• 会社概要
  • お問い合せ

2017年10月アーカイブ

神無月 晦日 Trick or Treat!

ハロウィーンだそうです。

コスプレイベント化しています。

楽しむことはありませんが、これが終わると一気に年末モードに突入!なので、どことなく物悲しい気がしないでもないが・・・。

 

そんな気分を吹き払うためにも食欲の秋堪能中・・・で、なぜか現在はラーメンモードです。

定点観測店で岩ノリ・煮卵・チャーシュー増しの準フル装備一麺を食す。

IMG_0100.jpg

ラーメンも仮装(剰にえ(トッピング))・・・。

 

神無月も楽しく学ぶ機会が多々ありました。

ありがとうございます。

2017金沢マラソン

2017金沢マラソンの完走証発行手伝い。

今年は11時~16時半くらいまで、ほぼフルタイムでゼッケンナンバーのPCへの入力係でした・・・。

IMG_0104.jpg

入力してEnterキーを押すだけなのですが、ランナーさんが立て込んで来ると焦ります。(^-^;

タマに完走証発行プリンターのトラブルがあったりして、疲れ切ったランナーさんには申し訳ない。

また、外国人ランナーも多く、確認のため名前を読み上げるのですが読みが・・・発音がワカラナイこともあったり。

もっとも、日本人でも難読の方も多かったが・・・。

次々とPCに表示される名前(ふりがな無し)を本人確認のためにも正確に言わなければ~と思いながらも言い間違え多し。

ムタムタですわ・・・。

IMG_0106.jpg

見ずらいですが最下段に注目。

たまたま最後に受け付けたランナー氏のタイムは、6時間59分59秒!測定ギリギリというミラクルタイムでした。(7時間で記録無し。)

 

雨模様のバッドコンディションにもかかわらず、多くのランナーが完走出来たようです。

コース沿道で声援を送ったり、運営に携わった方々(自分もだが~)おつかれさまでした!。

裏方ながらもランナーズハイ?状態です。

エアコン暖房オン!

朝一の管理事務所内が寒かったのでエアコン暖房オン!。

しばらく動かしていなかったので、稼働音がうるさいな・・・そのうち、気にならなくなるか。

寒いな~と思い続けるよりかマシです。

少し前までは、ジワリと汗がにじんでいたのにな~、その時は稼働音はさほど気にならなかったのに~。

人の感覚って(特に自分)ワガママなもんですね。

 

飛行機の戦争

「飛行機の戦争1914-1945」総力戦体制への道 一ノ瀬俊也

51JtCm6mlsL__SX299_BO1,204,203,200_.jpg

本書帯にある言葉~

貧困層の立身出世の手段としての航空兵。

防空演習ですり込まれる空襲への恐怖。

一人一人がお金を出し合う軍用機献納運動。

未成年の航空兵「志願」と学校、親への「説得」~

 

一部の言葉を言い換えれば、現代にも通じることもあるのでは・・・。

新聞書評で見て"飛行機"の文字に惹かれたので入手しました。

しかし、しばし積読状態でようやく読みだしたものの、読むの止めようかなー、と思うこと数回。

論文?みたいで、読むのが疲れました。(+o+)

 

"飛行機"を通してみた、戦時中の国内世相解説的な内容です。

北某国のプロパガンダと当時の日本が重なる。

飛行機製造~工業生産がムタムタになっている戦時中でも、真面目な日本国民は、自らの出来ることに懸命に取り組んでいたのでした。

政府指導部の責任は重い。

毎回違うのです

なんやかんやで、市内をクルマ移動していると、日に同じ場所を2~3度通ることがあります。

通る道が、メインストリートだからそうなのですが~。

どうせ何回も通るなら、一度に何件もの用事をこなせばいいのだが、時間や目的地の違いでそういうワケにもいかない。

なんか無駄な行動をとっている感じがします。

しかし~この時期は、街路樹が色づきはじめていたり、天候が良かったり、空気がクリアな感じがして何回か通っても、そのたびに違った景色に見えて楽しい。

そして、今日もタクサンの景色に会えるのでした。(ポエムか~?。)

 

