• 会社概要
  • お問い合せ

2018年7月アーカイブ

文月 晦日~日々学ぶ人

ブッダの教え一日一話~7月31日

「日々学ぶ人」

・・・人に何か言われて、腹が立つのは「自分が正しい」と思っているからです。「私は知らない」と思えば、「これはどうやるのでしょうか。教えてください」と訊くことができます。すると、みんな親切に教えてくれます。「自分は未熟だ、知らないのだ」ということに気がついている人は、日々学びます。人間関係も円滑になっていきます。・・・

 

謙虚、素直~ですね。

かつては、自分は何でも知っているし正しいのだ!・・・とカン違いしていたこともあったような?なかったような。^_^;

やがて、いかに何も知らないし~分かっていなかったことが、とてもよくワカリマシタ。

モチロン今でも。

「日々学ぶ人」・・・ではないが、知りたいことがタクサンあります。

来月も何ごとにも興味を持ってまいりませう。

スイカでスイカい

夏の定番(個人的に)!。

スイカバー.jpg

ちなみにクルマの温度計は36度を表示しています。

夏はやはりスイカですよねー!。

本物のスイカよりスイカバーが好きなのでした。

SUICAで買ったらオモシロイ?。

行儀悪いけど運転しながら食べた・・・。

ネガティブキャンペーンか?

7月26日の某紙記事。

「商業ゾーン苦戦」

新聞記事.jpg

あまり行くことのないエリアの記事ですが気になりました。

駅にも近く良さそうな立地かと思っていたが・・・。

現実の話、新聞記事にならないまでもその程度にもよるが、苦戦している商業施設や商業ゾーンは多々あるかと。

メジャー企業は出退店の判断がシビアで早いのでした。

商業施設の立地や周辺環境は重要だ~とあらためて思ふ。

でも、こういう書かれ方をされると場所や企業共にイメージダウンになりますよね。^_^;

探し物は何ですか

探し物は何ですか~見つけにくいものですか~?。

カバンの中も机の中も探したけれど見つからないモノ・・・。

 

イエ!箱に入ったモノですから簡単なものです。

・・・でも、隠し過ぎて忘れた・・・置き場所を!。

ソコに置いたはずの自分でも探しあてられないのですから(?)究極の保管場所ですね。

~などと自虐ネタにしている余裕など無かった一瞬がありました。^_^;

 

見つかってヨカッタ、ヨカッタ!。

未来の年表2

「未来の年表」2 人口減少日本であなたに起きること 河合雅司

前作「未来の年表」に続く第2弾。

「二匹目のどじょう狙い」ではありません!具体例を挙げて・・・ということのようです。

未来年表2.jpg

読んでみると、前作「未来の年表」の方が衝撃的でした。

確かに個人レベルで発生するであろう少子高齢化由来の具体例は分かりやすいが、「ああそうですね~」と感じてしまう・・・。

こういう内容が世間一般に広まれば広まるほど、一般認識になればなるほど~意外と危機感が薄れていくのかも?。

そんな気持ちが最も危険で恐ろしいことなのかもしれません。

暑い!

暑い~暑い~と言っても涼しくならないし何も変わりません。

暑いなら暑さへの対応をするだけです。

水分摂取、エアコン使用・・・。

年初の大雪のように自然を克服することは叶わない。

考えられる範囲で備えるしかないです。

人間は弱い。

 

7月29日(日)開催だった、崎浦地区の自主防災訓練が暑さ対策の理由で中止になりました。

人間も災害も自然の一部だな。

災害は時間と場所を選ばずにやって来るけど。

屋上にて

屋上の風景。

屋上にて.jpg

館内の搬出物がまた増えていた。

猛暑の晴天下に積まれた姿が~どことなく痛々しく感じます。

見覚えのある物体ばかり。

それが役目を果たしていた時はイスや机~と名称で呼ばれていたが、この状態では「搬出物(ゴミ)の山」と一括り。

じっと見ていると無常観が湧いてくる、暑い~暑い~真夏の午前の屋上でした。

Onethebeach.jpg

「渚にて」・・・みたいな感じ。(見たことないが・・・)

武士の日本史

「武士の日本史」高橋昌明

31fi+uWgaIL__SX307_BO1,204,203,200_.jpg

鎧兜に身を固め、駿馬で戦場を駆けめぐり、刀をふるっては勇猛果敢に切り結ぶ。つねに「武士道」を旨とし、死をも恐れず主君に忠誠を誓う・・・そんな武士の姿は、はたしてどこまで「史実」か?日本は本当に「武士の国」なのか?(本書カバー裏面)

