• 会社概要
  • お問い合せ

2016年6月アーカイブ

水無月 晦日 シバ史観

「この国のかたち」二 司馬遼太郎

konokuninokatati.jpg

江戸幕府の直轄領である天領と、各藩の藩領について。

大きな違いは年貢(租税)米の徴収。

四公六民(税率40%)の天領に対し、ひどい藩(紀州藩)は八公二民(税率80%)だった。

天領は各地に点在し、八百万石(旗本領含め)も、あったため低い税率でまかなえたのかもしれないが~。

後に幕府財政が行き詰まった時でも、ほぼ同じ税率を維持したため、天領であった土地は、のんびりした風土で町方には重厚な町屋が残っている。

年貢は全国一律だと思っていたのでした。

 

秀吉の天下統一についても慧眼です。

・・・市場論的に、もはや豪族による地方割拠が無意味になった。たれもが天下経済に参加せねば立ちゆかぬようになったのである。秀吉は必ずしも力ずくで天下を得たわけではなかった。・・・(P.253)

 

様々な角度から歴史をみるのはオモシロイ!。

それにしても、知らないこと大杉(=_=)・・・。

藩政の内に・・・もとい反省の内に文月へ進みます。

トリック?

所属しているものの、ほとんど参加していない某会を退会することにしました。

会事務局へ連絡し退会する旨伝えてると意外とあっさり承諾。

元々そんな扱いだったんですね~。

その後、毎月の会費が指定日に口座振替されているので、停止すべく金融機関窓口へ出向きます。

かなり手間取る・・・。

 

手続きして分かりました。

会費が口座振替推奨なのは、退会防止の仕組みだったのですな~。

手間いらず、便利な口座振替の罠?。

 

今後は気を付けよう・・・。

食の原点

おかげさまで、色んな方々と色んな場所で色んな食事をいただく機会があります。

ありがたいことです~感謝!。

で、何だかんだ言っても、この組み合わせが最強・最大・最高です。

IMG_5139.JPG

先日、訪れたお店での〆ごはん。

炊きたてごはんとみそ汁&漬け物。

いつ食べても美味しい。

このスーパー?スタンダード!に異論を唱える人はいないでしょう。

個人のパワーの原点であり、目標?の一つでもあります。

 

当たり前にいただけることに、あらためて感謝!。

ありがとうございます。

ソリューション(解決法)なのか

新聞広告で驚いた!。

 

~都市に潜む危険を、未然に防ぐ。~

PUBLIC SAFETY Case:アルゼンチン ティグレ市

N※Cの映像監視ソリューション

IMG_5144.JPG

最先端映像解析技術を活用したIoT(Internet of Things)で、車の盗難が約40%削減するなど、安全な街づくりをささえています。

 

約1,000台のカメラで撮影された膨大な街中の映像を元に、人やモノの動きをリアルタイムに把握・分析、異常の予兆を見つけ出し、即座に警察へ通報するシステムを実現。

 

世界No.1の顔認証技術を活かして、犯罪者や行方不明者を捜索

行動探知技術で、犯罪につながりやすい行動を監視

ナンバープレート認証による、盗難車の発見(広告文から)

 

強固なセキュリテイが必要な重要施設等にはこのような監視システムが備わっているだろうなァ~と思っていたが、守備範囲が街全体に及ぶとは、スゴイ!というか~オソロシイ。

この仕組みと通信機器の監視を合わせて、マイナンバーも加えたら、プライベートが丸見えです。

SFの世界が現実になっていました。

広告を出すことでPRと抑止力になるのでしょうかね?。

 

(追記)車の盗難が約40%削減するなど・・・と広告にありますが、低減した・減った~の方が、文章としてはいいような気がします。(ちゃべちゃべと)

MT解決

カレコレ~5年以上に亘りブログ記事を書くのに、コノ「MovableType」を使っています。

数日前に、記事を途中まで書いて一旦保存しました。

保存画面を見ると書いたはずの文章が消えている!。

何でだろう?。 

今まで通りに使っていて、変わったことはしていないのだが・・・。

サーバー容量が足りなくなってきたから?と思い調べたが、まだ余裕があります。

Win10との相性が悪いのか?、でも今まで問題無かったしな~。

設定変更したこともないし・・・原因不明で弱った。

HP作成してもらった会社に問い合わせるしかない・・・ナ。

 

ワルアガキ?で、記事を一旦削除し、改めて書いてみても、何故か同じ個所以降の文章が保存されない。

この作業を何回か繰り返していると、あることに気づきました。

入力変換時に文字の代わりに「環境依存」と表記のある記号を使うと、それ以降の文章が消えている!。

試しに、記号を使わず文字にしたところ、問題なく保存出来ました!。

 

こんなトラブルがあるなんて・・・5年間も気が付かなかった。

一応?解決出来てヨカッタがチョッと引っかかっています。((+_+))

現実は、想像をはるかに超える?