東京五輪後の・・・

「東京五輪後の日本経済」 白井さゆり

新聞広告で見かけて購入後、しばし積読状態でした。

 

東京五輪の宴の後で、日本経済にいったい何がおこるのか?。

元日銀政策委員会審議委員として、日本経済の表も裏も知り尽くした著者が、今、静かに語り始める・・・。(本書帯裏面)

51fG8VR52WL__SX344_BO1,204,203,200_.jpg

優しく分かり易い言葉で書かれています・・・オソロシイことが。

読みやすい体裁であることから、多くの人々に読んで欲しい~、目に触れて欲しい~ことを狙っているのかも。

出版社の売上のため~とかではなく、啓蒙書?的な感じも少しばかり。

 

国を頼ってばかりではいけません!と、読みました。(*_*;

オリンピック・・・誘致しても、していなくても行く先は同じ・・・?。

出頭?しなさい

年金事務所から呼び出し?で、行ってきました。

IMG_0088.jpg

この手の手続きは不得手なんで、いつもドキドキ。

ワカラナイことは直接に窓口で、聞いて書類を書いたりしているのだが・・・。

出かける直前も、何を指摘されるのかどうか・・・が不安感MAX。

 

定刻到着し、見せて!と言われた書類を出して対応します。

タマタマ?書類が揃っていたのでスムーズに事が進み、10分程度で終了!。

杞憂?だったのか、ラッキーだったのか不明ながらも、ホッと一息。

 

ヤレヤレ~何事も経験です。

火山で読み解く古事記の謎

「火山で読み解く古事記の謎」 蒲池明弘

古事記ネタにひかれました。

地質学者~専門家ではない著者が、独自の調査に基づき書き上げた大胆な仮説?。

51fHIFd-cFL__SX310_BO1,204,203,200_.jpg

・・・なぜ、古事記神話は日向(九州南部)と出雲(島根県)を主な舞台としているのか。

もし、7300年前の巨大噴火を縄文人が記憶していたのだとしたら・・・。(本書カバー裏面)

 

天照大神が天岩戸に隠れた古事記の一節は、縄文期に九州南部で発生し、当時の日本列島全土に多大な影響を及ぼした巨大噴火の記憶だという・・・。

トンデモ学説みたいだが、著者は学者ではありません。

しかし、読みながら「なるほど~、あり得るかも~」と何度もうなずいたのでした。

ヤマタノオロチは火山から流れ出る溶岩流や火砕流だったのかもしれない。

火山・・・は、災害(地震・降灰)をもたらす厄介な存在だが、同時に金属資源(鉄・金・銀・硫黄等)、清涼な湧き水や温泉や雄大な景観(例として阿蘇カルデラ等)を生み出す「神」でもあった?。

 

折しも九州では新燃岳が噴火しています。

日本は豊葦原瑞穂国でもあるが、100万年(1000万年?)以上前から、そしてこれからも火山大国である現実。

季節外れ?の台風

昨夜~ウトウトしていたら、枕元に置いてあったスマホが、けたたましく鳴るのでビックリ!。

「・・・災害・・・警戒・・・情報」寝ぼけまなこで、読み取れない。

なんだ!?と、画面を見ると警告音と表示が消えてしまい、外の雨音が微かに聞こえるのみ。

ニュース画面を開いてみると、金沢市内に土砂災害に関する警報が発せられたようです。

突然鳴るし、驚くし・・・せっかくなら、しばらく画面表示が残れば、分かり易いのだが・・・。

大桑地内で土砂崩れが発生した模様です。

大きな被害がなくてよかったのですが・・・。

 

一瞬、某国からの飛翔体案件かと思った。

選挙行こう

本日は、第48回衆院選挙投票日。

仕事(一応)なので、前日に期日前投票を済ませてあります。

 

投票用紙を受け取り、鉛筆を持ってからも~考えていました。

意中の候補者は・・・、政党は・・・etc、直前まで考えて投票。

 

