• 会社概要
  • お問い合せ

2013年5月アーカイブ

皐月 晦日 いただきもの

新テナントさん(体操教室)から、いいモノをいただきました。↓

せんべい.JPG

スポーツエデュケーション レオ(LEO)さん、オリジナル三作せんべいです。

これは、いいアイデアですね~。

柴舟小出さんのお菓子詰め合わせといえば、この三作せんべいと柴舟が有名。

ただし~、子どもの口には柴舟は合わず、三作せんべいばかりを選んで食べていた記憶があります。

あ・・・そういえば、三作せんべいと同じ包みに入っていた生姜テイストの白いせんべいも苦手だったかもしれない・・・。(違うお菓子屋の商品だったかな?)

 

なつかしい、美味しい味に出会えました。ありがとうございます。

またしても、いい出会いをいただきました。

感謝!・・・のうちに皐月(5月)を越えて、水無月(6月)を迎えることができます。

良かった~ヨカッタ。

イベント考

昨日29日(水)の「お客様特別ご招待会」に、多くのお客様にご来店いただきました。

あらためて御礼申し上げます。ありがとうございます。

 

~5月下旬から6月にかけては、天候に恵まれることもあって各地で運動会等の屋外イベントが多く行われていますね。 

先日、大桑にある、はちみつ店のY社長からイベントへのお誘いがあったのでチャベチャベと行ってきました。

IMG_0411.JPG

多くの飲食ブースがあり、ハチミツ搾り体験、蜜蝋作り・・・で、大賑わい!。

モノを売る前に、先ず楽しんでもらうこと、印象に残ることを体験してもらう。

モノより思い出~とのコピーもありますね。

暑い!のに黄色のナイロンジャンパーを着たスタッフさんたちは、駐車場誘導や案内に大車輪の活躍です。

このような姿勢も、来場者に好印象を与えますね。

 

また、新竪町商店街のイベントにも参加?見学してきました。

IMG_0417.JPG

市内のコーヒー店が一同(?)に揃うイベント。

洋菓子・ワイン・日本酒を全面に出した人気イベントはありますが、コーヒーを切り口にするのは斬新かと思います。

商店街のイメージに合っているのではないでしょうか?。

IMG_0415.JPG

珈琲酒?が飲めなかったのは残念(アルコールなので)でしたが、知人の商店主さん方との交流が出来ました。

商店街の道路は歩行者専用・・・ではなかったケド、イベント参加者はそれぞれに楽しんでいます。

 

前述のイベントもそうですが、楽しそうなことがある・・・との期待感プラス、〇〇さんに会えるといった、人とのふれ合いを求めているお客さんがタクサンいらっしゃるような気がしました。

 

イベントは一過性の出来事です。

でも、楽しいコトとして思い出に残り、開催された場所や地域のイメージアップとなり再訪が期待できます。

楽しいイベント、好印象を持ち帰ってもらえるイベント運営を心がけることの重要性を再確認することが出来ました。

 

各種イベントの主催者の皆さま!暑い中の設営・運営、お疲れさまでした。

楽しかったです。ありがとうございます!。

パレットも楽しいと思っていただけるイベントを開催していきます。

IMG_0425.JPG

目前のゴミ

毎日届く、致知メルマガから~

今日の言葉

「誰の責任でもない責任を、自分の責任として捉えていく」

目の前にゴミが落ちている。

落としたのは自分ではない。

次に通りかかる人が拾ってくれるかもしれない。

でも、それなら自分が拾おう

田中稔(タナカテック社長)

 

何か問題が発生すると他人のせいにしたり、他所へ責任転嫁しがちです・・・。

自身の回りで起きるアラユル事柄の原因の一端は、自らつくりだしています。

いや、殆んどすべてかもしれない・・・。

 

突き詰めると重圧に苛まれてしまいそうだが、目前のゴミくらいは拾えますよ。

いただきます

K・C・G(金沢コンサルティンググループ)の5月例会に参加。

今回の講師は以前、金沢販売士協会でも講演いただいた北陸農政局の土江さまです。

演題は同様の「日本農業の現状について」。

【農業】・・・地力を利用して有用な植物を栽培耕作し、また、有用な動物を飼養する有機的生産業。広義では、農産加工や林業をも含む。(広辞苑)