「パークアヴェニューの妻たち」 ウェンズデー・マーティン 佐竹史子:訳

全米の富裕層の上位数パーセントが集中するNY超高級住宅街アッパー・イーストサイドに子育てのために移り住んだ著者が出会った、桁はずれに裕福な環境で暮らす専業主婦たち。

高学歴で有能、最先端の流行ファッションで美しく着飾り、限りなく痩せていて完璧な肌と髪を保ち、子どものお受験を成功させる・・・。(本書カバー)

パークアヴェニュー.png

原題は「Primates of Park Avenue」で、直訳だと「パークアヴェニューの霊長類」。

著者は、有史及び先史時代の家族形態を研究する学者です。

イワユル~本物のセレブリティ女性たちの見栄の張り合いや、ドロドロとした人間?関係を霊長類(猿や人類の祖先)の部族内勢力抗争と同様に見立てて観察・実地調査したのが本書のようです。

批判(ヤッカミ)しながらも、ドロドロに巻き込まれて行きます。

その結果は・・・。(巻末)

セレブ愛用の有名ブランド店やレストランが多く登場し、ミーハーな感じがしないでもないが・・・。

ニューヨークのガイド本や、現実離れした超富裕層を知るために読むにはいいですね。 

タマにはこんなことも・・・

一丁上がり~。

フトドキモノ退治完了。

IMG_5096.JPG

モチロン原告です。

100%満足の内容・・・というワケではないですが、建設的でない事案に労力と時間をかけてばかりはいられません。

いろいろと思うことはあるものの~、前向きに捉えて振り返らないようにします。

 

Go ahead!.

理不尽

6月21日に北海道釧路市で発生した殺傷事件。

何と理不尽な事件なのだろう・・・。

それも不特定多数の人々が訪れる商業施設で発生している。

平和なはずの午後のひと時が凄惨な場と化す。

そして・・・他人事ではない。

 

当所でも防犯訓練は行っているが、現実的な対策としては館内巡視を強化するしかない。

誰しも不審者をみるような眼で巡視するのは本意ではないが・・・。

 

一人が起こしたトラブルとしては、周囲に及ぼす影響が大き過ぎる。

近年、目立つこれらの事件は、個人に帰する原因があるのか?。

それとも世の中の歪みなのか?。

やりきれない、とても理不尽だ。

こんな対策も

某企業の方との話題は、怪メール・不審メール対策。

セキュリティソフトもさることながら、受信してしまったメールをどう扱うか?。

ウチは、怪しい!と思ったらサッサと削除します。

このジャッジメントが胆ですね~。

 

ちなみにこの企業では、某所からワザと不審メールを支店宛てに送り、開封するかどうかを試すことがあるそうな・・・。

開けてしまった場合、誰が開封したかも特定出来ます。

業務上のメールに加え、本物?の不審メールと社内査察メールに対峙しなければならないとは~。

それくらいに、IT機器&環境を使うということは、シビアさが要求される現実がありました。

ITリテラシー?。

便利さとリスクが表裏一体なんだな~。

Thunderbirds are go !

某雑誌の新譜紹介で高評価だったので即購入。

衝動買いです。

「サンダーバード音楽集~オリジナル・スコアによる」

ありそうで無かった真のオリジナルサウンドトラック版です。

それも日本で収録されたもの。

 オープニング♪♪♪

5~4~3~2~1!轟音!! Thunderbirds are go! にトリハダ!!!。

81vnw4Zuc0L__SY355_.jpg

ワクワク聞きながらコレを書いています。

ネット上でも映像&音楽は見聞きできますが、クオリティが違う(・・・と思う)。

かつての子供たちに向けた商品ですね~。

思わず買ってしまった方って多いんじゃないでしょうか?。(その一人です。)

 

朝から元気でますョ!。

グリーン周りにて

降雨が少ないことが心配されていましたが~梅雨入りして一安心?。

近所の水田は、稲の間からのぞいていた水面が目立たなくなっていました。

IMG_5095.JPG

離れて見ると芝生が敷き詰められてあるのか?と思ったくらいです。

眼に飛び込んでくるような、とても色鮮やかなグリーン。

自然環境に恵まれた崎浦地区ですが、このような足元の緑にも注目です。

ヨソ様の水田ながら、その後の・・・収穫~新米の賞味に気持が飛んでいたかも・・・.

