• 会社概要
  • お問い合せ

2016年7月アーカイブ

文月 晦日

様々なことがあった7月も末日を迎えました・・・。

毎月々~もそうなのですが、今月は特に怒涛の如くいろんな出来事があったのでした。

なにかと思い出に残る月になりそうです。(;´∀`)

終わったことは振り返らずに、前を向いて行動します。

今月はこんなフレーズが多かったな~。

こうやって自身を鼓舞しています。

 

歩みは遅いが、次の日も一歩前進!。

"ジャム"しよう

「マイケル・ジャクソンの思想」 安富 歩

51x0ITpJFaL__SX338_BO1,204,203,200_.jpg

かなり前に読んだ(見た?)「原発危機と『東大話法』」の著者の新作です。

著者は、女装されていて色物扱い?されそうですが、本書内容は至って真面目で奥深い。

・・・マイケル・ジャクソンは、ベートーヴェンに匹敵する作曲家であり、リストに匹敵する演奏家であり、ニジンスキーに匹敵するダンサーであり、チャップリンに匹敵する映像作家であり、ゴッホに匹敵する画家であり、キング牧師に匹敵する非暴力活動家であり、マザー・テレサに匹敵する慈善活動家であり、スティーヴ・ジョブスに匹敵する企業家であり、その上、最も優れた思想家でもあったのである。

・・・マイケル・ジャクソンに匹敵する人物は一人しか思いつかない。

モーハンダース・カラムチャンド・マハートマ・ガンディーである。(「はじめに」より)

 

本書で、紹介されているマイケルの「デンジャラス・ツアー」ブカレスト公演・有名な「スリラー」や「スムーズ・クリミナル」・「ブラック&ホワイト」等のショートムービーを思い出しながら読みました。

「ムーンウォーカー」「ゴースト」といった初めて見る作品をネットで見ながらも~。

これらショートムービーにはとても強烈なMJの思想&メッセージが映像化されているのでした。

本書でも書かれていますが、「デンジャラス・ツアー」ブカレスト公演のオープニングは、さながら宗教的指導者を取り囲む信者の群衆・・・の様相です。

キング・オブ・ポップの称号以上のマイケルの偉大さ。

著者同様?(失礼)、後年のマイケルはイロモノ扱いされていたと思います。

だが~、そこに至るまでのダークサイドが、マイケルの作品に多大な影響を及ぼしているのでした。

また、マイケルといえばムーンウォークだが、前進しているようで後退(後ずさり!)している動作には、興味深いメッセージがあるという・・・。

 

軽い気持ちで読み始めたが、直ぐMJワールドに引き込まれていきました。

ショートムービーの数々は、現在でも何ら遜色はありません。

カッコいい上にこんなメッセージが含まれているなんて・・・と思うと、トリハダものです。

やや拡大解釈?とも思えないこともないが、理路整然とした説明に納得してしまう。

 

タイトルの、"ジャム"は本書の"胆"だと思うので詳細は本書にて。

道は遠く険しい

前回から、ほぼ2カ月ぶりにお茶のお稽古に参加。

相変わらず、お茶をいただく以前に、場の雰囲気に飲まれています。

ドギマギしながら一礼してお茶室に入り正座。

震える手で、お菓子をとり懐紙に置いていただきます。

美味い・・・少し緊張がほぐれると、同時に足の痛みがよみがえる。

畳に敷かれた毛氈の上での正座なので、両足首と足の甲部分がとても痛い (>_<)。

長く正座をする機会なんてほぼない上に、体重も増えているし関節も固くなっているのが原因・・・。

もぞもぞしていると、「胡坐で楽にされていいですよ~」。(タスカッタ!\(^o^)/)

 

胡坐~正座~胡坐~正座を繰り返し、気が付けば3時間超経過していました。

正座のコツ?を会得したか、感覚がマヒしたか、後半はやや楽になったような気がしてきたが・・・痛いことは痛い。

多少は我慢することで、正座に慣れなければ!。

 

茶道を嗜むには、程遠く修行状態・・・でした。

〇〇道~と言われる道は、最初は曲がりくねった険しい難行の道が続きます。

助成金とは・・・

昨日のパレット「特別ご招待会」には、大勢のお客様にご来館いただきました。

誠にありがとうございます。

 