お役所的には、言葉の解説は広辞苑によるのが基本だそうで、Wikipediaなんかで調べるのはご法度らしい。

 

「いただきます」の解説から始まります。

料理を作ってくれたり、野菜等の食材を作ってくれた方への感謝、肉や魚はモチロンのこと、野菜や果物にも命があると考え、「〇〇の命を私の命にさせていただきます」と食材に感謝すること。

IMG_0408.JPG

国としての農業の保持と、前回の内容に新たに加わったのは、この「いただきます」の考えです。

フード・インク

T0009384q.jpg

ありあまるごちそう

1058844_l.jpg

全てではないが、我々の「食」は不安定でイビツな仕組みで成り立っている。

これからの「食」と「農」のキーワードは「地産地消」から「友産友消」になるという。

 

現在の日本農業が抱える問題と将来を私論?を交えて具体的にお話いただきました。

土江さま、重ね重ねありがとうございます。

IMG_0410.JPG

美味しい!というのは、とても素晴らしいことなのです。

畔の観察

毎日通るので、稲が少しずつ成長しているのがわかります。

そして、水田の畔には様々な訪問者があることに気付く。

先日、見かけたのはカモ一羽。置物のようにうずくまって、ピクリとも動きません。

IMG_0393.JPG

場所は違いますが、ハンター?もやって来た。

IMG_0406.JPG

陽当りがいいので、マドロンデいただけかもしれないが・・・。

草も目立ち始めました。

陽も当たるし、水田の水面を風が抜けていくし、食べ物になる昆虫などもいて、生き物にとっては居心地のいい場所なんでしょうね。

人の創った生態系といったら大袈裟か。

 

水田風景で季節を感じるし、食欲?もそそられます。

夏場の気温上昇を抑える効果もあるかもしれない。

特に、画像のように水鳥やネコがいると風景と馴染んでいるし和みます。

狭いエリアながら、豊葦原瑞穂国を感じる・・・。

施設整備

初夏の眩い陽射しに映える、パレット正面駐車場の駐車スペース。

空のように真っ青!です。

市内の某コインパーキングの下地カラーが景観上の論議を呼んでいるそうですが、確かに目立ちますね。

正面駐車枠.JPG

身体にハンディキャップを持つ方専用の駐車場枠です。

 

タマに健常者?と思われる方が運転する車が、平然と駐車されるのを見かけることがあります。

健常者か否かは、外見では判断出来ません。

短時間の駐車だから・・・チョッとくらいはいいだろう、ということもあるでしょう。

駐車される方の判断と良識に、お任せするしかないのが現実かと思われます。

 

駐車スペースだけではなく、必要な方が必要とされる時に利用しやすい施設整備をもっと行っていかねば・・・。

孤高の「美」を求めて

「春夏秋冬 料理王国」 北大路魯山人 読了。

 

~料理とは単に舌先でだけで味わうものではなく、また弄ぶものでもない。

耳から、目から、鼻からと、様々な感覚を動員して、「美」と「味」の調和を楽しむものだと思う。

色どり、盛り方、取り合わせ、材料の良否と、みな「美」と深い関連性をもって考慮されています。

栄養の効果という点からも「美」は見逃せない役割を担っています。・・・

・・・少し極端な言い方かもしれませんが、料理に「美」を求めぬ人は、当てがい扶持に満足する犬猫の類と同じだと言っても差支えないでしょう。

人々によって、もちろん楽しみの高さ低さは異なりましょう。従って、見解の相違もおのずから生じもしましょうが、なろうことなら、志を高くもって、料理を味わい、人間を高くしたいものです。~

IMG_0404.JPG

料理の他に、陶芸・書画・篆刻等を極めた、とてつもない芸術家であったが、とことん「美」を追求するあまり、「傲岸不遜、傍若無人」ともいわれた人物らしい。

石川県にも滞在したことがあるようで、金沢のゴリやカニについて触れられていますが、他に山代の沢庵が一番だと述べられています。

これなら敷居は低そう~。

また、山海の珍味と高価な食材を求める一方で、料理を出して、お客さんのところから残ってきた残肴(ざんこう)を生かす工夫の大切さを説いています。

 