こんな見方も

ある方との会話で、新聞の読み方・見方についての話になりました。

新聞を数紙購読しているが、読み切れずに一か月分ほど溜まってしまう。

でも、その方は処分せずに古いものから順番に読んでいると聞きました。

その結果、過去(一か月前)の出来事と、それ由来の予測がどうであったか、現在の出来事と照らし合わせてみると、過去~予測~現在を同時に知ることができる。

なるほど!これを繰り返すことで、未来を予測する精度も上がるかもしれません。(もちろん限られた範囲でですが~)

新聞の後読み(後見)。

ふーん、こんな見方もあるのだなァ。

新聞って、記事の鮮度が重要だと思っていました。

過去と予測の検証という見方もあるのですね~。

 

廃品回収に出したり、何かを包んだりするだけが古新聞の活用方法ではなかったのでした。

古代を知る何でもありの宝箱

「風土記の世界」三浦祐之 著

新聞広告で見て入手。

その後、各紙の書評に載りだしたのだが、話題の書?なのか。

41rv31LNlaL__SX309_BO1,204,203,200_.jpg

 古事記や日本書紀、あるいは万葉集ほど知名度は高くないが、日本列島の古代を知ることのできる貴重な書物として、わたしたちの前に風土記(ふどき)が遺されている。

 風土記はそれぞれの国で編まれ律令政府に提出された書物だが、今は、五か国の風土記と後世の書物に運良く引用されて伝わる逸文が遺るにすぎない。(~はじめに)

 

古事記・日本書紀が官製史記に対して、風土記はその土地々の世情や伝承が載る地方版。

古代において天皇が行幸される、またヤマトタケルに代表される神々が旅をされるということは・・・まつろわぬ者どもをことむけやわす・・・武力による鎮圧部隊の派遣であった。

中央政権(ヤマト政権)に服従しているものの、征服者と被征服者の関係が見え隠れします。

そして「出雲風土記」からは、出雲を中心とした古代日本海文化経済圏がうかがえて、能登の珠洲の地名も出てきます。

古志(越)国風土記(北陸地方)が現存していたら、さぞ興味深い考察があったかもしれない。

また、土地々に伝わる、言い伝えには風土記の一部があるかも。

興味津々な古代の世界が目の前に拡がるのでした。

サクサク行きます

今年の夏は猛暑が予想されています。

雪が少なかったので、夏は暑くなるだろうな~と思っていたが、その通りのようです。

 

で、いつもは蕎麦が多いランチタイムですが、冷たいうどんに揚げたての野菜かき揚げが乗った~

「ぶっかけうどん」byめん処あかさか。

IMG_5088.JPG

暑くて食が進まないときも、見た目通りにサクサクいただけます。

もっとも個人的には食欲不振なことは、ほとんどありませんが。

 

まだまだ、夏はこれからが本番です。

暑い時期の味覚を楽しんで、元気に参りましょう。

(;゚Д゚)

いつもはノホホン~と過ごしています?が、タマ~に眼前に壁が立ちはだかることがあります。

一瞬ヒルミますね。(;゚Д゚)

基本的にチョロイ、ダッチャカンやつですから~しょうがない。

しかし、解決しなければならないことです。

時間経てば解決するモノではない。

アレコレ悩み~考えてばかりいても先には進めません。

そういう時こそ、行動あるのみ!。

行動すれば(気も紛れるし)、解決の糸口が見えます。

走りながら考えて、時には軌道修正や後戻りもあるでしょう。

自分が理想的だと思う解決法と望ましい結果はあるが、それが正解であるかどうかは、後になってみないとワカラナイ。

壁のさらに向こうを見つめていきます。

 