大事な一票を投じたと思います。

運慶

東京出張の際にチャベチャベと行ってきました。

開館と同時に行ったのに、既に長蛇の列。

uid000186_20170426145342ea213215.jpg

雨が降って肌寒い日でしたが、会場の東京国立博物館平成館は人だかりで暑い・・・。

以前に同会場で開催されていた「鳥獣戯画展」の2時間超~待ちを思い出すが、今回は10分ほどの待ち時間でなんとか。

写真等で見たことはあるが、名称も知らない貴重な仏像。

水晶が入っているという目の部分を見ていると、生物の(仏様だけど)ナマナマしさを感じます。

視線が合う?とその眼光に射すくめられそう・・・別に悪意はないつもりだが。

o0450040712634126769.jpg

また、このワンコに出会えました。↑

思うこと

大雑把な取り方です。

人を見る目・・・って難しい。

判断基準が自分だから、自らの都合で見てしまいます。

その基準を世間並~、出来れば更に高い位置に持っていかなければいけないと思う。

そのためには、現状に安住することなく、学ばなければ、研鑽しなければいけない。

最近、特にそう思うことが多いのでした。

見る目が無かった・・・のは、自己責任?。

モノの見方もそうですが、向上心というのは、とても大事で常に持ち続けなければならないし、同時に行動しなければ、意味がないのです。

とりとめのない~内容でした。

人口減少時代の土地問題

「人口減少時代の土地問題」 『所有者不明化』と相続、空き家、制度のゆくえ 吉原祥子

人口減少.png

・・・日本の私有地の約20%で、所有者がわからないー。持ち主の居所や生死が判明しない土地の『所有者不明化』。この問題が農村から都市に広がっている。空き家、耕作放棄地問題の本質であり、人口増前提だった日本の土地制度の矛盾の露呈だ。過疎化、面倒な手続き、地価の下落による相続放棄、国・自治体の受け取り拒否などで急増している。・・・(本書帯裏面)

 

外国人による国内地の所有も問題に拍車をかけている。

そもそも法務局で行う土地情報の登記が義務ではなく任意だったということに驚き。

国土の地籍調査も韓国・台湾が100%完了なのに我国は52%・・・終わっていない。

公図・・・というと正確無比の存在かと思っていたが、明治時代に目測フリーハンドで作られたものがまだまだ多いということも衝撃的。

それに、面積も不正確なのに固定資産税はしっかりと徴収ですか?・・・。

専門家の内では以前から指摘されていたらしいが、持ち主がわからない土地が九州の面積を超えているという事実も。(山林や原野が多いようだが~。)

マイナンバー制度は本書問題の解決策の一助になる?。

 

ディストピア・ノンフィクションとして読んでいました。

 

あッ!いッ?うッ!えッ?おッ! 

身近な秋風景。

IMG_0071.jpg

隣接するぶどう園の葉っぱが、黄色になりつつあります。

これから黄色⇒紅葉し、落葉していく。

いつも見ている景色なのだが~当たり前のことながら、立ち止まって見入ってしまいました。

 

漫然~と見ていると気づかないことかもしれません。

問題意識を持つ~とか、そんな難しいことではなく、視線を変えてみるとか、普段と違う場所を通ってみるなかで、あッ!いッ?うッ!えッ?おッ!っと思うことかも。

そして、思うだけではなく画像に残したり、メモしたり。

事象によっては、対策・対応したり。

身体センサーを磨くことにもなる~と思ったり。

スペシャル麺

先日、久しぶりに訪れた定期観測店。(定期~と言いながらも久しぶり。)

IMG_0068.jpg

今回は海苔とチャーシューを追加トッピングし、スペシャル感あふれる一麺になりました?。

この味なら大丈夫です、サラ~ッと食べられます。

安定しています、シツコクありません。

美味しゅうございました。

定番メニューがいいですね。

花神(下)

花神(下)司馬遼太郎 ようやく読了。

61A4ZGR5VDL__SX333_BO1,204,203,200_.jpg

先月中に読み終えるつもりが、長引いたのでした。

(上)(中)(下)各巻は、それぞれ500項ほどあり、読み始めは苦戦するかも・・・といった不安があったものの、希代の軍事戦略家・テクノクラートであり医師でもある村田蔵六(大村益次郎)の活躍に次第に引き込まれていきました。