~一椀の飯でも意味なく捨て去ってしまうことは許されない。

用あるものは、ことごとくその用を使い果たすところに、天命があるのだと思う。~

 

全身全霊をもって食べて、その中に「美」を追求していたのか。

食べることは楽しい~ハズだが、修行のようで疲れそう。

料理を囲んで、楽しい会話が出来れば、会話は素晴らしい調味料にもなると思います。

 

空腹は一番の調味料ともいいますが・・・。

玉川高島屋SC

日本ショッピングセンター協会の総会で上京したついでに、都内をウロウロ。

これまでも何回か訪れている玉川高島屋SCへ今回も行きました。

1969年(昭和44年)開設の日本初広域型ショッピングセンターといわれています。

ショッピングセンターのパイオニアで教科書的存在、かつ未来型。

いつ来ても新鮮さを感じるし、建物開発だけではなく周辺開発と地域の魅力やイメージアップにも貢献しています。

p1969.jpg

天気も良く最高の視察日和?。

屋上庭園も新緑に囲まれ、風が心地いい~。

IMG_0373.JPG

ベビーカーを押した若いお母さん方を多く見かけました。

この辺りの集いの場や散歩コース?になっているのでしょう。平日にも関わらず人出は多い。

IMG_0377.JPG

鉄道駅に隣接していることもあり、まさに地域のプラットホームとなっているショッピングセンターです。

最新の商業施設を視察するのもいいが、ココは古い(歴史がある)のに常に新しいモノを感じることができます。

お客さまとともにSCを創り上げて来ています。これまでも、これからも・・・。

 

全てを真似ることは叶いませんケド、日々進化し続ける姿勢は真似したい!。

地域インフラとして・・・

日本ショッピングセンター協会の総会にチャベチャベと参加してきました。

総会員企業900社を超える一般社団法人で、日本を代表する小売チェーン店、流通グループ、不動産ディベロッパー等、そうそうたる企業ばかり・・・。

県内企業は当社を含めて3社が会員で、他2社は金沢を代表する商業施設です。

そして、当パレットは地元の笠舞地区を代表する商業施設であります!。

ということで、地元を代表して参加した(つもり)のでした。

IMG_0363.JPG

会場の設え、会議運営等、素晴らしいモノがあります。

多少、ヤッカミを含んで言えば・・・大企業の、大企業による、大企業のための会議・・・。

と、笠舞代表は思ったのでした。

 

総会がスケジュール通り終了の後、各種表彰があり、その中で「地域貢献大賞(倉橋良雄賞)」の授与が行われました。

「イオンモール石巻」が当大賞を受賞。

東日本大震災時に2,500名もの避難者を2週間近くに亘り、受け入れていたことと、その後の復興活動にも貢献しているのが、その理由です。

モール支配人さんの受賞コメントでの、当時のナマナマしい体験談やお客さまからの感謝の言葉は感動的だった・・・。

地域インフラとしてのSCの必要性は、施設規模の大小に関わらず重要です。

 

パレットも地域に必要とされるSCであり続けなければ・・・との思いをかみしめました。

蔵人(くらうど)

金沢販売士協会 定時総会&5月例会が行われました。

総会終了後の例会講師は、会員で株式会社大和WEB新事業課の串田さまです。

 

演題は「クラウドが変える情報整理術」。

DropboxEvernoteを中心に実際の使い方を解説していただきました。

IMG_0390.JPG

これらのサービスに加え、紙資料はスキャナーを活用すればクラウド上に大量に、ため込んで置けます。

ネットからの文字画像情報もコピーして同様に保管しておいて、キーワード検索をかければ関連する保管情報が一覧できるアプリもあるという・・・。

分類しなくても必要な時にサッと取り出せて、紙資料が減って机周りがキレイになった・・・とのこと。

モチロン、クラウドなので外出先でも同様の作業環境が作りだせる。

IMG_0389.JPG

なんと便利な・・・。

ただし、ネット接続環境であることが前提ですが。

それと、仕事で利用するには、個人情報等の機密データはクラウドに保管しないことや、利用部署を制限するといった規制は必要とのこと。

 

