• 会社概要
  • お問い合せ

2013年1月アーカイブ

睦月 晦日

さまざまな行事や出来事が目白押しだった1月も最終日。

「平成25年」という年号も、ようやく馴染んできました。

というわけでもないけど、元旦から今までを振り返りつつも、先々のことに想いを巡らす機会を持つ。

CIMG7017.JPG

慣れないコトをすると頭が痛くなってくる・・・。

 

さて、とてもゆっくりの歩みだけれど、また踏み出していこう!。

新年会は続くよ

先週末にあった町内新年会です。

町内行事でも予算規模が一番大きい行事。

半年前に会場予約をし、参加者募集に多少苦戦しましたが56名の参加がありました。

CIMG7009.JPG

 昨年も設営に携わったので、一通りの流れは分かりますが~、一抹の不安も・・・。

CIMG7010.JPG

たまたま、スピーチの機会があったのですが、あらすじだけ考えて、後はアドリブ!で、無事完了!。

その後~乾杯、会食へ~余興のゲームを終えて、カラオケタイムへ進みます。

なかなか歌う方がいないかも~との杞憂は瞬間に無くなり、帰路のバス時間を気にするほどに盛り上がりました。

高齢化が進む町内ですが、特に新年会に参加される方々は大変に、お元気であります。

圧倒されそうなくらい~。

先日来、若い世代の活躍にふれていますが、今回は諸先輩方のパワーもダイレクトに感じることが出来ましたね。

現代の礎を築いてきた方々ですから。

我ら、真ン中世代も頑張らなければイカン。

 

会本来の目的である、地域の懇親を深めることも出来たし、またまた参加者の方々からも、元気をもらえました。

皆さま、ありがとうございます。

カレー蕎麦

除雪作業で冷えた身体を、食べ物で温めなければ・・・。

そこで、「めん処あかさか」の未賞味メニュー「カレーそば」をいただきます。

SN3B0384.jpg

カレーうどんが、そばに入れ替わっただけなんです。

うどんよりカレーが絡みやすいので、カレー系が好きな方にはグッドなチョイスかも。

個人的には、カレーそばにするのは、細めの更級系がベストかと思う。(無いモノねだり)

十分に美味しいのだけど、やっぱりカレーうどんの方が、いいかなぁ~。

と、いいつつ、なんか後を引くな~。

リピートするかもしれん。

K・C・G

K・C・G(金沢コンサルティンググループ)の新春例会に参加。

講師例会で講師は、ヴィスト株式会社の奥山純一さまです。

演題は「挑戦し続けること」。

CIMG7007.JPG

ヴィスト社は、心身障害者の就労支援事業を行う会社で昨年7月に設立、社長の奥山さま自身も29歳と、ともにとても若い!。

外資系人材総合サービス会社在職中にカンボシア支援のNPOを設立し、カンボジアに中学校を開校するまでの経験をお持ちです。

具体的な目標を設定して、それを目指してドンドン行動するのが信条。

NPOに加えて、福祉事業を立ち上げることを目標として会社を設立し現在に至っています。

特に、うつ病等精神に関わる障害を持つ人に特化しているといいます。

想像以上に、このように精神を病んでいる人は多いらしい。

若いのに達観されていますね。

以前のKCGミーテイングでも、若い世代の活躍ぶりを感じましたが、今回も同様に驚きました。

このまま、齢を重ねて行ったらどうなるんだろうか・・・?。

 

レジュメに福祉事業を2ヶ月学び直後に現在の会社設立・・・とありましたが福祉事業って、そんな短期間で理解できるものなのかな?。

優秀な方なので短期集中で学び取ったのかも・・・俗っぽい方なので、ヤッカミと老婆心ながらフト思ってしまった。

 