・・・国管轄の某助成金制度を知りました。

これを使えたらいいかもしれない、負担減にもなるぞ!。

 

ただし、助成割合とか採択条件がホームページを見てもよくわからない?。

この制度があることを教えてくれた行政の部署も、詳細は知らないようです。

ワカランことは聞くしかない!ということで、所轄官庁宛てにメールをしました。

電話より、やり取りの履歴と記録が残るのでメールがいいかな・・・と。

 

これに限らず、様々な助成や補助金の制度があるのに、その情報はなかなか入ってきません。

今回、初めて目にした、関係するホームページもどちらかというと~目立たないように作りこんであるような気がしました。

説明も分かりにくい。

消極的アピール、応募して欲しくないかのようにも感じます。

じゃんじゃん、助成金使ってよ!・・・と、大盤振る舞い出来ないんだけど、チャンと仕組みはありますよ~、何もしていないことはありません。

一応あるので、気付いた方は使ってください・・・ってことですか。

 

せっかくなんで、有効活用させていただきます!。(ハードル高そうだが)

シマッタ!(>_<)

いつもではないが、気が付いたらキツイ言葉使いをしていたり、ぶっきらぼうな物言いをしていることがあります。

何かにイライラしている、ムシの居所が悪い・・・と、こころの中に原因がある。

言ってからしばらくして~シマッタ!(>_<)を繰り返してしまうのでした。

 

ヒト(人)っちゅうもんは、感情の生き物やから、そんなこともあるわいね~。

まぁ~確かに、そうなんですが。

心の中が汚く、とても弱い存在なのです。

でも、なるべく言葉と一挙手一投足には慎重になりませう。

真打ち登場!

7月24日の日経春秋コラムは、ウルトラマンネタでした。

~「科学特捜隊」「ウルトラ警備隊」・・・は、最新の武器を携え、かっこいい制服で身を固めた選抜チームのはずだったが、作品を見る限りでは何とも弱かったことを記憶している。

怪獣やら宇宙人やらの攻撃に飛行機は落とされ、ミサイルなども全く効かない。

困ったところで結局、真打ちとして正義の味方ウルトラマンやセブンが登場し、敵を倒して大団円となる。~

確かに、パターン化され結末がわかっていて安心!という、昭和的ドラマの良さはありましたね。

 

~「正義の味方=米軍」説がある。

強大な侵略者を自前の部隊で迎え撃つが、歯が立たない。

最後の頼みは米軍。そんな日本の現実を映していた、との見立てだ。~

~世の中にはいろんなことを考える人がいるものです。

 IMG_5254.JPG

当時と政治環境、仮想敵、経済情勢~時代背景はガラリと変わっています。

単純に「正義の味方=米軍」ということも、いえなくなって来ているかも?。

 

また、怪獣を攻撃する際に建物等に被害があった場合の責任所在や補償はどうなる?。

直接の原因は怪獣だが、攻撃時の流れ弾や攻撃の衝撃で怪獣が倒れたりして被害が及んだら?。

~等々、大人目線で見るとウルトラマンも面白くなくなります。

 

特撮モノを見ることで童心に戻ることが、気持ちのリフレッシュになればいい。

 

 

どうぞ土蔵へ

輪島にて土蔵修復事業のお話しを聞きました。

2007年3月25日に発生した能登半島地震で甚大な被害を受けた輪島市内の土蔵を修復し、復興のシンボル並びに、まちづくりの一環として取り組まれた事業です。

輪島の土蔵は道路の前面に出ることはなく目立たず、家屋の奥にあります。

復旧作業に際し、ひっそり存在していた土蔵も、その多くが取り壊しの対象となっていた。

このままでは、土蔵が無くなってしまう!。

輪島塗の材料保管庫や作業場として伝統産業を支えてきた、土蔵を再生し活用できないか?ということで、修復に取り組まれている方々がいます。

最初は手探りの小さな一歩ながら、素晴らしい事業が陽の目をみることになった。

経済環境が整っていた・地元に理解者がいた・資金集めの新手法・なにより輪島だから出来た・・・、様々な要因が上手く組み合わさって現在の姿になった~との説明。

そして、左官職人も県外からボランティア然として、学びの場・ワークショップとして県内外の大学生も作業に参加し、地元との交流になったといいます。

IMG_5237.JPG

土壁の構造はこんなになっているのですね。

知らなかった~、この見せ方も新鮮です。

へえ~と、口をポカ~ンと開けて聞くのみながら、修復されギャラリーや飲食店として、新たに活用されている土蔵の姿にふれました。

伝統再発見&モダン。

商いのネタは、至るところにある・・・かも。

 