Dorpboxは以前に登録してありますが、殆んど使ってはいないです。

iphone上のicloudを画像保存用に使っているだけですね~。

また現在、気になった新聞記事は切り取ってファイルに綴じています。(とてもアナログ)

 

早速、Evernoteに登録して何でも入れるようにしました。

ただし、メモ帳に書くことと併用して使っています。

 

蔵に、ため込むようだから蔵人(くらうど)なのか・・・?。

 

串田さま、ありがとうございます。

これからも、教えてください!。 

休館日です

本日5月21日(火)は、パレット1階部分は設備点検・改修のために休館となっています。

なお、地階、GEOとカラオケBanBanと、クリニック棟は通常通りの営業です。

 

初夏の花の宴?でもないでしょうケド、花々が目立ちます。

三口新町第一児童公園の藤棚にも・・・・。

IMG_0361.JPG

割合に通る辺りだが、この光景は初めて見たかも。

IMG_0362.JPG

藤棚さんには失礼だが、決して美しい!という咲き方ではない。

でも、新緑の中での存在感はありますネ。

ハッ!とさせられた。

メディアに出たりしないので目立たないが、キラリと光る、商品・サービスや接客が出来るお店もありますよね。

~桃李不言~

思わず近寄って見た藤棚でモタモタと思った。(桃ではナイケド。)

タワマン

雑誌広告にあった「タワマン住民」という言葉。

タワマンって何だ?。

で、調べてみたらタワーマンションに住む人々のことらしい。

338PX-~1.JPG

40階~50階建なんて田舎じゃ考えられない。

広告の見出しから察すると、住む階数で階層(カースト?)があったり、周辺住民と関わらない・・・とあったのでネガティブな内容なのかな。

高層階に住むと景色がいいでしょうが、低層階のメリットは何だろう。

タワーマンションに住んでいるという優越感やステータス?。

 

ネットで検索してみると、タワマンに住んでいることを誇らしげにアップしている内容が見受けられます。

それを見ると、かつてのヒルズ族を彷彿させ、確かにカッコイイ・・・、でもなんか胡散臭い臭がプンプンしている気がする。

住むところも、その生業も地道に、地に足が着いたモノがイイと感じるのはヒガミ根性からでしょうか?。

 

一方、仕事等の関係があり都会に住む必要のある方々は大勢いるので、住環境確保のためにこのような建物が必要なのは分かる気がします。

でも、高層階じゃ窓も開けられないし、地震が有ったりしたら・・・こりゃタマランになりゃ~しないか。

建物の経年劣化も気になりますケド・・・、田舎モノで良かった?。

ザ・キャンパス

「ライアンの代価 ③」を読み終えて、完結巻④に入りました。

現代のリアルな戦争物語。

各地で起きるテロや工作活動で、物語の舞台はパキスタン・ドイツ・UAEと移り、それぞれ同時進行のノンストップアクション!。

様々な場面が脳裏を過り、途中休憩を入れないと疲れるのは相変わらず・・・。

51Bb+g1hdNL__SS500_.jpg

ブルジュ・ハリーファ(ドバイ)の高層階で繰り広げられた戦闘シーンと、その速やかな撤収は「チョッと出木杉じゃない?」とツッコミを入れたくなる程。

全編を通して、ミッションの準備と戦闘シーンは克明に描かれているのですケドね。

それに、こんな目立つ建物でドンパチしなくてもねー。映像化を意識してるのでしょうか。

 

他にも主人公側は戦闘において軽傷で済んだり、ヘリコプターを直ぐに調達できたり・・・と、いろいろツッコミどころはありますが、物語にグイグイ引き込まれ「ザ・キャンパス」の一員になっています。

 