本会に限らず、若い優秀な世代が台頭してくることは励みになるし、多いに心強いものがあります。

これで日本も安泰だ!?。

伝統芸能と味覚

金沢市商店街連盟の新春懇親会にチャベチャベと参加。

年に一度だけ、金沢の伝統芸能と料亭文化にふれることの出来る唯一の機会だったりします。

CIMG7003.JPG

昨年までと違い、会場をぐるっと御膳台が囲むカタチから、画像のようなテーブルレイアウトに変わりました。

年配の方が増えてきたからテーブルへと変更したことと、参加者が自由に各テーブルを行き来できるようにするためだそうです。

確かに御膳台の横を抜けていく方法はスマートではありません。

何だ~最初からそうすれば良かったのに~とも思いますが、このようなお座敷は、御膳台にふかふかの座布団が当たり前!という思い込みがありますね。

そして、ヒザ詰で話する・・・とあるように、会話の距離間が近くなる座敷の良さもあります。

一方で、畳が傷むとか、座敷らしくないとか、ホテルの宴会場と変わらん~とかの意見はありそうです。

 

伝統を重んじつつ変えるべきところは、時代に応じて変えていく。

単に御膳台かテーブルかの違いなんですけど、ムタムタと思う。

防災ベンダー

館内外の飲料自動販売機を更新しました。

その中には、こんな機能が付いたモノもあります。

CIMG6998.JPG

防災ベンダー(非常時ライフライン・ベンダー)。

やや大げさなネーミング。

横の物体は備蓄水ボックスで。500ミリペットボトル水が240本相当入っています。

また、本体のオレンジの箱を取れば停電時でも中の飲料が取り出せる仕組みになっているらしい。

CIMG6999.JPG

このような機能を発揮しない方がいいのですけどね。

僅かながら社会貢献?してます!とのPRになるかも。

ムタムタとつぶやく

先日、訪れた、とある飲食店の一輪挿し。

CIMG6996.JPG

直ぐに目に入ってきました。寒椿かな?。

何気にセワシナイ日が続いていたので、こういう花を見ると安堵します。

多少はココロに余裕ができたのかな~。

または「少しは落ち着けよ~。」と、花が語りかけたのか?。

椿の花言葉に「誇り」があるそうです。

「誇り」を持て!とも言っているのでしょうかね。

 

一輪挿しから元気をもらいました。

137億年の物語

「137億年の物語」というのを読んでいます。

と言っても、ワリとかさ張る本なので、自宅に置いて気が向いた時に~好きなところから読み進めています。

図鑑をながめる~という風です。

9784163742007.jpg

宇宙の始まりから地球が形創られ、やがて生命が誕生~文明を持つ人類の誕生が書かれています。

各ページのスミッコに24時間表示の時刻が載っています。宇宙の誕生から現在までを24時間の時系列になぞらえた表示。

宇宙誕生の瞬間が0時0分0秒~そして生命が誕生したのは5時19分48秒ごろ~。

海中に三葉虫が栄えたのが20時48分ごろ~。

恐竜が栄えたのが22時43分12秒ごろ~。

人類の祖先らしき類人猿が出てきたのが23時58分43秒ごろ~

農耕牧畜が始まったのが23時59分59秒~そして現在。

人類の歴史は、地球の歴史上からみるとホンの僅かな瞬間でしかない。

地球上の自然環境・生物は、全て繋がっているし宇宙とも繋がっている。

端折って見ているだけですけど、想像を絶する時間の経過と自然の雄大さを感じますし、反対に一人の人間の小ささをことさら強く感じます。

失敗だ成功だ!と一喜一憂している一人の人間の営みは誠に些細なこと・・・という気持ちにもなります。

このような一人一人の営みが人間の歴史を創り上げているのだろうけど。

 

さてさて、今日はどの時代を巡ることになるのか?、新たな発見はできるかな?。

松・竹・梅・・・の悩み

今週末の町内新年会に向けての準備で走り回って?います。(仕事はどうした?・・・・。)