 

男子サッカー「サムライブルー」野球「侍ジャパン」~日本は侍=武士の国・・・と捉えるのは事実か、イメージ?。

兜をかぶり戦うと頭部が暑苦しくなるのでチョンマゲ(月代・さかやき)にしたのが武士の髪型の由来で、次第に常態化したとか。

不思議に思っていたチョンマゲの理由がわかりました。

有名な「長篠の合戦」や「関ヶ原の戦い」の史実は、映像化されたものとは程遠かった?らしい。

明治期に創作された可能性あり。

 

なんだか、がっかりするような気もするが、歴史は都合のいいように解釈されるということのようです。

著者はレフトサイドの方なんですかねぇ?。

セコちゃんに叱られる

セコムをセットして一旦室外にでてから、忘れ物に気づく。

ドアを開けて、忘れ物を机から取り出していたら・・・。

「こちらは警備会社セコムです!。侵入者に告ぐ・・・・」と叱られた件。

セコム.jpg

警備未解除のまま入ってしまいました。

エッ?何言っているのか?と思ったが、自分のことか。

警告音声が出ますよ・・・と説明を受けてはいたが、まさか自分が第一号になるとは思いませんでしたね。

まっ!正常に作動しているというと証ですが・・・。

 

ボーっと生きてんじゃねーよ!。(~_~;)

捨去りたいが・・・

某町内で見かけた光景です。

一般ゴミ収集日で、市の担当者?と思われる方々と近隣の方々が収集場所のゴミを取り囲んで何やら・・・。

一種異様な感じ・・・ゴミ袋が開かれていたので、ルール違反ゴミの摘発~調査か。

クルマで通過しただけなので、どのような用件で集まっているのかは想像するしかないが~おそらく想像通りかと思います。

犯人捜し!。

ルール違反はいけません!これ当たり前。

・・・しかし朝から、ゴミ収集場所に人だかりが出来ている光景はどうなんだろう?。

 

どの町内でも同様の件があるでしょうね。

ゴミなのにサッと捨てることができない、永遠のゴミ問題・・・。

ルールは守りましょう。

積読状態 

最近、本が読めていません。

特に一ヶ月に何冊!という目標を掲げてはいませんが出来るだけ読みたい。

ツン読状態の本も数冊存在。

暑さのせいか・・・と、何でも暑さのせいにする悪癖がでてくる。

本の内容にもよるのかな~。

貫禄あり〼

朝方とはいえ~日差しが暑い眩しい!。

クルマの影で近所ネコが転がっています。

近所ねこ.jpg

まじまじと見ると・・・二重アゴ?。

横になっているためか、全体的にサラに大きく感じるが~首回りも貫禄ありました。

近寄ってもほぼ無反応、泰然自若。

 

ホントに貫禄あり〼。

元青年部

元商店街連盟青年部の面々と久しぶりに会食!同窓会!。

同世代のおっさん達~元青年部員ですから。

事業のこと、視察研修~昔話で盛り上がります。

また、このメンバーで鹿児島行きたいな~熊本行きたいね~長崎行きたいな~と、なぜか九州ばかり。

確かに九州地方は視察場所も豊富?だし、食べ物も美味い。

楽しみ!実現できるか?。

 

そして、盛り上がり過ぎて?少々羽目を外したかも・・・。(^_^;)

雰囲気で食べる

先日は石引にある老舗洋食店でランチ。

久しぶりの訪問です。

北極Bランチ.jpg

ナイフとフォークの本格的な洋食?。

奇をてらわない、なつかしくホッとするスタンダードメニュー。

美味しい!。

 

・・・といっても、子どもの頃に頻繁に来ていた記憶はない。

店舗の雰囲気とかメニューから、勝手になつかしい~と思い込んでいるだけですね。(^_^;)

昔はヨカッタ~というのと同様。

決算書(案)

平成25年から関わっていた「崎浦分団消防ポンプ車購入実行委員会」の決算(案)監査終了!!。

本年5月6日の入魂式から2ヵ月チョッと経過していますが、ヤットこさ肩の荷が降りた!?。

ポンプ車決算.jpg

まだ、正式な承認を受けたワケではないので数字部分は未開示。

以前話題になった行政書類の「のり弁」みたいになりますが、きいろでんぶ弁当状態ですね。

 

請求書到着が遅かったり~と、かなり時間がかかりました。

大きな数字が入った通帳を預かっていてドキドキ?したり・・・と、なかなか出来ない経験かと。

次回のポンプ車購入は15年後の予定です。

 

さぁー、次は誰がドキドキするのだろう?。(^_^;)