幕末動乱期に「革命」という花粉をまきちらしていく、蔵六、西郷吉之助(西郷隆盛)。

「花神」とは花咲爺の意味だということが、巻末でようやく語られます。

戊辰戦争~の場面は、主に司令官である蔵六視線で描かれているが、現地は壮絶な戦場だったことは忘れないようにしなければ。

 

読み終えてホッとした~という一方で、終わってしまった・・・という喪失感も。

次は「世に棲む日日」に取り組もうかと・・・。

馬肥やせ

名将名言録 一日一言~十月十五日

「一筆啓上、火の用心、お仙泣かすな、馬肥やせ」 本多作左衛門重次

鬼作左とも言われたのは厳格な人柄によったが、その厳格さは、生来、くどいことを嫌い、手短に埒(らち)を明けることを好んだことに起因しているという。旅宿先、一般には陣中とされるが、郷里の妻へ送った書状の全文がこれである。

火の用心、陣馬の世話、一人息子のお仙の養育、気に掛かるすべての事柄をわずかこれだけの言葉で簡潔に記した。・・・

 

馬肥やせ~は、仕事に係わること。

火の用心とお仙泣かすな~は、家庭のことか。

家庭に送った手紙だから、家のことが主になるのは当たり前ですが、短文の中にも優しさと微笑ましさがありますねー。

現代なら電話やメールで、サッサと済ますところですが、当時の書簡やり取りは一大事だったでしょう。

なんともアリガタイ現代社会なのですが、電話の一本もしない場合も・・・ある?。

日々ムタムタ

10月に入ってもう2週間経ったんだー、と当たり前のことながら軽く驚いています。

仕事上の業務も含めて、あれやこれやでムタムタになっていたり・・・(いつもだが)。

本当は、思いつきで行動したらダメなんですが、思い立ったら直ぐにやることによって、案外に上手くいくことも多々経験しています。

もっとも、それなりの下準備があってのことかもしれないですが。

~というワケで、益々ムタムタになりながらも、日々動き回っております。m(__)m

能登の風土(フード)

能登~といえば魚料理ばかり連想しますが・・・忘れちゃぁいけない、能登牛というブランド牛があります。

IMG_0052.jpg

珠洲からの帰りに寄った輪島でいただいた石焼ステーキ丼が美味かった。

モチロン、能登牛。

値段は伏せますが、とてもリーズナブルなご当地価格!。

この店の前は何回か通っているはずだが・・・気づかなかった。

この記事を書きながら・・・能登の味覚に引き込まれて・・・また行きたくなっています。

あッ!、食べ物だけではなく、自然~風土がステキだからです。

奥能登国際芸術祭

「奥能登国際芸術祭2017」視察?のため珠洲市へ。
奥能登(珠洲)のほぼ全域を展示スペースとして、各地に屋外・屋内展示物があり、それらの作品を鑑賞するべく巡るのでした。
 

IMG_0042.jpg

打ち上げられることもあったであろうクジラや大型海洋生物は豊穣の源でもあった・・・。 

たまには、渡来人の船も。

IMG_0046.jpg

 浜辺に流れ着いた合成樹脂等のゴミで造られた鳥居は、現代文明への警鐘か?。

IMG_0049.jpg

赤い毛糸で包まれた空間は、血潮(塩)が巡る体内を連想させる。

 

現代美術・・・分かりにくいが、自分流に解釈すればいいのです。(多分)

IMG_0053.jpg

スタンプラリーたまりました、けっこう見れましたね。

作品を巡りながら、そこで出会う地元の方々との、あいさつや会話がこの芸術祭にスパイス(?)を添えます。

芸術祭を通じて、奥能登の風土・味覚~の素晴らしさを感じました。

イベントがなくても、是非また訪れたい場所。

 

海側からみると奥ではなく「前能登」なんだけど。

花神(中)

「花神(中)」司馬遼太郎

61567+7A9+L__SX342_BO1,204,203,200_.jpg

本書の村田蔵六と違い読み進むのが遅いです・・・。

封建時代の身分制度では百姓身分だが長州藩の軍務大臣格に抜擢され、名も大村益次郎と武士らしく改名し幕府軍との対決に向かう。(長州征討

幕藩(旧)体制勢力VS長州革命(?)解放勢力。

 