会場との打ち合わせ・ビンゴゲームの景品手配と・・・そんな中、一番に悩むのが宴席の席次。

町内なんで「松」「竹」「梅」の卓・・・もないンですが、それなりに年長者に配慮したりしなければ、いけなかったり。

昨年も席次を決めたので、町内で感じるパワーバランス?は、何となく分かるつもりです。

でも、なかなか決められないな~。

合コンじゃあるまいし、クジ引きで席を決めるワケにもイカンしなぁ~。

と、普段使わない頭に負担をかけています。

目出度い時のシンボルなんだけどね。

c0187004_157845.gif

本当は、優劣は無いということらしいです。

休館日です

本日22日(火)は館内電気設備点検と設備改修のために休館日とさせていただきます。

設備業者さんは早朝から作業に入っています。

ありがとうございます。

なお、クリニック棟は通常通りで、地階店舗は正午からの営業となっております。

電気を止めるので、照明なし、エアコンも効かないし、PCも✕。

ということで、この辺りで失礼します。

 

休館日ですが、いろいろと予定があります。

さてと、行動開始しますか。 

温泉文化

石川県中小企業家同友会2013新春講演会に参加。

講師は「粟津温泉のとや」代表取締役社長 桂木 実さまです。

本年は創業702年目・・・。

とても歴史のある温泉旅館ですが、"経営"を意識したのは先代からで、以前は旦那様運営だったとか。

厳しい環境下、メディアを使った発信が功を奏し生き残っている。

温泉へ行く文化が消えつつあるのと、人口少子高齢化に対応して、建物の低コスト化と、敢えて企業から家業へ転換しコンパクトな経営を図っているといいます。

家業へと移行することで、まさに顔が見える経営となり、お客さまと従業員に安心感を与えられる。

温泉文化の継承と温泉街の再生が、今後の課題とのことです。

 

業種と対象客数は違えど、パレットも同じ立地に根付いた装置産業です。

参考になるコメントもいくつかありました。

 

また、北陸新幹線についても・・・。

開業1~2年は注目を浴びるだろうが、首都圏からみると北陸・金沢へ行くより、羽田空港から海外へ行くことと比較されてしまう。

交通費と移動時間は差がない。

地方から首都圏への移動手段としては便利なので、人が大きく移動してしまうかも。

・・・と、冷静な見方をされています。

期待高まる新幹線開業ですが、こうなる可能性が高いか?。

 

温泉に行きたくなりました~温泉文化の継承のためにも体感しなくてはいけないな。

丸かじり

最近、気になる本が増えてきた~。

でも、今読んでいるモノもあるし他に読み止しの本もある~。

そろそろ読書会の課題本も読み出さなければいけないな。

なんか、追い詰められてきたような気がする・・・。

そんな時は一息入れよう・・・ということで、この本。

14517.jpg

抱腹絶倒はしないけど、ニヤッとしたり、脱力感?満載のエッセイ。

東海林さんが描く、食べ物への愛情が満載の文とイラストは秀逸です。

レバ刺し・・・は苦手だけど(もう食べられない)、載っていたアジフライでも丸かじりしようかな~。

ブラック企業

FBで紹介されていた「ブラック企業~日本を食いつぶす妖怪~」を読了。

CIMG6976.JPG

某有名飲食店チェーンや有名企業名が「ブラック企業」として載っています。

海外展開中の有名アパレル企業もそうらしい。

X社となっていますが、どう考えても「ユ**ロ」としか思えない。

載っている企業を「ブラック」だ!何とかしろと!叫んでも解決にはならないし、本書がいうところの「戦略的思考」で対処しても根本的な解決にはならないと思いました。

そもそも、民間企業は程度の差こそあれ「ブラック」ばかりではないか?。

24時間365日、モノが買えたりサービスを受けられるというのは、「ブラック企業」がないと成り立たないと思います。

 