知識ではなく・・・

「ブッダの教え一日一話」アルボムッレ・スマナサーラ

51i49r+zIGL._SX309_BO1,204,203,200_.jpg

毎日~毎日~目を通すのにいいかな~と入手。

その7月16日の一日一話です。

「知識ではなく智慧が不可欠」

・・・知識は、なくては困ります。

しかしありすぎても困るのです。

知識は増えれば増えるほど、人生は重くなります。そして、その知識はいつか消えてしまいます。

欠かせないものは、知識ではなく、智慧なのです。

智慧とは、その瞬間その瞬間に何をなすべきか、ひらめくことです。・・・

 

知識を蓄えたうえで行動し試行錯誤を繰り返すことで、「智慧」が養われていく~と思います。

自ら気づくことが大事。

ドアに社名

やっとこさ~ドアに社名入りました。

社名.jpg

今までは社名無しで営業?していたので。

遅ればせながら(かなり!)徐々に体制が整ってきた(かも)と思う。

外見だけではなく中身もビシッ!としていかなければ・・・。

社名は「赤坂」の補色である青を基調にしました。(赤字じゃねえー)

ブルーオーシャン~で活動するの意味も。

 

顔が真っ青・・・ということにはならないように。

アンガーマネジメント&ほめ達!

アンガーマネジメント・ほめ達!セミナーを受講しました。

アンガーマネジメント・・・怒る必要のあることは上手に怒り、怒る必要のないことは怒らない~「怒り」をマネジメントしましょう。(^-^)

「怒っている」ココロの中の葛藤やモヤモヤを分かりやすく図解してもらえました。

「怒り」はマイナス感情なので、持ち続けるとすべてがマイナスに向かう。

そして「怒り」は「怒り」を呼び~連鎖する。

 

2時間程の講義ですべて分かったワケではないが、関係者との日頃のコミュニケーションに尽きるのかな~やはり。

続いて拝聴した「ほめる達人という生き方(ほめ達)」もそうですね。

ほめることで、相手のよい面(プラス面)を見出す。

コミュニケーションのためにも笑顔は大事だな!。

 

「笑顔」も連鎖しますね。(*^-^*)

ぶっかけうどん

暑くなっております。

ランチは冷たさを感じる食事がいいなー。(^-^)

一年前ならば「めん処あかさか」のぶっかけうどんでも・・・・というところだが、叶わない願い。

そこで他店を巡ります。

かしわ天うどん.jpg

石引通りにある某有名うどん店の、かしわ天ぶっかけうどんを食す。

コシのあるうどん&揚げたてのかしわ天が~美味かった!。

初めて食べたメニューだが、何故か~懐かしさも感じられます。

非現実的な感じも

旧パレット館内潜入?。

館内にユンボ.jpg

館内にユンボが鎮座しています。

シュール?というか、解体現場の現実。

館内様子.jpg

床にはタイヤ痕~館内は大分スッキリしてきました。

現実なんだけど、未だに非現実な光景かと思って見ている不思議な感覚です。

チョッと朝早めの館内潜入。

ブリーフケース

普段は若ぶって?トートバッグを使っています。

収納力もあり愛用しているのですが、いろいろモノを詰込み過ぎるので、収納物カバン内行方不明事件多発。

小さめのバックインバックを入れて整理していますが、度々探し物をすることがあります。

 

久しぶりに、以前~酷使していた手提げカバン(ブリーフケース)を引っ張り出してみました。

ブリーフケース.jpg

使用中のバックから中身を移し替えてみると~オヤッ!使いやすい!。

取っ手が手垢で変色していたり、全体的にくたびれていますが、内部にポケットがたくさんあって便利です。

これなら、カバン内紛失を防げる。

14年くらい前に購入して、ここ3年くらいはあまり使っていなかった。

あらためて使ってみよう。

 

若作り?する際はトートに戻そうか・・・。

カラー化希望

日経紙は活字小さめ写真モノクロ。

日本を代表する経済紙だから、チャラチャラしていない(?)重厚感ある(?)このスタイルが当たり前だと思っていました。

・・・数年前までは。

ところが、首都圏への出張の際に読む「日経」は広告も含めカラー記事多し。

最初は多少抵抗感があったが、確かに見やすい。

コレはカラー原稿でしょう?の全面広告も多く見かけます。(当地ではモノクロ)

新聞価格は全国一律かと思うが、地域によって販売部数の多い少ないでカラー・モノクロを使い分けているのか?。

当地ではカラー紙面にはならないのでしょうかねー。

 