それにしても、輪島の伝統的な商家は品があります。(輪島だけではないか~)

これもまた、発見。

儲けモンですか?

「〇〇モン GO」とかいうゲームアプリが流行っているそうですが、その手にマッタク興味がありません。

こういうのを考える頭脳と技術はスゴイと思いますが。

報道やFBで、いろいろと伝わって来るのを見物中。

話題性が強すぎると思う。

そもそも、ゲームで大騒ぎすることに抵抗あります。

ゲームに慣れ親しんだマニアは別として、ブームに乗っただけのユーザーが多いと思われるので瞬間終了する予感大。

IT機器もアプリもラットイヤー。

こういうのに、ついていけなくなって久しいなぁ・・・。

 

余計なお世話ながら、バカモン!とならないようにプレイヤー(ハンター?)の方々はお楽しみください。

<m(__)m>

第三のチンパンジー

若い読者のための「第三のチンパンジー」人間という動物の進化と未来

ジャレド・ダイアモンド 秋山勝=訳

510ipi3u-XL__SX336_BO1,204,203,200_.jpg

・・・チンパンジーにはコモンチンパンジーとボノボの二種類がいて、ボノボはピグミーチンパンジーと呼ばれることもある。

もし、宇宙人の研究者が人間を目の当たりにする機会でもあれば、人間はコモンチンパンジー、ボノボに続く、三番目のチンパンジーだとただちにそう分類されてしまうだろう。

地球に住む科学者も、人間とほかの二種類のチンパンジーのあいだでは、構成する遺伝子の九八パーセント以上が共有されていることを明らかにした。・・・(P.10)

以前に苦労して読んだ(見た)「銃・病原菌・鉄」を要約したエッセンシャル版?。

読みやすかったです。

文明が起こり発展していったのは、単に地球上の場所の優位性でしかなく人種の違い関係ない。

そして人間は万物の長~地上の支配者・・・かもしれないが、チンパンジーの亜種でした。

 

 

地球上で起きている現在進行形の出来事~そして未来に起こりうるであろう出来事は、心配ごとばかり。

巻末の訴えにも感じる解説は、本書をさらに要約している?かのようです。 

祝?2,000記事

MT(サイト作成ソフト)上のカウンターでは、本日で2,000記事を示しています。

駄文かつ長短いろいろとありましたが、よく続きました~。

期間にすると5年と5ヵ月ほどです。

2,000かぁ~。

西暦2000年当時によく聞いた、「ミレニアム」~というチョッと懐かしい言葉を思い出しました。

コンピューターが誤作動するかも?という「2000年問題」なんていうのもありましたね~。

2,000円札ってのもあったな~。

 

そして、ミレニアム~というと、やはり「ミレニアム・ファルコン」号です。

NewImage60.png

取りあえず目標としていた、2,000に達したのでムタムタと、思いつくまま書いてみました。

支離滅裂・意味不明~を堅持?しつつ、次のミレニアムに向けてまいります。

TOO HOT!(>_<)

熱がこもるのでしょうか?。

出勤したら事務所内のデータサーバーにエラー表示&警告音。

「TOO HOT!」ピー!ピー!