チョッとつぶやいてみました・・・。

注意!怪メール再び

不審メールのことを書きましたが、またしても怪しいメールが届きました。

IMG_5084.JPG

画像が不鮮明で見づらいですけど~「日本郵便」集荷依頼申込み完了のお知らせ~とあり、ZIPファイルが付いています。

他にコメントは無し。

本アドレスから郵便局側へメール発信したことはない上に、セキュリティソフトのAntispam表示がありますね。

もっともらしく郵便局をかたっていますが、正式名である日本郵便株式会社と名乗っていません。

よって、速攻削除。

やれやれ~。

 

しばらくして、また来ました。

IMG_5085.JPG

なになに~

別メールで送信しました暗号化ファイルのパスワードをお知らせします。

パスワード SsYnmachdL1i4aZA

よろしくお願いします。

 

さっきのヤツか?。

セキュリティはパスしているが、頼んだこともないし、怪しすぎるのでこれも速攻削除。

取りあえず、ネタにしようと画像は撮りましたが~。

なんとも、巧妙というか、手が込んでいます。

うっかり開けてしまいそうな怪メールが目立っています。

何を狙っているのかワカラナイが、用心しませう。

 

大手旅行代理店の子会社が「標的型メール」攻撃を受けて、膨大な顧客データ流出が起きた・・・との報道がありました。 

これは信用問題で被害企業は一大事・・・。

この日本で暮らし続けていくために

「新しい幸福論」橘木 俊詔(たちばなき としあき)

41a862StXQL__SX309_BO1,204,203,200_.jpg

ますます深刻化する格差社会。

このなかで、どのようにしたら、より幸せに生きられるのか。

格差研究の第一人者が、社会のさまざまな制度の問題点を指摘しつつ、経済学のみならず、哲学、社会学、心理学などから考える。

経済的な豊かさに留意し、心豊かな人生をおくるには~個々人と社会のあり方を提言。(本書カバー)

 

著者は日本のピケティとの言われているらしい。

何が語られるのだろう?・・・期待を持って読み出しました。

・・・チョッと肩透かし。

目新しいことは書いてなかったような~。

成長から成熟へ~さよなら経済大国」「里山資本主義」「資本主義の終焉と歴史の危機」「下り坂をそろそろと下る」とか~ここ数年は、この手の地道にやっていこう・・・、物質ではなく、心の豊かさ重視の内容をよく見聞きします。

自ら知らず知らずのうちに、その手ばかりをチョイスしているのかも?しれないが。

でも、現実なんです。

遠い昔、はるか彼方の銀河で・・・

「スター・ウォーズ展」未来へつづく、創造のビジョン。

富山県立近代美術館にて開催中ということで、ちゃべちゃべ行ってきました。

IMG_5080.JPG

ショボい・・・という、ウワサを聞いていたので過大な期待を持たずに。

旬?を過ぎているためか、空いています。

 

・・・いやァ~意外とイイじゃありませんか!。

映画に登場したキャラクターコスチュームや小物類にワクワク!。

また、登場人物から発想を得た油彩画は、ヨーロッパの美術館に展示されている絵画のようです。

見応えありました。

過大な期待を持たなかったことと、他の観覧者が少なかったのもヨカッタかも?。

IMG_5076.JPG

展示図録も入手したので、しばらくは「スター・ウォーズ」の世界に入り浸ります。

~May the Force be with you.~

ガッツリ系

たまにはガッツリ!。

IMG_5067.JPG

日頃は魚介類を好むが、時として肉食男子と化す。

無性に食べたくなった。

ワイン片手にガブガブ&ガツガツ~美味い (o^―^o)ニコ。

パワー充填出来ました。

この勢いは、モチロン仕事に向けられます!。(多分・・・)

 

余談ながら、お料理をいただいたお店は、最近発売された某ガイドブックに掲載されていません。

オファーがあったかどうかも知りません。

でも、載らなくてホッとしています。

おそらく、お店も掲載を望んでいないと思います。

格付けは自分で付ける・・・なんて、チョッといさどらしく。

東宝か?まあええやろ

マタマタ新聞からのネタです。

現在連載中の日経紙文化面「私の履歴書」松岡功氏(東宝名誉会長)が、オモシロイ!。

大学への進学時や就職時のエピソードが、コレ書いても大丈夫?レベル。

小中高大とあまり勉強せず進学し、中学校から始めた硬式テニスで、メキメキ頭角を現し世界大会にも出場されます。(コレはスゴイ!)

