農業機械のヤンマーが新コンセプトのトラクターを発表!の報道。

オサレな作業着?も。

OSK201307250044.jpg

燃えるオ~ト~コの赤いトラクタァ~♪のイメージからの脱却?を図っている。

この画像から、以前見たことのあるトラクターを思い出しました。

137c1c17e9.jpg

ランボルギーニ・トラクターRシリーズ。

260015.jpg

フィアット・T7000シリーズ。

舶来品ネームバリューのためか、カッコよく見える。

 

そうだ!、大手国内農機メーカーには、他にイセキやクボタがあった。

1128.jpg

イセキ T・7600シリーズ。

mda12-kubota.jpg

クボタ キングウェルシリーズ。

機械の機能美が感じられて、なかなかカッコイイものです。

 

トラクターキャビン内は、空調が完備されていて快適に作業できるという。

モチロン価格は高級スポーツカー並み。

実際に使っている農家さんは、カッコいいとかではなく性能と価格が決め手なんでしょう。

広大な大地が似合います。

ムタムタいうまでもなく、国内農業は山あり谷ありの状況。

これらのスタイリッシュな農機が現状を打破するキッカケになるか?~、なって欲しい。