先日の記事で知った「原発危機と東大話法」と話題作「あんぽん」を続けて読む。

CIMG4815.JPG

このような”社会派”本は、なかなか読む機会がないのですが読んで良かった~。

「原発危機と東大話法」は難しそうなので当初、読み切る自信は無かったのですが、以外に面白かったです。

何となく賢くなったような~錯覚に陥りそうになります・・・。

「あんぽん」は、アッという間に読めました。綿密な取材に基づいたリアルな描写は、読み手を密造酒の製造現場や激しいやり取りの場に放り出す・・・。

 

両者とも反原発・脱原発が根底にあります。(「あんぽん」は著者ではなく、孫さんが。)

原発の是非については、ムタムタと述べる立場ではないのですが~無い方がいい、というのは間違いない総論でしょう。

しかし立場によって違う意見が出て来る・・・これは「原発危機と東大話法」の第4章「役と立場の日本社会」が興味深かった。

 

「役を果たせば、立場が守られる。立場には、役が付随する。役を果たせなければ、立場を失う。」

 

たまたま、先に「あんぽん」を買っていたのですが、「原発危機~」の方が気になったので、こっちから読み出しました。でも、この順番で読んだ方が相互理解?でき良かったと思います。

(アッ、積読の本がまだあったな~。)