大学進学時は、新設大学だったため、大学の広告塔としてテニスだけしていればイイ!と面接で言われた、とありました。

またまたスポーツ枠?で臨んだ就職時の某繊維会社への入社試験は、ほぼ白紙答案。

結局、この会社への入社は、自ら辞退して東宝への入社希望を父親に伝えること・・・「まあええやろ」と縁故(コネ)採用即決定!。

父の了解で伯父が社長の会社へ。

中小零細企業じゃあるまいし・・・。

何かとおおらかな時代(昭和30年代)背景に加えて、元々、生家が関西財界の名門ということでした。

 

今でも、似たような話はあるのでしょうね~。

もっと露骨だったりして?。

後半も楽しみです。

boketto見る本

「翻訳できない世界のことば」エラ・フランシス・サンダース  前田まゆみ 訳

613M-Ku1rOL__SY437_BO1,204,203,200_.jpg

・・・他の国のことばではそのニュアンスをうまく表現できない「翻訳できないことば」たち。

言うに言われぬ感情も、外国語の力を借りれば伝えられるかもしれません。・・・(本書カバー)

 

世界各国の自然環境や風習から生まれた独特な言葉の数々を紹介。

 

szimpatikus(シンパティクシュ・ハンガリー語形容詞)

だれかと初めて出会って、直感的にその人が良い人だと感じる時、その人はszimpatikusだと表現する。

struisvogelpolitiek(ストラウスフォーヘルポリティーク・オランダ語名詞)

直訳すると「ダチョウの政治」。悪いことが起きているのに、いつもの調子で、まったく気づいていないふりをすること。

boketto(ボケット・日本語形容詞)

なにも特別なことを考えず、ぼんやりと遠くを見ているときの気持ち。

 

チャンと翻訳してるじゃないですか!との突っ込みはさておき、各国の言葉の多様性、表現力をみて~その国や土地を訪れている気になれます。

絵本調なので、パラパラとめくって読むと~kiligかも?。

 

kilig(キリグ・タガログ語名詞)

おなかの中に蝶が舞っている気分。たいてい、ロマンチックなことや、すてきなことが起きたときに感じる。

ジャッジメント

 広告・メルマガ・・・PCメールを開くと、いろんなメールが入っています。

セキュリティが強力になっているので、かなりの数が迷惑メールボックスに弾かれて、小気味イイ( ̄▽ ̄)。

ところが、タマに「△△契約書」のタイトル&ファイル添付されたモノが、シッカリ受信ボックスに残っていることがあります。

個人名らしき名前の差出人に該当なし~、知らない人物。

もっともらしいビジネスメールを装っているが、かなり怪しい。

今朝も2件来ていて速攻削除しました。

誰だろう?開けてみようかな?と一瞬思ったが、本当に大事な用件ならば、直接に面談したり、せめて電話の一つもないとオカシイ。

百歩譲って、本当のビジネスメールだったとしても、信用ならない相手としか思わない。

大事な案件なら、また連絡があるでしょう。

メールに添付しただけ・・・なんて、常識を疑います。

機器やソフトウェアの性能に頼ることなく、最終的には人の判断なんですね~。

 

それにしても、人の不安や弱さに付け込むなんて堪忍ならンです!。

この国のかたち

「この国のかたち」一(1986~1987) 司馬遼太郎

41JFNB99Q7L.jpg

たまに?読みたくなる司馬本。

毎度ながら、莫大で綿密な史料調査と読解力に圧倒されます。

 

司馬遼太郎が夢の中で出会った、不定形なモノ。

巨大な青みどろの粘膜質で、時々褐色や黒色に変わり、形もとらえようがないように変化する。

割れてささくれた爪があり、両目は金色に光り、牙があるが折れている。

わずかに息づいている・・・モノ。

声を発し、「日本の近代(1905年~1945年)」と自称する・・・。

得体の知れないコレは・・・恐ろしくもあり、歴史の渦に翻弄された結果、打ち捨てられている可哀そうな存在なのか?。

 

また、本書で取り上げられた、現在の石川県関係の内容が興味深かった。

・・・しかしこの悲惨な敗北のあと、企画者であり演出者であった"魔法使い"たちは、転任させられただけだった。

たとえば、ノモンハンの首謀者だった少佐参謀の辻政信は上海に転任し、その後、太平洋戦争では大きく起用されてシンガポール作戦の参謀になった。

作戦終了後、その魔法の機能によって華僑の大虐殺をやり、世界史に対する日本の負い目をつくることになる。(P.55)・・・

この少佐参謀は、山中温泉生れのエリート軍人で戦後も作家、国会議員と活躍?したことを、初めて知りました。

司馬遼太郎は酷評ですが。

 