世界経済のスタンダードの真っただ中にいる以上は、誰かがハズレを引く。

欧米やアジアでは、貧しい地域からの出稼ぎ者が日本でいうところの「ブラック企業」に属することになる。

場合によっては、ブラック以下のもっと過酷な暗黒企業かもしれない。

「なるほど~ヒドイな!」と感じる一方で、それらの企業に支えられた便利な社会に慣れきってしまっていることに気づきました。

傘たて

事業所内にある"傘たて"に雨も降っていないのに、傘が多くある事業所は業績が良くない。

全てにおいて管理が行き届いていない証拠である、・・・と聞きました。

ハッとして、管理事務所出入り口の傘たてを見に行く。

傘が・・・たくさん(汗)。

早速、比較的キレイなものを数本残して片付けました。

普段の景色になってしまい、おかしいな?と感じなくなっていた。

傘たての傘は目に見える一部です。

積もり積もって、スタッフの心や業績に負の影響がジワジワと浸透していく。

気を付けなければ。

ガニメデの優しい巨人

「ガニメデの優しい巨人」J・P・ホーガン著 読了。

「星を継ぐもの」の続編です。

CIMG6975.JPG

以前コミック化されたモノを見ましたが、やはり原作を!ということで読み出しました。

登場する異星人ガニメアンとその宇宙船のイメージが、どうしてもコミックの絵を連想してしまう。

そもそも、ストーリーも分かっているのだけれど・・・原作を読んでからコミックを読めば良かったと思いつつ最終項まで、何とかたどり着く。

作中のガニメアンたちが経験する数千万年に亘る旅には全く及びませんけどね。

 

実際に、こんなことがあったのかもしれない・・・・と想像は過去や未来へと拡がります。

懇親会にて

引き続き、販売士協会ネタ。

懇親会で、トナリになった店舗内装会社のMさんと金沢の飲食店の動向について会話しました。

Mさんは、数々の有名飲食店内装を手掛けていらっしゃいます。

最近の傾向として、オーナー自らフリーソフトのCAD等を使いシッカリとした図面を書き上げたものを持ってくるそうです。

そして、店舗全部ではなく照明だけ、棚だけの単品オーダーが多く、なるべくお金をかけないようにする傾向がとても強い。

(いい意味で)個性的な店舗が増えているのはこのためもあるか~。

CIMG6920.JPG

また、気になったのは 飲食店の人気は作られるということ。

美味しい店!より、話題の店という。

その"話題"というのは、ネットやSNSで発信される頻度で作られる。

話題の店に行くことが"イベント"で、行ったことがまたネタになる。

かつて問題になったステマは今でもあります。

店の行列にもサクラがいるし、そこから集客のために発信したり、ネタ(話題)にしようと発信する。

これでもかこれでもか~とネットであふれる飲食店ネタ。

つい最近まで繁盛店だったのが、そうでなくなっていることも珍しくない。

いい話題もネガテイヴも瞬間に知れ渡る社会を、お店ネタで感じました。

 

このように便利なツールや手段が広まるのは、誰しも人との繋がりやコミュニケーションを求めていることが大きな要因なんだろうな。 

 

こうして、金沢販売士協会を通じて皆さまと歓談できることに感謝です。

新春例会

金沢販売士協会 新春例会に参加。

例会講師は会員の西村雅之さまです。

演題は、新年の販売士協会スタートに相応しく「経営理念について考える」!。

CIMG6919.JPG

家業の鉄工所から食品スーパー~大型書店チェーンを経て、現在は加賀の観光施設会社(ゆのくにの森)に勤務されています。

「会社員が"経営理念"を語るのも変かもしれませんが・・・・。」と前置きされます。

17年間務めた、書店チェーンでの経験で、"経営理念"を強く意識されたといいます。

トップが直々で教えることで、100名以上の社員並びにスタッフが全員唱和できる"経営理念"。

会社と社員のベクトルが一致し会社は急拡大・・・・。

しかし、"経営理念"の共有で会社規模は拡大したが、理念の浸透と拡大の勢いがアンバランスだった・・・加えて、他店との競争激化もあり、会社基盤が揺らいでいた。

現在、この会社は在りませんが「幸せな仕事ができたと、今でも感じる。」との言葉が印象に残ります。

資本力と理念浸透のバランスが取れ、足並みが揃っていれば適正な拡大発展ができる・・・かもしれない。

 