IMG_5219.JPG

扇風機で風を当てて冷却すると収まった・・・。

日中は冷房を入れてあるので大丈夫だが、夜間に熱がこもるのか。

昨年までは問題無かったのだが~、このサーバーも10年経過しているので、そろそろ更新が必要なんかな。

日常使っているノートパソコンも熱くなるので、USB小型扇風機で風を当てています。

今更ながら、電子機器は暑さに弱いことを認識。

今年は猛暑らしい。

人もPCにも辛い季節が続きます・・・。

謎きのこ

梅雨真っ盛り&梅雨明け間近?。

蒸し蒸しと不快な日々が続きます。

昨日は、開店前の館内空調が入っていないタイミングで、消防設備が湿気で誤作動して防火シャッターが突然、降りて来るというトラブルもありました。

開店前でヨカッタ~不幸中?の幸いです。

 

そして、今朝は自宅のパセリを植えてあるプランターに得体の知れないモノを発見!。

IMG_5220.JPG

ゴミが落ちている?と思ったら、キノコのようですが・・・。

いつの間に育っていたのだろう。

開いているので、胞子を巻き散らかし近辺にもまた生えてくるでしょう。

食べられる?~食べる気はしないけど。

土用入り

平成28年は、夏土用入りが7月19日で丑の日は7月30日、土用明けは8月6日だそうです。

かつては、土用のうちに土を動かすこと=工事や穴を掘ることは避けられたという。

地力を養うため?、暑い時期の体調管理のため?。

そのような言い伝えを大事にする一方で、大多数は土用=ウナギを食べる日~くらいの認識なので、めいっぱい食べますか?。

IMG_5078.JPG

もともと高級だったウナギは、今や資源枯渇のため最高級魚になってしまいました。

かつては、かば焼き一本をまるまる食べることを、楽しみにしていたこともあったのだが・・・。

それは無理としても、ほどほどに美味しくいただきたいと思います。

つぶやき

現在は、過去からの積み重ねの結果だといいます。

ということは、未来を考えた場合は、現在(いま)を大切にしなければならない。

積んだり、崩したり(崩されたり?)を繰り返すイビツな形ながらも、未来へ向けて少しづつ積み重なっていくのだなぁ。

チョッと先を見ることが出来れば、惑うこともないし、一喜一憂することもないでしょう。

過去は変えられないが、未来はこれから創り上げることが出来ます。

 

なんて・・・、ツブヤイテみる。

「お昼」です

昨日のお昼は、久しぶりのお弁当!でした。

「ランチ」ではなく「お昼」が相応しい~。

IMG_5222.JPG

お昼も夜も外食が多いので、コレはもうかなり「新鮮」なレアケース。

食事の栄養バランス良し、ボリューム良し、味良し・・・の三拍子揃っています!。(断言)

ほんなら~毎日、お弁当!・・・というワケに、いかないところがチョッと・・・諸般の事情により。

タマにだから感動?するのかも。

 

さて!次回は・・・。

わらびしい

ある講演会にて。

講師の話に集中しなきゃ!って雰囲気が会場を覆っています。

そのピリピリ感を講師の方も感じたのでしょう、話の端々にジョークを交えて会場を和やかに~。

よくある風景。

 

それに対して、とてもリアクションが大げさな方がいらっしゃいました。

笑い声であったり、うなずき声であったり、写真を撮ったり~を繰り返す。

講師にしてみれば、反応があることは話しやすさにつながりますね。

ただ・・・聴衆の一人としたらどうなのだろう?。

講演を聞きながらも、そのリアクションがとても気になってしまい集中できない・・・。

他に大勢の方が聞いています。

同じ思いの方も相当数いらっしゃったのではないか?。

主催者側も講師も注意するほどのことではない・・・と思っていたのでしょう。

反対に会場を盛り上げてくれてヨカッタ!と。

 

でも・・・リアクション大の方だけに向けての講演ではありません。

表現力豊かな方?、K・Yさん?。

 

いじっかしい~げんけど。

 

こんなことを思うのはワラビシい~かな。

和風ラーメン

昨日の「今日の一麺」は、めん処あかさかのシンプルな和風ラーメン。

久しぶりに食べました。

IMG_5210.JPG

何の変哲もない素朴なラーメンって、いいですね~。

麺が~スープが~とか、分析しなくてもズルズル~っと食欲にまかせて食べるだけです。

ゆるいラーメン?(スープが冷めていたり、麺がのびているワケではない)、素朴なラーメン、コショウの似合うラーメンは王道ですね!。

あまり、満腹にならないボリュームも丁度いい感じ。

定番の良いところ&強みです。

開店30周年

開店時から定期的に訪れている理容店にて。

この店内に流れるBGMが好きです。

顔そりで目を閉じている際に聞こえてくる、'80年代前半中心の洋楽がこころを青春時代に戻してくれます。

30年近く経っても当時のワクワク感が思い出される心地よい時間。

帰り際に店主の方いわく、「今月で開店30周年ですわ。」

あまり意識していなかったが、そんなに長きに亘り営業されていたのですね!。

おめでとうございます!。

そして、お互い年取ったね~と、慰め合う?。

 