ガルフストリームG555(ザ・キャンパス所有機)の離陸準備はOK!。

070627_part03_10.jpg

でも、物語中だけの世界であって欲しいです・・・。

ツツジ

鮮やかな色が目に飛び込んできて、思わず撮影。

所どころの垣根やお庭で、その存在を誇示しているように見えます。

IMG_0357.JPG

撮ったのは晴れの日ですが、雨の中の花も美しいだろうな~。

花々を鑑賞したり愛でるだけの、こころの余裕は持ち続けたいものです。

IMG_0360.JPG

モタモタにならないように・・・。

重い軽作業

屋上から何かケーブルのようなモノが垂れ下がっているので、様子を見るために建物屋上に上がりました。

3階建ての、その屋上に上がるには、手すりを登り屋上に出るハッチを開けなければなりません。

浮上した潜水艦乗組員の気分でハッチを押し上げて屋上に出ます。

ハッチの付いている円筒型出入口を辛うじて通過するが、身体が重い・・・。

もっと軽やかに動くつもりだったのだが~。

 

屋上に出て、垂れていたケーブルを引っ張り上げて針金で固定して作業完了。

柵も何もない所に長居は無用と、ハッチを持ち上げて下へ降ります。

またしても、身体が重い・・・。

こんなハズではなかったのだが~。

 

身体が重くなったのか、筋力が落ちたのか、または両方か?。

 

昼食後だったので一時的に身体が重かったということにしよう・・・。 

腹を括る

致知のメルマガ~今日の言葉~

腹を括(くく)れば自分がなくなる。

自分が自由になる。

自分に制限をかけているのは自分でしかない。

水野彌一(京都大学アメリカンフットボール部前監督/10度の日本一、伝説のクラブへと導いた)

 

あれこれと都合のいいように理由を付けて、居心地の良い場所に閉じこもりがち・・・。

この言葉を見て、ハッ!としました。

腹を括る(引き締める)ことで、自身で勝手に決めていた枠や基準(枷)が外れる。

(ダイエットにも通じる・・・。)

IMG_5379_convert_20090607230853.jpgネコは自分の枠を気にしません。↑

この場合は腹を括っているのだろうか?。

プリン

「100年プリン」をいただきました。

市内の百貨店催事で販売されていた、京都の老舗洋食店の高級プリンです。

IMG_0353.JPG

ガラス容器に入った卵々?したプリンと、3つ連なっているヤツや、粉状のモノをタマゴと牛乳で溶いて冷やすプリンしか知らないので、「オーッ!美味い。」と雄叫びを上げながら食べるのでした。

100年プリンの名前に相応しい伝統の味なのか?。

 

ほんのり甘いカラメルソースとプリンをからめて食べていると~口と頭の中は、かつて百貨店の食堂前ショーケースに鎮座しているサクランボとホイップで着飾ったプリンの食品サンプルを、羨望の眼差しでジッと見つめていた子どもの頃の自分に戻ります。

100年~のネーミングがそうさせたのか・・・、おそらくこのような味だったのでしょう。

 

商品は違いますが、数十年の時を超えて味覚と心でプリンを味わうことができました。

浪漫

日経紙連載「波止場浪漫」を「黒書院の六兵衛」に引き続き読んでいます。

舞台は大正期の静岡県清水市。

第一次世界大戦中かと思われますが、日本国内は平和です。

六兵衛の物語観を黒に近い灰色だとすると、「波止場浪漫」は明るい水色や桜色、黄色が辺りを染めているような感じです。

読んでいてもフワフワとして、地に足が着いていない様。

まだ~物語に馴染んでいないなァ~と思いつつ読んでいますが、朝いちで読む文章としては明るめでイイかもしれない。

 

途中でリタイアしませんように・・・。

近頃雑感

以前から折り込みチラシやテレビCM等で、個人の債務整理や過払い金請求を請け負う弁護士事務所を見かけます。

大都市部の公共交通機関に乗った時に、それらの広告が目立ちましたが、今や金沢のような地方都市にまで進出しています。

それだけ、困っている人たちが多いのか・・・。

で、その広告に登場する弁護士?さん達が、とても胡散臭く思えるのはワタクシだけでしょうか?。

お付き合いいただいている同業者さんの様に見えない・・・。

扱う金額で、その扱い範疇が変わるそうですが、従来は司法書士さんが扱っていた部分へも弁護士さんが手を伸ばしているらしい。

士業同士の仁義なき戦い?。

 