講演後は新春懇親会へ。

理念や、経済情勢・・・と久しぶり?に元来の販売士協会らしい話題でおおいに盛り上がった例会&懇親会でありました。

西村さま!ありがとうございます。

成人の日

「成人の日」記念品を町内会として町内の対象者へ配ります。

因みに記念品(写真立て)のチョイスはワタクシ。

間に合ってよかった~、気に入ってくれるといいのですが。7名しかいないけど・・・。

当たり前だけど、皆さん「平成」生まれなんですね。(平成4年4月2日~平成5年4月1日生)

つい、この間のような気がする日付けだが・・・20年も経っていたのか。(・・・・。)

 

地域によっては本日が「成人式」のところもありますが、崎浦地区は12日(土)でした。

昨日の記事のように"若い世代が頑張っている~"のは素晴らしい。

是非、「成人の日」を迎えた方々も仕事や学びに励んで欲しい!・・・と訓示メイタことを思ってしまいました。

モチロン、我々もです。

焼肉店にて

K・C・G(金沢コンサルティンググループ)の打ち合わせと、ミニ新年会を兼ねた食事会に参加。

会場は、野々市の某焼肉チェーン店です。

K・C・G例会では数回お会いしたことのある、 当店の店長さんは、アラサーの女性で東北のご出身。

30名程の社員・パートを束ねているとのこと。

この日の打ち合わせ~食事会には参加していませんが、休日にも関わらず「店が心配だから・・・。」と店に来ていました。

さすが店長!です。

また、同席した同じくアラサー(男)の2名も年齢以上に人生・仕事について達観している!。

自分が同世代の時は、こんなことを果たして思っていたか??・・・。

若い世代からも学ぶことは多々ある!。

コチラも負けずに学び、実践をしていかねばイカンです。

 

と、焼肉を食べながら思った次第・・・。

自分の物語を作り、話していこう!という飲食店チェーンにて。

Brandwashed

「なぜ、それを買わずにはいられないのか」 マーティン・リンストローム著 読了。

新聞書評で興味を持ったので早速読んでみました。

CIMG6917.JPG

著者は、リンストローム・カンパニー会長兼CEO(最高経営責任者)。

1970年デンマーク生まれ。従来の視覚や聴覚だけでなく、触覚や味覚、嗅覚までを含めたすべての感覚に訴求してブランドの認知を強化し、ブランド価値を高める「五感ブランディング」の提唱者。

マウドナルド・P&G・マイクロソフト等の世界的企業にブランディングをアドバイス・・・とカバー裏に書いてある。

原題はBrandwashed Tricks Companies Use To Manipulate Our Minds And Pesuade Us To Buy.

直訳だと「商品を買わすため、我々の気持ちに訴えかける企業によるブランドでの洗脳妙技(罠)」とでもなるかな~。

ブランドに洗われた・・・で洗脳か。

日用品から高級ブランドに至るまでの商品を一般ユーザーへ売るための、ありとあらゆるテクニックが書かれています。

ただし、殆んどは著者が相手をするような有名企業が駆使する手法ばかりですが。

 

これでもか~これでもか~と文中に登場する、ブランド名と商品や小売店を見るためパソコンを前に読んでいました。

本書によると、こうしてパソコンでブランドや商品を検索する度に、検索者の嗜好がリサーチされていくという。

個人の特定は出来ないだろう~っと思っていても、検索エンジンとSNSとネット上での購買履歴情報を統合することで(多分)、特定されているらしい。

そういえばポータルサイトの広告欄に、以前買ったことのある商品が表示されることが多いなぁ~と気づく・・・。

アマ*ンからは、「おススメ商品」がメールされる。

便利だ!楽だ!と多用していると、その数だけ利用者の個人情報が何処かにプールされ"売る"ために利用されている現実を知り、少しショックを受ける・・・。

現代のビッグブラザー

パレットポイントカードも、広い意味で似たような機能を持ってはいるが・・・レベルが違い過ぎます。

 