帰りの車中で30年・・・をサッと振り返ってみました。

その始まりは学生時代~就職したタイミングと重なります。

栄枯盛衰・・・を言うには期間が短いかもしれないが、それを感じる様々な出来事や体験が過ぎる。

自分はどうであったか?、どういう30年を過ごしたか?、これからの30年は?。

最近、起きたの出来事とも重なり合わせてムタムタ思ふ・・・のでした。

 

 

チャッチャとします。

何故か今月に入って館内外設備の不具合が頻発しています。

暑くなってきたため?経年劣化?、両方が原因・・・。

トラブルを未然に防ぐために、機器点検は十分に行っているのだが、発生したらしょうがないです。

速やかに直すしかない。

で、修繕費用がかさみます。

暑い時期や寒い時期は、特に何かが起こりやすいのです。

最新の機器に更新したい部分はタクサンあるのだが・・・少しづつ直すしかない。

零細企業の悲哀~を感じつつも、やるべきことはやらないといけない。

 

ムタムタゆうとらんと、チャッチャと、しよ!。

東京人

「東京人」2016年8月号をやっと手に入れました。

このタイトルがなかったら買うことはなかった東京ローカル誌?。

ジャケ買いならぬタイトル買いです。

特集 1960年代「特撮と東京」

IMG_5207.JPG

「東京」は1954年のゴジラに始まり、世界一、怪獣に破壊されたまち。

初代ウルトラマンの怪獣・宇宙人は東京都心~近郊によく出現しています。

霞が関・赤坂・代々木・丸の内・渋谷・銀座~と、まるでお上りさん。

リアルタイムで番組を見たことはないが、当時の子供たちは東京~近未来の街を怪獣を通して見ていたのですね~。

同時に、ほぼ毎週のように何処かで怪獣が暴れているという、とても危険?な街だった。

そして懐古趣味ではないが、古き良き時代に思いを馳せる・・・。

雑誌にしては(失礼!)読み応えあります。

アツい~アツい

道路の真ん中で転がっている近所ネコ。

朝から蒸し暑いので、気持ちは分かります。

IMG_5208.JPG

あまりクルマが通らない道でヨカッタね。

コイツの方が毛皮をまとっているので暑さはヒトシオでしょう。

面の皮もアツい。

蒸し暑い~と思っていたこころへの一瞬の清涼剤となるか・・・?。

ありがとうおじさん

会計事務所の勉強会で「ありがとうおじさんの言葉」というメッセージを知りました。

 

~言葉を支配するものは、運命を自由に支配することができるのです。~

自分自身の心境に波長の合った世界から、種々様々な波が感応してくるのです。

暗い心境の時には、暗い世界からの感応・干渉を受けるのです。

明るい心境の時には、明るい世界からの感応・助けを受けるのです。

業想念の心が少しでもあったら、業想念の感応・干渉を受けるのです。

(業想念=よこしまな心・我欲に満ちた心)

人には完全な自由が与えられ、保証されているのです。

だから何を選択して心に取り入れても、どのような心を起こしても、その人自身の自由な生き方なのです。

そしてその人の心境に波長の合った世界を、体験してゆくようになっているのです。

自分の心は自分自身で統御しなければならないのです。

人には自分の心を統御する、自由と責任が与えられているのです。

(一部抜粋)

う~ん、ポジティブシンキングってことですか。

それもかなり強力な意志が必要。

テクニックではなく心が大事のようです。

そして心の実践も。

天に遊ぶ

「天に遊ぶ」吉村 昭

そんなに厚くない文庫ながら21編も収まった短編集です。

やや大人の事情を扱った作多し。(;´∀`)

