないが、雪無しに慣れてしまっていて、チョッと驚いたのでした。

 

朝湯あがりに温泉旅館内をウロウロ。

辺りを展望できる四阿(あずまや)へ行くと・・・。

2015-03-05 07.19.46.jpg

見つかった?、ドモッ。

サイ?トリケラトプス?のような動物の像がコチラを見ている。

この旅館は数回来たことがあり、この像も再々見たこともあるのだが~、目線が合ったのは初めて。

何かを話しかけてきそうな感じです。

「どうだい、温泉は楽しめたかい?。」 「濡れた床で転ぶなよ。」

 

暗闇で突然に現れたら驚くだろうな。

公園清掃

町内会で三口新町第一児童公園の清掃を行ないました。

地元愛が強いというか社会性の高い地域だな~と、毎回のように感じます。

また、町内の方々と清掃しながら会話する機会でもあります。

2015-03-08 09.31.47.jpg

画像のとおり、今の公園はサビシイ状況ですが、一カ月後くらいには桜が咲き誇るでしょう。

いまから楽しみ!。

ここは歩いて付近を通る機会が多い場所。

樹木が多い場所でもあるので、季節の移り変わりを、とてもよく感じ取ることが出来ます。

 

久しぶりの清掃で、公園もスッカリきれいになり、気持ちもスッキリ!。

われぼめ

「日本われぼめ症候群」という言葉を聞きました。

テレビ番組や書籍等で、日本や国民の優位性を賛美するモノが多いことを表しているようです。

日本の技術はスゴイ!、礼儀正しい!、世界中で活躍している!etc

自画自賛?しています。

もっとも我々も、そんな番組や本を見て、「そうだ、そうだ!」と悦にいっているワケなのですが~。

やや違和感も感じていました。

何事も、ほどほどがイイのかな~。

 

郷土愛に基づく、お国自慢は誰しもが持っている。

北陸新幹線開業への期待から故郷自慢は、アレでもかコレでもか~と見聞します。

それらに惹かれて、多くの観光のお客さんで賑わうとイイですね~。

・・・でも、何とな~く観光客志向が強くなり過ぎて、地元のお客さんが大事にされてイナイよ~な、という話もチョッとばかし耳にするが・・・。

ざわもて

商工会議所からござった封筒に、こんなステッカーはいっとってんちゃ。

2015-03-03 14.02.11.jpg

ざわもて運動推進係 かなざわ もて子・・・?。

なーん知らんかったぞいや。

いつの間に、こんなん決まっとったんやろ?。

まっ、せっかく来てんさけ、どっかに貼って、にんやかしいがにすっか!。

 

あと一週間もすりゃ、新幹線来るげんな。

た~んと、まちの人ら、ござるといいげんけどな。

leaflet.png

ほんながや~。

猫絵

目の前でそのまま猫が寝ているような~、そ~っとさわってみたくなる絵です。

どこかで見たことあるな~くらいしか知らないが、とても穏やか~な「猫」(タイトルも)絵。

長谷川潾二郎【猫】.jpg

先日の日経紙文化面 詩魂の画家 十選で紹介されていた、ネコ絵に惹かれました⇓。

長谷川潾二郎 「猫と毛糸」

4a1b7e8c20e89dba6ccaa46a5956c6f8.jpg

冒頭のキジトラ猫も同作者でした。

この白黒の「ニコ」を事故で失い、悲しむ妹さんのために描かれた作品だそうです。

とても愛らしい感じがします。

すごく大事にされていたのでしょうね。

 

・・・これは、先日撮った、いつもの近所ネコです。

絵のポーズと何となく似ているかな?~、似て非なるモノ。

2015-02-28 14.47.38.jpg

現実はこんな状態~、コイツ「らしくて」いいかなと思ふ。

♪ もしもしカメよ~ ♪

全館朝礼時に、「救急救命講習会」を行いました。

年に数回、体調不調を訴えたり、倒れ込む方がいらっしゃいます。

実際に、何度か救急対応したこともありますが、講習で体験しているとワリあい冷静に対応ができると思いました。

傷病者発見!。

周りの安全確保並びに救急車手配等の応援依頼。

対応・呼吸確認、気道確保~そして心臓マッサージ!。

2015-03-02 09.25.57.jpg

これは、思ったより力を入れなければイケマセン。

圧迫部が5cm沈み込むほどです。

♪ もしもしカメよ~カメさんよ~、世界の内で~オマエほど~、歩みのノロいモノはない~、どうしてそんなにノロいのか~ ♪

この歌のリズムに合わせて、圧迫すると1分間に100回ペースの理想テンポになると言います。

 

続いてAEDの操作方法。

2015-03-02 09.28.40.jpg

機器のフタを開ければ、操作手順の音声案内が流れるので安心です。

そういえば、以前、実地でフタを開けたことがありましたが、身体に取り付けるまでには至らず、コトなきを得たことを思い出しました。

事前に講習を受けていたので対応できたのでした。

 

朝礼時という短時間でしたが、とても大事な講習です。

定期的に行ってもいいですね。

お客さまの安心・安全確保は必要条件ですから。

 