ネット配信もあるが、やはり新聞は大きな紙面で読みたい昭和世代でした。

進行状況

久しぶりに旧パレット屋上を歩く。

屋上北口は覆いをかけられて中を見ることは出来ない。

旧屋上北口.jpg

建屋反対側には搬出された資材が積まれています。

西日本で豪雨災害が発生していますがこの光景から、がれきが積み上げられる様子が思い浮かぶ。

旧事務所入り口.jpg

中に入れるかな?と、やって来た旧管理棟出入口は、粉塵が外部へ飛散しないようにしっかりと目張りされていました。

入らない方が良さそうです。

 

徐々にではあるが形が変わっていく姿を見て・・・「パレット」が、手元から離れていくのを感じています。

書店主フィクリーのものがたり

「書店主フィクリーのものがたり」 ガブリエル・ゼヴィン 小尾芙佐 訳

51VLLHZ3UvL__SX335_BO1,204,203,200_.jpg

次回の読書会課題本・・・予備知識ゼロで読みだす。

本屋を舞台にしたファンタジー?かなと思っていたが・・・。

ある意味そうなのかもしれない。

読後には本屋さんに行きたくなりますね~。

電子書籍ではなく、紙の本礼賛。

作中に登場する作品をすべて読めば、A・J・フィクリーになれる?かも。

 

・・・アイランド・ブックス、年商三十五万ドル、売り上げは観光客が訪れる夏期シーズンにほとんど集中している。

売り場面積はほぼ五十平方メートル。書店主(フィクリーの好みはきわめて特殊)のほかに、フルタイムの店員はいない。児童書の棚はきわめて少ない。

ホームページはネット上に出たばかり。訴求効果は貧弱。在庫は主として文学関係・・・。

 

冒頭にある「アイランド・ブックス」のデータです。

自前店舗で15坪程度で、年間3600万円ほどの売上があれば、書店~小売店とすれば繁盛店ではないでしょうか。

高価な本が売れているのかな。

出版社の営業がわざわざ訪れるワケですねー。

出版社や卸への支払い条件は不明ながら、売上が夏期に集中しているということは、事前に多めに在庫をしておけば支払いも容易かな?・・・と、本書内容とは関係ない面を考えてしまった。

 

アメリカでも書籍の粗利は低いのでしょうか?再販制度はあるのでしょうか?。(^_^;)

心広く泰なり

名将名言録~一日一言 7月7日

心に物なき時は心広く体泰(ゆたか)なり

上杉謙信「名将言行録」

 

・・・謙信の心の持ち方についての言葉で、気分良ければ体が健やかとの意味。

その後~

我が儘(まま)なければ愛敬を得

欲なければ疑わず

驕(おご)りなければ人を敬い

誤りなければ人を畏(おそ)れず

邪心なければ人が育ち

貪(むさぼ)りなければ諂(へつら)わず

怒りなければ言葉和らぎ

堪忍あれば事が調い

曇りなければ心静か

勇あれば悔いなく

賤(いや)しくなければ願わず

孝行心あれば忠節厚く

自慢なければ善を知り

迷いなければ咎(とが)めない・・・となるようです。

 

ココロが平安であれば、判断を誤らない。

そのための心掛け~なかなか難しいことばかり。

セルフコントロールが出来た方だったのですねぇ。

 

結局、名言を見ているだけかもしれないが~少しでも触れていた方がいいでしょう。

チャベチャベと行ってきた!

ご縁がありまして中央省庁の総務省へ。

総務省.jpg

行政管理局で行われているオフィス改革事例を見学させていただきました。

 

各自の机に紙資料が積み上がり雑然としている。

オフィス全体が資料棚やパーテーションで遮られ見通しがきかない。

各自の机に縛られた働き方・・・だったのが3か年計画で大変身。

 

チーム単位のグループアドレスオフィス(いわゆるフリーアドレス・デスク)

無線LAN環境によりオフィス内で場所を問わない働き方が可能。

紙資料の置き場をなくして打ち合わせスペースに転用。

貸与されたデバイス(PC)を各自が持ち歩き、打ち合わせと同時に報告書を作成し、局内サーバーで保管し必要に応じて閲覧し、会議資料も大型モニターやPCで共有できる。(ペーパーレス)

紙資料を溜めなくなったことで、オフィスレイアウトも必要に応じて簡単に変更できる。

・・・各省庁では順次、改革に取り組んでいるが現実は~まだまだ紙の山に埋もれているとか。

 