マサに天に遊んでいます・・・。

天に遊ぶ.png

緻密な調査に基づいた吉村作品しか読んだことがないが、本書はどれも人間の弱い面や機微が描かれていて印象に残る作品ばかりでした。

 

特に印象深かったのは、イヌが主人公?の「自殺~獣医(その一)」・「心中~獣医(その二)」の2作。

イヌの機微?が描かれていて、すべてのワンコが愛おしくなります。

良作。

AGE・・・

金沢市商店街連盟青年部主催セミナーとしては、初めての健康関連講座が開催されました。

石川県健康管理士会 村瀬 恵都子 氏から「老化(AGE)との戦い方」と題して講演いただきます。

この聞きなれない「AGE」とは、終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)という、タンパク質と糖が加熱されて出来た物質のことで、強い毒性を持ち、老化を進める原因物質として最近注目されているそうです。

講師は、ゴルフの国体選手として活躍された経歴をお持ちで、当時から日頃の体調管理・生活習慣・ストレスコントロールの重要性を認識し実施されていましたが、ご家族が病気に罹ったことで、更にその思いを強くされて健康管理の重要性を伝える道へ進まれました。

身体のあちらこちらで深刻な疾病を引き起こす「AGE」を体内に溜めない、減らす生活のポイントが数多く語られます。

健康管理の重要性は頭では理解しているつもりなのですが、いろいろなお付き合いなどで、ついつい夜更かしや偏った食生活と暴飲暴食をしています。

そして、火や油などで加熱された料理に「AGE」が多く含まれているとのこと。

主食の白米も含め、焼肉・揚げ物等、普段から好んで食べている料理がマサにそうです。

加熱していない生野菜や刺身、海藻を食べていれば、「AGE」を溜め込まないということのようですが・・・実際はかなり難しい。

IMG_5200.JPG

講演後にAGE測定機で体内年齢を測り、出てきた結果と実年齢とのギャップに参加者一同は一喜一憂。

過去2カ月の生活習慣が、この測定結果に出るといいます。

今までの反省と今後の改善必須がこめられた講演。

引き続いて行われた懇親会では、飲食を控える方が多い?と思われましたが、タイムリーな健康ネタを肴に盛り上がったのでした。

(体内年齢は若かった・・・です。気分は\(^o^)/アゲアゲ!、でも、次回はワカラナイ。)

琥珀の夢

今月初めから「琥珀の夢」~小説、鳥井信治郎と末裔の連載が始まりました。(日経紙)

IMG_5201.JPG

「迷いの旅籠」は上手い具合に先月末に連載終了して、翌日から直ちに新連載。

この切り替えは、毎回スゴイな~上手いな~と思ふ。

挿し絵スペースで調整している?なんて~浅はかなことを考えてしまいます。

 

実在の人物を主人公にした伝記経済小説を予想。

経済紙だけにシリアスな展開になるかも?。

他酒造メーカーの創業者が主人公だったテレビドラマが大人気だったから・・・というのも、浅はか~だな。

 

やがて話題になって、ウイスキーの品薄状態に拍車がかかるかも!。(かな?)

タフネス

何やかんやですったもんだしています・・・。(>_<)

慌てず騒がず、落ち着いての対応を心がけましょう。

不安がって心配ばかりしていても仕方がないのです。

こんな時こそ、行動ありき。

動きながら、走りながら考える。

身体と心のタフさが求められます。

こんな姿にしない

ある商業施設を訪問しました。

といっても、誰かを訪ねるワケでもなく、ひと回りしただけなのですが。

築年数が経った建物で老朽化が目で確認できます。

入ってみると独特の香り?匂い?が感じられる。

通路にはみ出た陳列什器、やや懐かしめな歌謡曲のBGM。

薄暗さが感じられ、どよ~んとした雰囲気。

失礼ながら~直ぐに立ち去りたくなりました。

 

一部フロアの空調機器が壊れているといいます。

建物管理者は極力手をかけたくないらしい。

このような建物設備の不備を理由として、入居者の賃料不払いがあるとも聞きました。

内からも外からも負のスパイラル状態に陥っている。

建物が可哀そう。

 