現状を知り、PC・スマホ・カードを利用し、ブランドや店を使い分けて、かしこい健全な判断のもとで、豊かな消費生活をおくりましょう~ということらしい。

さすがは、ブランディング・マーケティングの「グル」といわれる方・・・。

 

この時点でやっと、上手いタイトルで本を即買いしていた事に気付く。まんまと洗脳されていた。

マグロ

旧聞ですけど、築地市場の年始初セリで大間マグロが、150,000,000円!で競り落とされたニュースがありましたね~。

当初は、年始から景気がいいニュースで幸先がいい!との報道でした。

しばらくして・・・なんで、こんなバブリーな価格になったんや?、市場価格を乱すだけ。

宣伝効果を狙っただけやろ!・・・と批判的になってしまいました。

競り落とした方は、市場原理(かなり高めだったが・・・)に沿って価格を付けるということをしただけなんですが、結果的には悪者扱いになりましたね~。

 

このニュースを知ったとき、「チョッと高すぎやせんかいね?。」と感じました。

モノやサービスの適切な値段の付け方や価格があります。

社会通念や原価からみて、高価過ぎる・安価過ぎると感じる価格には、カラクリや意図がある。

後がない、持続することがない一発屋?なコトなら異常価格もアリか?。

 

先日、いただいた中トロ(多分)。

CIMG6897.JPG

件のマグロを想像して食べた・・・。仕入れ価格は?だけど、とても美味でありました。

モチロン適価だと思います。満足価格。

スゴイデスネ

新聞の一面広告。

CIMG6912.JPG

美術全集の広告で「スゴイデスネ、日本人。」のキャッチも目を引きますが虎のインパクト大!。

「猛虎図」↓

b0063958_16552342.jpg

伊東若冲という作者の絵らしい。見たことはあるが、作者名は知らず・・・。

こんな絵も・・・「百犬図」↓

img_1405843_58565739_0.jpg

マンガチックな子犬の百態(?)、よく観察してるな~。

「猛虎図」もネコが顔を洗うような仕草で愛らしい。手足のモフモフ感と巨大肉球!。

デフォルメされているけど、トラの力強さとネコ族のしなやかさが上手く表れていますね。

スゴイデスネ、日本人。

オレオレ~

「振り込め詐欺」や「オレオレ詐欺」を未然に防ぐために、年金支給日といわれる日、館内ATMコーナーでは警察の方や防犯関係の方々がビラを配ったり声掛けをしたりしています。

・・・こうした呼びかけもあって、詐欺被害は減ってきていると思っていました。

 

そんな中、定期的に届くメルマガの内容が衝撃的!。

"母親がオレオレ詐欺の被害者になりました。"

 

経営コンサルの著者が体験した内容が赤裸々に書かれ、コンサルらしく分析・解説がされています。

こんなんに引っかかるワケがない!という人も引っかかってしまった・・・・という内容です。

人のモノを掠め盗ろうとするケシカラン輩ですが、こいつ等はその道のプロフェッショナル。

様々な工夫を凝らし、ターゲットを狙います。

その優れた?能力を社会に役立つことに力を注げばいいのに。

 

見方を変えると、我々は果たしてこいつ等のようにプロフェッショナルか?という命題を与えられているな。

intelligenceにふれる?

本年初の読了~といっても、昨年末から読んでいたんですけど。

「母なる海から日本を読み解く」 佐藤優

CIMG6892.JPG

~地球は球体である。それならば、その上のどの任意の点も「世界の中心」のはずだ。

これまで私が世界を見る時は、常に東京、ワシントン、モスクワなどの主要国の首都が世界の中心になっていた。

いまここで見方を変えて、久米島の新垣の杜を「世界の中心」として見ると、歴史はどのように見えるであろうかという好奇心からこの本を書き始めた。~

 