・・・戦争にゆくには、身支度が要る。この男(村田蔵六)のことだから、大した支度はしない。

「わらじ五足、手拭い三本、ウチワ一つ」

と、この夕、蔵六は妻のお琴に手紙を書き、鋳銭司村(すせんじむら)まで飛脚を走らせた。(P.433)

頭には百姓笠をかぶり、ユカタを着て、半袴をはき、腰に渋団扇を差し、ちょうど庄屋の手代が隣り村へ涼みにゆくようなかっこうで、これでは長州軍の大将とはたれにも見えないであろう。・・・(P.437)

 

それでいて、数に優る幕府軍を次々と打ち破る。

元々士気が低い幕府軍は統制の乱れもあり、新式のライフル銃を装備した西洋軍式と大村益次郎の軍略で敗走を重ねます。

幕府軍の残した武器は骨董品としての価値しかなかった。

 

時代の大変革。

近代モノは読む機会が無かったが、これはオモシロイ。

現代とも照らし合わせてみたり。

あれもこれも

ダブルワーク?の日々が終わってヤレヤレ~と思うも束の間、なすべきことはタクサンあります。

そちらに、時間を振り分けて行かなければなりません。

あれもこれも・・・やらなきゃいけない!。

う~ん、後回しにしていたモノがズシリとのしかかる。

 

まあ、草むしりとか掃除とか~なんですが・・・。

時間泥棒?までは言わないが

仕事上はもちろん、プライベート含む日常生活でも時間は守っています。(守るようにしています。)

時間に遅れそうな場合は、相手に連絡を入れるのは当たり前。

先般、時間を決めてあったにも係わらず、時間を過ぎても誰も現れなかった件がありました。

連絡もありません。

何かあったかな?と優しいワタクシは10分待ちました。

そのうちやって来るだろう~と、さらに10分経過。

どうしたのか?~さらに10分経過します。

次の予定があるので、そろそろ限界・・・もう10分待つ。(イライラ・・・)

結局、時間切れで退出・・・。

 

僅差で入れ替わりだったのですね~、40分待った後にやって来たことを、翌日聞きました。

仕切り直しです。

 

で、今度は時間厳守だろ~と思っていたら・・・またしても10分遅れていらっしゃる・・・。(^_^;)

意思決定

~ドラッカー365の金言~

10月7日 意思決定のステップ

「1つでも必要なステップを省くと、意思決定はできの悪い壁のように崩れる。」

・・・意思決定にはプロセスがあり、ステップがある。

資源を明日に投ずることにはリスクがともなう。しかし忠実にプロセスを守り、必要なステップを踏むならば、意思決定のリスクは小さくなり、成功の確率は高まる。

意思決定には六つのステップがある。

第一に、意思決定を行なうべきときを知る。

第二に、本当の問題についてのみ行う。

第三に、問題を正しく定義する。

第四に、何が正しいかを考え、何が受け入れられやすいかを考えない。

第五に、やがて妥協が必要になることを覚悟しておく。

第六に、実行の手配がすむまでは決定したことにはならないことを知っておく。

『経営者の条件』・・・

 

 緊急の場合は、即断せざるを得ないこともあるが、エイヤーッ!と決めてしまうことも。

その結果はヨカッタリ、そうでなかったりです。

たまたまヨカッタこともあるかもしれないが。

カズオ・イシグロ

カズオ・イシグロ氏が、2017年ノーベル文学賞を受賞!。

以前に「日の名残り」「わたしを離さないで」は、読んだことがあります。

2冊だけど、既読だとチョッとだけ優越感?。

大々的に報道されたので、作者・作品とも一気に注目を浴びるのでしょうねー。

もうじき文庫化される「忘れられた巨人」を、読んでみようかな・・・と。(ミーハーや)

 