モチロン、緊急時のAED館外持ち出しも大丈夫です!。

久しぶりに読む

2年に一度くらい、当該年度の芥川賞作品が掲載されている「文藝春秋」を購入します。

他の記事も読めて、お得感がある。

しかし、この雑誌を全部読み切る人って、いるのだろうか?。

2015-03-01 10.18.01.jpg

ということで、小野正嗣 「9年前の祈り」を読む。

あまり読まないジャンルだけど、受賞作ということで~。

自伝みたいな感じ?。

2015-02-28 23.41.55.jpg

舞台は作者の故郷でもある大分県の小さな海辺の町。

ときに「引きちぎられてのたうち回るミミズ」のようになるハンディキャップを持つ、カナダハーフの息子(3歳くらい?)を持つシングルマザーが故郷に戻ってからの物語。

子どもをミミズに例えるなんて・・・スゴイ表現。

現実と回想シーンが入り混じるも違和感なく読み進められました。

なるべく表に出したくないような事柄を背負って、故郷に帰らざるを得なかった主人公の存在は、物語だけの存在ではない。

場面ごとの光景が、すぐにとてもリアルに思い浮かびました。

まるで、その場に居合わせたような感じ。

 

厳しい現実の中にも、周囲の支援と愛情は、まだまだ~タクサンあります。

名将名言録

~名将名言録 一日一言 ~ 三月三日

「武道ばかりを本とする事、無用に候(そうろう)」 前田利家 『高徳公遺誡』 

利家が跡継ぎ利長に残した遺書にあるらしい。

文武ともに秀でる侍が理想であるが、武道のみを基準に召し使うことは無用。

譜代・新参に関わらず分別のよいものを見立てよ。

 

そして、三月三日は利家の命日でもある。

 

・・・名将名言録の著者である火坂雅志氏が先月末頃に他界されていました。

新聞を見ながらエッ!と声に出すほど驚きました。

10年ほど前に著者の藤堂高虎を描いた「虎の城」に出会って以来、著者の歴史作品を見つけるとよく読んでいます。

この名言録もそうです。

もう新作は読めない・・・ご冥福をお祈りいたします。

2015-02-28 12.36.12.jpg

 桃の華やかな日ですが、チョッとしんみりモード。

楽しいひと時

とある政府系機関の方&若きバンカーたちと会食。

(行員ではなく、<バンカー>の方が相応しいと思ったので。正しくは bank clerk (行員) だけど、敢えて banker (銀行家)。)

恒例のようで不定期な集まりです。

当日、初めて会った方もいらっしゃいましたが瞬間で打ち解けます。

皆さんとは仕事上の接点は無いが~とても楽しいひと時でした。

おかげで、帰宅がかなり遅くなったが・・・。

 

お一人とは、3年ほど前に金沢販売士協会やK・C・Gで知り合って以来、様々な場所で飲み語り合ってきました。

そして、バンカー2名は両名とも20代ながら、有能かつモチベーションも高いうえに、とてもスペシャルな体験をされています。

その仕事内容や体験を聞くと、年齢に関係なく、彼らからも学ぶ点はとても多いのでした。

(2人が所属する某金融機関では、扱う案件・条件にもよるが、ほぼ無利子の融資もあるとか・・・。)

 

オジサンも刺激を受けました。

一生勉強、一生青春です。

弥生 朔日 ~想像力の使い方~

3月スタート!今月も明るく楽しく?。

 

「街場の戦争論」 内田樹 著を読みました。

日本はなぜ「戦争のできる国」になろうとしているのか?。

2015-02-25 21.16.05.jpg

タイトルは「戦争論」だが「日本国」と「日本人」について、多く書かれています。

中でも興味を持ったのは、身体技法としての武道や〇〇道についての解説。

自然のエネルギー・野生の力を、鍛え「整えられた身体」を通じて人間の世界に発動する技術であり、自分の身体能力を高めることによって強大な自然のエネルギーが身体を通過するときに、身体が壊れないようにするための備えで、身体はこの巨大な力の伝導体として整備されなければならない(P219)。

これは欧米にはない発想だそうです。

日本では、「整えられた身体」によって自然の力を制御し共生しようとしたのに対し、欧米では科学技術をもって自然の力を機械工学的に有用物に変換しようとした。

武道家でもある著者らしい見方です。

 

重いタイトルにしては、読みやすいと思います。

でも理解を深めるために、もう一度読む必要もありますね。(鍛え方が足らない、整えられていない・・・。)

やはり読後感はやや重かった。

 

日本の行く末を案じている筆者の気持ちがそうさせる。

日本は主権国家・・・ではなく実態はアメリカの従属国。

重要政策は自主的に決定できないうえに、従属国であるという事実を隠蔽しているから・・・。

 

一つの出来事を「想像力を広く深く使い」、まったく違う文脈の中から眺めてみる訓練をしていく。(デキるかな?。)

カテゴリ

パレットのお知らせ
  • パレットカード会員募集
  • 文化教室
  • ブログ
  • テナントスタッフ募集
  • お問い合せ
〒920-0965
石川県金沢市笠舞1丁目23-23
TEL:076-222-3521(代表)
FAX:076-222-3520

■営業時間(月〜土)
日曜日のみ朝9:00開店
キーテナント:10:00~20:00
物    販:10:00~20:00
飲    食:10:00~20:00
地 下 店 舗:10:00~深夜1:00
※時期・催事によって変動することがあります。
■アクセスページはこちらから