ソヴィエト連邦の崩壊~北方四島~沖縄~久米島と話の舞台は移り、あとがきで竹島・尖閣諸島と直近の日本と隣国との領土問題へとつながっていきます。

著者の母方は久米島出身。

久米島って?・・・場所が分からなかったけど、沖縄本島から100キロ離れたところなんですね。

現在は沖縄県の一部ですが、かつては琉球王国にも属しない独立国だったらしい。

沖縄自体も明治維新までは独立国の歴史があります。

独立国・・・というより周辺の国々間を上手く立ち回っていたようです。

 

著者は、以前、北方四島を巡る日本と旧ソ連~ロシア間のインテリジェンスの世界に身を置きました。

インテリジェンスという言葉もさることながら、冷静なモノゴトの見方や分析がカッコイイと思い、好きな・・・というか、興味のある人です。

久米島の歴史が中心ではありましたが、沖縄・日本・中国・韓国・ロシア・アメリカ・・・と、現代アジアに関わる各国の思惑が垣間見えたり・・・。

一瞬、佐藤主任分析官になったようなカン違いをしている自分がいた・・・。

 

久米島を訪れてみたくなりました。(かなり遠いが・・・。)

きんかんなまなま

パレット周辺の積雪量は、さほどではありませんけど、除雪は欠かせません。

セッカク雪ヨケしたのに、降り出した雪でまた雪景色に戻ってしまうこともタビタビ・・・。

 

さてさて・・・。

金沢弁で「キンカンナマナマ」(路面が凍ってツルツルになること)があります。

この時期、よく耳にする言葉です。(そうでもないか?。)

そこで「キンカンナマナマ」考察。

路面が凍っているのですが2通りの状態があります。

1.舗装された路面に融雪装置等の水が凍結した氷状態。

2.積もった雪が車や人に踏み固められて、路面の雪がツルツルになった圧雪状態。

昔の言葉ですから、未舗装の道路に湿った雪が積もり、踏み固められツルツルになった2番が、感覚としてはピッタリかと。

それも冬の晴れ間で、陽の光がツルツル路面に照り映えた状態が一番ふさわしい。

この「キンカンナマナマ」で、昔の底の刻みが浅いゴム長靴は、よく滑ったし転びました。

 また、路面の状態を表すだけではなく、「さぶい日になったわ~道ツルツルやしィ~滑っし~気ィ付けて歩けや~。」との相手に対する気遣いも感じられる言葉とも思います。

 

アイスバーンともチョッと違う「キンカンナマナマ」なのでした。

初ムタムタ考

市内中心部の年始商戦についての新聞記事がありました。

2日初売り&バーゲンは荒天の影響で総じて低調なスタートとなったとあります。

各商業施設の入館者数は昨年より大幅増だったのですが、売上は及ばずで1月12日~の3連休までのトータルで売上を期待したい・・・との関係者のコメント。

確かに天候不順だと"まちなか"を、歩き回ろう!という気分にはなりません。

テレビ報道の一コマでも、人出の少なさが感じられました。

 

元旦初売り・バーゲン、年末からのプレセール、ファッション衣料にお金を使わなくなっている、ネットショップやアウトレットモールで事足りる、所得が増えない、過剰な消費に疑問を持つ、等々・・・・天候だけの影響ではないと思います。

年末年始の過ごし方も従来にも増して多様化していますし、ステレオタイプのお正月感は薄まっています。

コレは余談・・・(実際、お正月のテレビ番組は駅伝以外見るに堪えなかったし・・・あっ!年中か。)

 

初売りのような季節性の強い商戦のカタチは、これからも残るでしょうが、バーゲン時期の前倒しや時期変更で一年中バーゲンセールの感があり、お店(衣料)によっては毎週末セールが常態化しています。

デフレ脱却!との掛け声は聞こえますが、買う側が低価格に慣れきっています。

もっとも、そうしてしまったのは売り手側なんですけど。

・・・とボヤイていても何も解決しない。(少しはスッキリしますけど。)

 