小売業でも、薬品類と生活雑貨を扱っていたドラッグストアで食料品、飲料、一部生鮮食品を置くようになっています。

売れるモノなら何でも売る!。商売人の鑑!。

 

〇〇屋~というカテゴリーは無くなりつつあります。

でも、何でも売りができるのは大手企業のみかと・・・。

企業としては立派なところばかりですが、いったい何屋さんですか?何を売りたいの?って思うのはワタクシだけ?。(甘ちゃん・・・。)

辰巳用水遊歩道を行く

ウォーキングと所用を兼ねて、辰巳用水遊歩道を錦町から土清水付近まで歩きました。

この道を通るのは何年ぶりだろう・・・。

IMG_0337.JPG

夕刻のため、人通りは皆無です。

画像左上の車道から聞こえる音もわずかで、用水の流れる音が強調されます。

IMG_0338.JPG

右側斜面は杉木立。(花粉のピークを過ぎていて良かったァ。)

タヌキか雉でも目の前を通り過ぎそうな感じ。

「暗くなる前に目的地に着かなくては・・・。」、昔々の峠の街道を行く旅人の心境?が分かる気がします。

 

やがて遊歩道を抜けて、一般道に出ました。

アスファルト舗装の道を歩いて、"安堵"している自分がいました。

歩きやすいし明るく開けています。

人工物に安心する気持ちが、"自然(普通)"になりつつあるのだろうか。(遊歩道も人工物ですが。)

・・・・とムタムタと思った。

むかしは良かった?

たまたま見つけ、軽く読めそうだ・・・と手に取った本。

1時間程度で読めます。思ったより良書?。

61kRNCBndGL__SS500_.jpg

リアルの昭和30年代は知りませんが、それ以降は記憶にあります。

読んでいて、「これはあるある!」と思った内容が多々ありました。

今でこそ、マユをひそめる事柄も当時は普通のこと。

本のタイトル通りに何でもありだった。

軽く読める本でしたが、現在はいい時代~を再認識します。

 

中国って、トンでもないな~と言ったり聞いたりしますけど、当時の日本も似たりよったり。

どんな国でも通ってきた道かもしれない。

 

企業の社会的責任・・・理念・・・とか言っている時代でもなかったことも・・・。

クライアント

~注文の多い宗教画 十選~

ボッティチェリ「東方三博士の礼拝」

736px-Botticelli_085A.jpg

この作品は有名人との記念撮影風に仕上げられているといいます。

有名人=イエス・キリスト&聖母。

時を超えてルネサンス時代の人々が、華やかな服装のまま野次馬のように聖家族を取り囲んでいる。

 

右端のコチラを見ている人物はボッティチェリで、同じくコチラを見て自分を指差しているのが、絵を発注したラーマなる人物らしい。

ボッテイチェリ.jpg

自信ありげな表情の画家に対して、発注者は控えめな表情に見えます。

依頼主の方が手前でエラそうにしていてもいいのでは?。

でも、聖家族に近い位置の方がいいのか。

ハタマタ、何かの力関係が働いていたのでしょうか。

 

名画・宗教画は気高く、畏れ多い・・・と思っていましたが、なかなか俗っぽい面もあるのですね~。

いま、そこにある危機

「ライアンの代価 ①」 トム・クランシー著 を読み終えて、②に取り組んでいます。

何回か映画化されている、ジャック・ライアン シリーズですが、書籍で見るのは初めて。

51qupg3QESL__SL500_AA300_.jpg

冒頭から映画を見ているような・・・銭湯いや戦闘シーンの連続。

また、要注意人物の監視や尾行シーンもその場にいるような感覚です。

 

作中ではジャック・ライアン・ジュニアが活躍しています。いつの間にか世代交代していた。

読んでいると、ライアンJr.と、そのチーム<ザ・キャンパス>の一員になったような錯覚に陥ります。

作戦の準備段階では緊張し、作戦開始とともにコチラの息遣いも荒くなる?。

終了後の速やかな撤収に、ヤレヤレ~と安堵。

 