もう一つは「加賀一揆」について。

・・・加賀平野という、わが国の代表的な穀倉地帯なども、古代から存在したわけではなかった。

本来、ヨシ・アシのしげるただの低湿地にすぎなかったものが、ようやく十三、四世紀、鎌倉末・室町初に、自前の入植者~地侍~によって美田になったのである。

功は入植者にあって、政治にはなかった。

守護の富樫氏は、稔ったあとから忍びよってきて、稲穂の何割かをよこせ、と要求しただけといっていい。

(中略)

入植者は、兵農不分のころだから、甲冑も弓矢ももっていた。こういう者たちっを地侍といったのである。

みな小規模だったから、利益をまもるために同類が連合せざるをえない。

この連合のことを、「一揆」といった。(P.210)

"百姓の持ちたる国"といわれて有名だが、百姓=新興の地侍連合であったらしい。

一揆=クーデター。

農民支配による平和な加賀の国・・・のイメージがガラガラと崩れる。

 

しばらくして~二に取りかかります。

松田屋

日経紙朝刊連載の「迷いの旅籠」は、まだまだ続きそう~。

6月5日(日)掲載360回は「松田屋」という料理屋での場面でした。

IMG_5073.JPG

・・・錦鯉の泳ぐ池を囲む御殿造り、客用の座敷が五つある大きな構えで、柱も廊下も磨き抜かれて飴色に光っていた。

おかちたちが通された<錦の間>は、床の間に恵比寿鯛釣りの軸を掛け、赤と黄色の紅葉をまさしく錦のようにたっぷりと活けてあり、違い棚に置かれた青磁の香炉から、ほのかに薫香が漂っていた。・・・

 

読んでいるだけで匂いまでしそうな、その場にいるような臨場感。

 

・・・すっきりとして鼻に残らぬ香りで、それも前菜の利休卵が運ばれてくるころには自然に消えた。

料理の匂いと混ざらないように計ってあるのだろう。・・・

 

ますます、その場にいるような気持になりました。

利休卵の図

o0545048013010818165.jpg

利休卵ってゴマと卵の蒸し料理なんですね~、初めて知りました。

 

・・・膳の始めに番頭が挨拶に来て、本日の料理は<秋日新陽(しゅうじつしんよう)>と申しますと口上を述べた。

秋の日の穏やかな日差しのような味わいながら、新鮮味もふんだんに盛り込まれている。

「秋は、食べ物の新年でございます。新蕎麦、新酒、新米などなど、新しいものが多く出て参りますから」

(中略)

茸と秋鯖の焼き物、里芋の含め煮、茄子の田楽、鴨の船場煮。酒はもちろん菊酒だ。

「冷や奴の時期は過ぎたが、湯豆腐にはまだ早い」

この季節にぴったりのあんかけ豆腐を経て、栗子飯と赤だしに茹でるのではなく蒸籠で蒸した新蕎麦。

一つ一つに驚嘆しながら味わって、しめくくりには梨が供された。・・・

 

読みながらヨダレが・・・。

秋は、まだまだ先ですが待ち遠しい。

現代の「松田屋」は何処だ?、某ガイドブックにある?。

スキモノ

誘われて~柄にもなく、茶道のお教室へ。

楽にしてくださいね~ということだが・・・。

IMG_5061.JPG

慣れない正座で、かえって姿勢が崩れるのでした。

なかなか正座する機会ってないですね。

美味しい上生菓子をいただくも、味わう余裕がありません。

当然、お茶の味も。

胡坐を許されて(安堵・・・)同席の方々の所作を観察します。

無駄のない流れるような動き・・・。

周囲への挨拶・配慮をはじめ、お道具を落として傷つけないように、大事に丁寧に、低い位置で扱う。

一つ一つの動きに意味があります。

気分は、戦国武将のつもりだが・・・、やっていることはムタムタですわ・・・。(;´・ω・)

立ち上がるのに・・・苦労。

 

成れるか?数寄人?。

この社会にはきれいごとがあふれている

「言ってはいけない」残酷すぎる真実 橘 玲(あきら)

 

最初に断っておくが、これは不愉快な本だ。

だから、気分よく一日を終わりたいひとは読むのをやめたほうがいい。

(中略)