今週から2013年の本格活動は始まります。

どうすればお客さまに、お店に来ていただけるか?。

お客さまは、お店に何を求めているか?・・・という永遠の課題に本年も取り組んでいかねば!。

と、ムタムタと思う。

日本酒もね

ワインも良いが、お正月はお酒でしょう!。

天狗舞の旨吟・・・今、この時期に金沢在住ということに感謝。

CIMG6889.JPG

能美市の夢醸・・・原料米も地元産

CIMG6891.JPG

菊姫 吟・・・至高のお酒。

CIMG6890.JPG

食べ物ブログではないが、どれも旨い・・・。

お節料理に合うのは、やはりこれらのお酒。

ゆっくりと語り会いながらいただくと、呑む量にしては後に残らない。

旨い酒を良い呑み方でいただく~ひと時を過ごせました。

 

感謝、感謝~。

(すべて、宮下酒店さんにて購入できます。)

ワヰン

おかげ様で年の初めに、いろんなお酒をいただきました。

その中の一本。かなり古いワイン。

ワインのキャップシールトップを、そぉ~っとはがす・・・カビだらけ。

シールの刻印がそのまま浮き彫り状態。

CIMG6872.JPG

これは~慎重に抜かないとコルクが割れたり崩れてしまう。

CIMG6875.JPG

慎重に慎重に・・・コルクを持ち上げていったけど・・・割れてしまった!。

再び、コルクスクリューを、そぉ~と刺してゆっくり~ゆっくり持ち上げて・・・何とか抜栓完了!。

ラベルがボロボロで、読み取れないので詳細不明?ですが~、飲んでみたら美味かった!。

何を飲んでも、「美味い!。」としか言わないんですけどね。

他にも数本+日本酒も口にしましたが、どれも美味かったのでした。

あ~「お正月」です。

初売り

初売り。

十数年ぶりに行う、1月3日初売りです。

 

名を成すは常に窮苦の日に在り
事に敗るは多く得意の時に因る
『酔古堂剣掃』

 

名が残るような立派な仕事は、いつも苦しい状況の中から生まれてくる。
逆に調子のいい時は失敗も多いので、油断せず気を引き締めてかからなければならない。

 

某メルマガで紹介されていました。

今は日本全体が"窮苦の日"にあると思います。

想像力を働かせて考え、工夫し"名を成す"時かと。

 

お正月気分も三が日まで!。

既に(常に)通常モードであります。 

 

お正月

従来~元旦のみ「お正月」生活を過ごしてきたので、このような日が続くと・・・「こんな生活していていいのかな?。」という罪悪感?が過ります。

と、そんなことを思いつつも、この2日間はお正月モードです。

雪が・・・気になりますが。

明日からは通常モードなんで、夕方からは切り替えます(予定)。

平成弐拾五年 睦月 元旦

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。

本年もパレットをご愛顧いただきますよう、よろしくお願い致します。

なお、1階部の初売りは3日午前10時からとなっています。

 

昨年までは2日初売りでした。

正直・・・3日の方が"初売り"にはシックリくる。

小売業全般の流れは、元旦初売り・無休営業・24時間営業に向かっていますが、大手がつくる流れに零細企業が乗っても埋没するだけ。

パレットに、ご来店いただけるお客さまのニーズは?を再検証した結果~1日分の営業日マイナスは挽回できるとの判断です。

 

ということで、例年なら非日常の正月気分は1日だけが・・・2日もあるという素晴らしい?お正月を迎えられました。

ありがたや~めでたや~。

gantan.jpg

カテゴリ

パレットのお知らせ
  • パレットカード会員募集
  • 文化教室
  • ブログ
  • テナントスタッフ募集
  • お問い合せ
〒920-0965
石川県金沢市笠舞1丁目23-23
TEL:076-222-3521(代表)
FAX:076-222-3520

■営業時間(月〜土)
日曜日のみ朝9:00開店
キーテナント:10:00~20:00
物    販:10:00~20:00
飲    食:10:00~20:00
地 下 店 舗:10:00~深夜1:00
※時期・催事によって変動することがあります。
■アクセスページはこちらから