雑誌広告にあった「タワマン住民」という言葉。

タワマンって何だ?。

で、調べてみたらタワーマンションに住む人々のことらしい。

338PX-~1.JPG

40階~50階建なんて田舎じゃ考えられない。

広告の見出しから察すると、住む階数で階層(カースト?)があったり、周辺住民と関わらない・・・とあったのでネガティブな内容なのかな。

高層階に住むと景色がいいでしょうが、低層階のメリットは何だろう。

タワーマンションに住んでいるという優越感やステータス?。

 

ネットで検索してみると、タワマンに住んでいることを誇らしげにアップしている内容が見受けられます。

それを見ると、かつてのヒルズ族を彷彿させ、確かにカッコイイ・・・、でもなんか胡散臭い臭がプンプンしている気がする。

住むところも、その生業も地道に、地に足が着いたモノがイイと感じるのはヒガミ根性からでしょうか?。

 

一方、仕事等の関係があり都会に住む必要のある方々は大勢いるので、住環境確保のためにこのような建物が必要なのは分かる気がします。

でも、高層階じゃ窓も開けられないし、地震が有ったりしたら・・・こりゃタマランになりゃ~しないか。

建物の経年劣化も気になりますケド・・・、田舎モノで良かった?。