世界は本来、残酷で理不尽なものだ。その理由を、いまではたった1行で説明できる。

ひとは幸福になるために生きているけど、幸福になるようにデザインされているわけではない。

私たちを「デザイン」しているのは誰か?ひとびとはこれまで、それを神と呼んでいた。

だがダーウィンが現れて、「神」のほんとうの名前を告げた。

それは"進化"だ。(まえがき~)

51lOhb5jSqL__SX312_BO1,204,203,200_.jpg

タイトルに釣られて読んでみましたが・・・。

著者の主張なのでしょうか~読むのに疲れました。

本書に書かれた事実はあるのかもしれないが~どうなのでしょう?。

しっかりと検証されたものなのか。

いわゆるワイドショーのコメテーター的な内容だと感じました。

 

ワタクシ的には「買ってはいけない」「読んではいけない」ですかね。(;^_^A

(買わなくてもいい、読まなくてもいい~)

わざわざ言わなくてもいい。

失礼しました。

田んぼ

近所の田んぼの稲が育ち、緑が濃くなってきました。

田植えから、約一か月経過。

IMG_5059.JPG

アメンボが水面を行き交っています。

オタマジャクシが底で何匹も固まっている。

先日の町会夜回りに通りかかった際、にぎやかだった声の主、蛙の姿は・・・見えないな。

田んぼ=ビオトープ

崎浦は自然環境に恵まれた地域ですが、徐々に田んぼや畑が無くなり、住宅が建てられています。

住宅地のオアシス?田んぼは、肩身が狭そうだが、無くなるとチョッと寂しい。

IT的システム改修

会社や自宅のPC更新、システム導入といった情報機器関連は、Tさんにお願いしています。

今回もシステム改修をお願いしました。

PCについての取りあえずの操作はできるが、専門性が要求される高度な部分はお任せです。

スピーディーな対応をしてくれるので助かります。

彼とは約3年前に初めて出会い、消費税5%→8%対応が喫緊だったため、その場で請求書システム改修を依頼しました。

「使いやすいがに、い~がにしてや。」

この分野のエキスパートが、知り合いにいるとホントに助かります。

今回もヨロシクお願いします!。

 

日常のスミズミにPC等の情報機器が入り込んでいる現代は、便利ではあるが、いざトラブルが起きるとアタフタしてしまう。

昔は、PCもスマホも何にもなかったのですが、それでもチャンと日常生活が成り立っていたのですがね~。

☆☆☆

「M酒乱」の富山・石川版が発表されました。

興味津々で掲載店に注目です。

未訪問のところばかりですが、以前に訪れたことのあるお店がいくつかありますね~。

こういうお店が載っていると素直にウレシイ!。

ただし予約殺到で、マタマタかなり足が遠のいてしまいそうですが・・・。

そして、掲載にあたり、様々な金銭が動いたとか~無かったとか~といった、確かめようの無いウワサ話が出てきたり?。

☆が欲し~い (^_^;)。

また、似たようなガイド本の北陸版が年内に出るそうな~。

どちらが、イイのかどうかはワカラナイが~誰しも格付けが、大好きなんですね。

 

しばらくは、M酒乱のネタは盛り上がるでしょう。

水無月 朔日 朝の俳諧(徘徊)

三口日吉神社前を通る朝散歩。

一応、お朔日参りのつもりでもあります。

朝から日差しが強く感じられるようになってきました。

木陰に入ると涼しく(今日は寒い?)、鳥のさえずりが心地いいです。

行ったことはないが、まるで何処かの避暑地?にいるかのような気が~。

IMG_5052.JPG

「静けさや、木々が奏でる、鳥の声」駄作・・・。

 

先日来の都会のまち歩きから一転して地元を歩く。

昔から変わらない見慣れた景色があることは、幸せだと思います。

・・・という、水無月の始まり~始まり~。

カテゴリ

パレットのお知らせ
  • パレットカード会員募集
  • 文化教室
  • ブログ
  • テナントスタッフ募集
  • お問い合せ
〒920-0965
石川県金沢市笠舞1丁目23-23
TEL:076-222-3521(代表)
FAX:076-222-3520

■営業時間(月〜土)
日曜日のみ朝9:00開店
キーテナント:10:00~20:00
物    販:10:00~20:00
飲    食:10:00~20:00
地 下 店 舗:10:00~深夜1:00
※時期・催事によって変動することがあります。
■アクセスページはこちらから