毎回受賞候補に挙がる、村上春樹氏の受賞は遠のいた?か。

いつもの・・・

食欲の秋!・・・とはいうものの、食べるものはほとんど変わりないが・・・。

IMG_0014.jpg

めん処あかさかの、いつものいなりうどんをいただきます。

いつも安心?の定番メニューでした。

炭水化物ばかりだけど、昼はこんな感じですかねー。

みんな、つながっています

スマホ顛末続き。

新しい機種になったのはいいんだけど、新たに設定し直すことがケッコウあってメンドくさい。

電話帳はバックアップしてスムーズに移行できたのだがSNSは・・・パスワード忘れてます。

あらためてだけど、人間関係だけではなく所有する電子機器もたくさんつながっているのでした。

IDやらパスワードやらが乱れ飛んでいる・・・一度にやろうとするから~、こんがらがってしまうのだが。

スマホ・クラッシュ

約4年半に亘り愛用していたスマホが・・・。

IMG_0001.jpg

まさかの路面落下で画面割れ!。

ガーン!。(''Д'')

操作は可能だが・・・これでは使えない。

・・・ということで、新機種へと更新しました。

ややバッテリー性能が落ちていたものの、手頃な大きさで不自由は無かったのだが~残念です。

何回も落としたり、紛失騒動があったりしたが、いつも手元に置いていた(だったら失くすなよ)愛用機。

そろそろ新機種に変えようかな?と思っていた矢先にクラッシュさせてしまった。

持ち主の代わりにトラブルを背負ってくれたのかも?。

 

お疲れさま、ありがとう。

意思決定と妥協

ドラッカー365の金言~10月3日~

「何が受け入れられやすいかではなく、何が正しいのかを考えなければならない。」

・・・やがて妥協が必要になるからこそ、何が受け入れられやすいかではなく、何が正しいかを考えなければならない。そもそも、何が正しいかを知らずして、正しい妥協と間違った妥協を見分けることはできない。その結果、間違った妥協をしてしまう。

私はこのことを、一九四四年、はじめて大きなコンサルティングの仕事としてGMの組織構造と経営政策についての調査に手をつけたとき、教えられた。会長兼CEOだったスローンはこういった。

「何を調べ、何を書き、何を結論とするかはお任せします。ただし、正しいと思うことはそのまま書いてください。反応は気にせず、妥協など考えないでください。妥協できない経営幹部はこの会社にはいません。しかし、何が正しいかを教えてくれなければ、正しい妥協もできません」

意思決定を行なう者は、この言葉をネオン・サインにして机の前に飾っておくべきである。・・・

『経営者の条件』

 

妥協、折り合いをつける、落としどころ、引き分け・・・。 

妥協・・・というと5~6割の成果で終わらせた・・・という、マイナスイメージがあります。

 

ここでは「何が正しいか」を見て、決める「正しい妥協」がある~という。

目先ばかり見ていたら「間違った妥協」になるのかもしれない。

何が正しいか?、目指すところは何処か?。

「正しい妥協」・・・難しい。

秋もあけぼの

早朝の秋空~。

あけぼの・・・というには、明るすぎるか?。

IMG_6281.JPG

空が高く感じる。

本日も、姿勢を正して胸をはってまい進。

正々堂々、正々堂々。

神無月 朔日 ひやおろし

先月初めから発売されている「ひやおろし」をいただく。

竹葉・輪島物語(白菊)・千枚田・日栄・福正宗・・・を一合(強)づつ。

それぞれ個性があって、それぞれ美味しい!。

銘柄を変える度に美味い!を繰り返すのでした。

適当に選んだのに、提供されるお料理との相性はバッチリです。

とても満足!大満足!。

21430549_1096778190453291_4568785089183275525_n.jpg

・・・モチロン、業務上の打ち合わせも兼ねています。

ハイ、一応・・・。(^-^;

10月1日は「日本酒の日」だそうです。

カテゴリ

パレットのお知らせ
  • パレットカード会員募集
  • 文化教室
  • ブログ
  • テナントスタッフ募集
  • お問い合せ
〒920-0965
石川県金沢市笠舞1丁目23-23
TEL:076-222-3521(代表)
FAX:076-222-3520

■営業時間(月〜土)
日曜日のみ朝9:00開店
キーテナント:10:00~20:00
物    販:10:00~20:00
飲    食:10:00~20:00
地 下 店 舗:10:00~深夜1:00
※時期・催事によって変動することがあります。
■アクセスページはこちらから