「ようこそ、わが家へ」 池井戸 潤 著 読了。

ブレイク中のドラマ、「半沢直樹」の原作者の最新刊で即購入!・・・してあったのだが、読み終えるまでに時間がかかってしまいました。

ミステリー仕立てというのがチョッと気になって、すぐには読み出せなかったのでした。

かつて、海外ミステリーを読んで恐ろしくて、オゾマシクテ、夜中には読めなかった・・・というトラウマみたいのがあったモノで・・・。

2013-08-15 15.04.50.jpg

この作品はノッケから、主人公と気色ワルイやつが遭遇する場面から始まります。

誰もが経験したり、見たことがあるような場面。

 

この時点で、イッタン読むことを停止して、他の本を先に読むことにしました。

その後、意を決して?勇気をふりしぼり再度、読み始めました。

大げさだけど、マサにそんな感じです。

 

どちらかというと、気弱でウダツノあがらない主人公。

自分自身と重なる部分も・・・。

読み始めると~その後は、池井戸ワールド炸裂!です。

金融絡みの社内不正あり、小憎らしい敵役あり、こころ強い味方あり、家族の団結あり~。

結末までたどり着くのに、さほど時間はかからなかった。

 

名無しさん(ストーカー)の正体とは一体?。

本作の主人公から見れば”相手”は「名無し」だが、主人公も、この”相手”も、お互いに遭遇することがなければ、大勢いる「名無し」の一人でしかない。

 

誰しも、被害者や加害者になる可能性があるということか。

やっぱりコワイ話ですわ。