新年会シーズン真っ盛り?。

 

この時期にしか食べることが出来ない、スゴイご馳走だと思っていた料理が「茶碗蒸し」です。

茶碗蒸しは調理に手間もかかるし、普段は使わないフタの付いた茶碗を使うので、お正月や特別なことがない限り食べることが出来なかった・・・。

・・・と、このような子どもの頃の記憶が、大きく影響しています。

特別な思い入れのあるスペシャルな料理が~茶碗蒸し。

タマ~に、宴席でお目にかかる機会もありますが、ゆっくりとは味わえない状況・・・。

そして、もっと大きな茶碗で思いっきり食べてみたい!との思いを、以前から心に秘めていました。

 

そういう話を自宅でしていたら・・・。

IMG_4581.JPG

茶碗ならぬ~小さめの鍋に収まった茶碗蒸しが登場!。

Bravo!大歓喜 ♪。

ただし、中の具材は銀杏や麩・鶏肉・エビなどはなく、お餅のみです。

それでも、ふわトロ~で、大満足!これは毎日食べても飽きない。

 

面倒だと思い込んでいた調理方法も、蒸し器を使わず簡単に仕上げるテクニックがあるそうな。

 

・・・うれしさのあまり、とても手前ミソなことを書いてしまいました・・・とさ。