「シェパード(THE SHEPHERD)」 フレデリック・フォーサイス 篠原 慎=訳

表題を含め3編が収録された短編集。

有名な作家さんですが、初めて読みました。

オモシロイ!。

もう絶版になっていますが、手に汗握り~ハラハラ・ドキドキしながら、アッ!と言う間に読み終える。

41cE1K4j+pL__SX357_BO1,204,203,200_.jpg

「ブラック・レター」は、おそらく誰でも持っている願望(!)を実現したが為に、トラブルに巻き込まれてしまうのだが・・・。

「殺人完了」では、拳銃の隠し方と運搬方法が、スパイ映画を見ているような細かさで描写され、そのオチがなんとも・・・。

そして表題の「シェパード」は、自らヴァンパイア戦闘機を操縦して、極寒の(それも深夜!)北海上空を彷徨っているかのようです。(夢に出てこなければいいが・・・。)

ヴァンパイアがシェパード(牧羊犬=救援機)のモスキートに導かれて・・・。

 

デ・ハビランド ヴァンパイア

vampire_a.jpg

デ・ハビランド モスキート

a5785c1ab1.jpg

マニアック?な飛行機が登場するのもイイです。

直球勝負のスパイ・アクション小説。

複雑な展開は一切ナシで純粋にオモシロイ。

各編とも話の中にどっぷり浸かれますが、短編だから現実復帰は容易です。

 

もし長編だったら・・・。