ご案内いただいた課長氏のよどみない説明に感服です。

スッキリしたオフィスで、黙々とPCに向かう職員の方々は若手が多いようにお見受けしました。

ここには全国の優秀な人材が集っている。

改革への意識も高いのでしょうね。(見学者が来るとピリッ!とする・・・というお話もあったが・・・。)

 

貴重な体験に感謝です!。

茅の輪

上野八幡社の「茅の輪」。

茅の輪.jpg

夏だな~と感じる存在の一つ。

くぐらずに立ち去りましたが・・・健康に過ごせますように・・・。

以前はマッタク、この存在に気づきませんでした。

気に留めだしたのは最近ですね。

このような風習を伝えなければ・・・という時期(気持ち)になってきたのかも。

事業の定義

ドラッカー365の金言~7月4日

事業の定義の周知と検証 「事業の定義とは規律である」

・・・事業の定義は、組織全体に周知徹底しなければならない。組織が若いうちは容易である。しかし成功するにつれ、組織は事業の定義を当たり前のこととし、特別な意識をもたなくなっていく。やがて杜撰になる。手を抜くようになり、正しいことよりも都合のよいことを追いかける。考えることをやめ、疑問を発しなくなる。答えのほうは覚えていても、何が問題だったのかを忘れる。事業の定義が体質となる。体質が規律の代わりをつとめることはない。事業の定義は規律である。(後略)・・・

 

事業・・・組織・・・チョッと前までは意識していたが、やや希薄になっている?現在。

この金言をみてドキッ!とする。

以前のことを思い出してみたり、これからのことに思いを巡らすキッカケに。

杜撰・・・手抜き・・・都合のよいことを求める・・・思考停止・・・これは、組織に限らず個人レベルでも気を付けなければ。

 

ACTION POINT~事業の定義を周知し、有効性を検証していく仕組みをつくってください。

 

仕組みづくり~取り組んでいこう!。

どうでもいいけど

5日間飲酒しませんでした。

飲酒習慣のない方にとっては当たり前でしょうが、個人的には快挙?。

夜間外出機会もなく、特に何か飲みたいな~という気持ちでもなかったので。

炭酸水をビール代わりに飲んだくらいか。

規則正しい生活のため体重も減って、すこぶる快調です。

飲まなくても大丈夫?だということが立証されました。(^-^)

 

・・・ま~、どうでもいい話ですが。

その後は通常モードに戻りました。

気象病

気象病」という症状があるといいます。

梅雨や台風の時期、季節の変わり目に身体の痛みや気だるさを感じたりと体調不良に陥る。

雨が降ると古傷が病める・・・、気分がすぐれないとか~聞いたことがあります。

甘えてるだけ!気分的なもの!として深刻に捉えられていなかったが、最近では「気象病」として様々な症例が報告されている。

 

初めてこれに気づいたのは、数年前に飼い犬が原因不明の体調不良となり、入院!させたりしても回復しないので、セカンドオピニオン的に他の医院で診てもらったところ「気圧の変化で体調不良になるペットもいますね」と言われたことがキッカケです。ちょうど台風時期。

その後、処方してくれたクスリを飲ませるとアッ!という間に回復。

身体の小さな動物には、そういうこともあるのだな~と思っていましたが、人間にも同様の症状があるのでした。

 

また、長年付き合っている「花粉症」も以前は「春風邪」と言われて季節特有のマイナーな病気扱いだったようです。

その後も、鍛えたら治る!と言われたこともあったり。

 

「気象病」もメジャーに?なるのでしょうね。

 

・・・あーだるいな~「気象病」やな~と言ったら「二日酔いだろ!」と言われそうだが・・・。(^_^;)

文月 朔日

現在の旧パレット正面から・・・。

現在の建物.jpg

外観は保たれていますが、正面口が完全に開放されて不要物を積載した、トラックが館内と外を行き来しています。

館内は、だいぶスッキリしてきているような感じ。

そして、暗い館内からチラリと見える、置き去りにされたマネキンがシュール・・・というか不気味!。

姿を撮れないのが(危ないので)残念です。

 

・・・今月も逐次レポートします。

カテゴリ

月別 アーカイブ

パレットのお知らせ
  • パレットカード会員募集
  • 文化教室
  • ブログ
  • テナントスタッフ募集
  • お問い合せ
〒920-0965
石川県金沢市笠舞1丁目23-23
TEL:076-222-3521(代表)
FAX:076-222-3520

■営業時間(月〜土)
日曜日のみ朝9:00開店
キーテナント:10:00~20:00
物    販:10:00~20:00
飲    食:10:00~20:00
地 下 店 舗:10:00~深夜1:00
※時期・催事によって変動することがあります。
■アクセスページはこちらから