パレットのことではありません。

このような姿にならないようにしなければ・・・。

ムタムタな書類

タマには~と思い、とある行政機関に提出する書類を書いてみました。

慣れないことをしようとしたためか、書類を広げた瞬間めまいが・・・。

IMG_5195.JPG

(ア)から始まり(カ)~(サ)~、オシマイは(ト)の記号が記入欄に付けられています。

このことからして、イワユル~お役所的な感じがして堅苦しい。

ある箇所の説明書きを読んでも、「~を除した数値を記入」とあり、最初は何を書けばいいのかわからなかったのです。

ワザと難しくしてあるような・・・。

記入してしまえば、どうってことない内容だが、書式や説明も非常に堅苦しい感じがしました。

とはいえ、我々も仕事上で使う「契約書」なんかも、「~ものとする」とか「~とみなす」といった、重々しい感じのする表現を使っていますね~。

もっと優しい書き方をすると、その効力が薄まる?。

当事者同士がお互いに理解しあうのが書類の目的だと思うので分かりやすい表現も、有りかとは思いますが。

時代によって言葉や語句が少しずつ変化するように、安易な表現になっていくのかもしれません。

でも、法律や行政用語は重厚なものが相応しいのだろうなあ~。

時間かかり過ぎ

購入から10年ほど経過している、某工業製品があります。

経年劣化でパーツ交換が必要になり、購入した店舗に連絡しました。

パーツ間違いのないように、製品コード&製造ナンバーも伝えます。

2~3日でパーツが届いたとか、しばらく時間がかかるとか~の連絡があると思っていました。

 

で、気が付いたらアレ!?、3週間近く経過していた!。

ムタムタしていてコチラも、そのことを忘れていたのだが~。(=_=)

流石に時間かかり過ぎだろ!と改めて店舗に伝えます。

・・・取り次いだスタッフさんが、" 抜かって " いたとのこと。(エライ正直やな~)

その電話後、5分ほどで返信あり。

2~3日でパーツ到着します・・・。

 

極力、穏やかな口調で話しをしました。

間違えることはある・・・人の振り見て我が振り直せ・・・ですね~。

迷いの旅籠 完

日経紙に連載されていた「迷いの旅籠」が先月末で終了。

怖いような、ほっこりするような~摩訶不思議な物語でした。

時代劇版トワイライトゾーン。

IMG_5193.JPG

・・・「生身の人の語りは、血が通っていて面白うございます。ですが、生ものだけに、時にはあたる。・・・

でも読み物というものは。

生身の人からはもう離れておりますから、枯れております。どう間違ってもあたりませんし、障りません。気散じにはうってつけの上に、読み物を通して知識が増えれば、肝っ玉が強くなって、語りにあたりにくくなりますから一石二鳥。」・・・

 

映画とかの映像化された「語り」は、この中間なのでしょうね。

「読み物」でも想像力をふくらませれば、あたりそうになるかもしれないな~と思いつつ、続編がありそうなので期待します。

文月 朔日 悠久の流れ

歴史ある心安らぐ場所へ行ってきました。

モチロン、初訪問。

IMG_5164.JPG

高野山・・・日本を代表する文化・思想の原点のひとつ。

軽々しく「パワースポット」とは言いたくない。

その存在自体が神々しい。(寺院群だけど)

実際に神仏混合の歴史もあります。

数々の歴史的舞台にも登場し、それらの場面を想像するだけでゾクゾクしてしまう。

国家鎮護の要に相応しい様相でした。

この巨大な樹々を見ていると、悠久の時の流れに抱かれている気になります。

なんと日々些細なことに気を煩わせていることか・・・。

 

文月の始まり。

平成28年の後半に進みます。

カテゴリ

パレットのお知らせ
  • パレットカード会員募集
  • 文化教室
  • ブログ
  • テナントスタッフ募集
  • お問い合せ
〒920-0965
石川県金沢市笠舞1丁目23-23
TEL:076-222-3521(代表)
FAX:076-222-3520

■営業時間(月〜土)
日曜日のみ朝9:00開店
キーテナント:10:00~20:00
物    販:10:00~20:00
飲    食:10:00~20:00
地 下 店 舗:10:00~深夜1:00
※時期・催事によって変動することがあります。
■アクセスページはこちらから