国際政治の裏舞台を描く、この作品を読むことで各国の見方が変わる?。

それとも、フィクションだけの世界なのでしょうか。

ノンフィクションに近かったら・・・恐ろしい・・・。

 

敵方として、実在の組織名が挙がっていますが、著者自身、付け狙われることはないのだろうか?と余計な心配をしてしまいます。

 

世界で平穏な場所は何処にもナイ?。

(読むだけでも、かなり疲れる本です。娯楽的に読めばイイのだが・・・。)

お弁当

某コンビニお弁当は美味しい!との話を聞くと、食べてみます。

味付けが濃かったり、添加物が多い・・・というのはありますが、なかなか侮れないモノです。

ただ、容器ラップが剥がしにくかったり、容器フタが密着し過ぎて開け口が分からなかったり、開けづらかったりというのはありますね。

別添調味料で手が汚れることもあります。

いろんな工夫はされていますけどね~。

IMG_0332.JPG

 アルビスさんのお弁当(かつ丼)を食べました。

揚げたてのカツで、温かいご飯・・・というのではありませんが、カツは肉厚で甘めの味付けは、イイ線いってると思います。

 

この記事を書いている午前中に、早くもお腹空いてきました~。 

原~アイドル

日経紙に連載中の~注文の多い宗教画 十選~

ムリューリョ「無原罪の御宿り」

無原罪の御宿り.jpg

聖母は原罪が無い~でも神の子を宿す~それは、天から使わされたから~というのを、描いたらこうなったという絵画らしい。

難しいことは考えず、絵に注目します。

記事にもあるとおり、愛らしく親しみやすい、アイドル風のマリアさま。

特に注文の付けようはありません。

 

もし実物を目にする機会があれば、その場から動かないだろうな。

ジャマだ!とコチラに注文が付きます。

 

~余談~

ネットでアイドル全盛時代の映像を見ることができます。

何気に、若かりし頃ファンだった、あるアイドルを検索し映像を見ました。

懐かしさで胸がイッパイ。

感涙・・・まではナカッタが、思わず「天使や・・・。」と、ひとり言。

この絵に目がいった原因かもしれない。

ありました

小立野の辰巳用水水門・・・ありました。

IMG_0333.JPG

コチラもなかなか大仕掛け。

 

こんなんに注目するのは・・・設備関係者か、ブログ記事のネタに困ったヒト位だろうな~

コレに注目

いつもと違うルートの散歩中に目に入りました。

用水の水門です。(笠舞2丁目付近)

普段は見かけても気に留めないのだが・・・。

IMG_0323.JPG

丁度、田植え時期なので閉鎖してあるのかな?。

 

何故か?気になり、他の場所で見た記憶を辿って水門探索開始。

たしか~旧工学部正門付近にあったハズ!と思い、来ましたが・・・ない。

用水.JPG

思い違いだったか?、用水を遡ってみます。(画像奥に向かって行きます。)

旧工学部正門横から、辰巳用水沿いの小道を進み、崎浦公民館裏手あたりに仰々しい?柵のような水門と思われる施設がありました。

機械式水門のようです。近寄り難い雰囲気・・・。

公民館裏.JPG

この付近には、小立野消防署・派出所もあり水門の管理や警備(?)には打って付けのロケーションか。

 

もう少しばかり進むと、水門跡と思われる箇所がありました。

水門2.JPG

廃墟感?があり、ジッと見ていると、何処となく~うら悲しさを感じます。

前掲の機械式水門が威圧感アリアリなので、尚更そう感じる。

 

更に進むと用水は暗渠となり、次に現われるのは錦町付近。

遊歩道が整備されていて絶好の散歩コースですね。

あまり存在感のない水門発見。周囲の景色に馴染んでいます。

錦町水門.JPG

対岸(といっても1メートルくらい先)は、このようになっています。↓

親水風景.JPG

日常生活と用水が密着しています、以前は洗濯や炊事にも利用された?。

また、子どもたちの格好の遊び場だったかもしれない。

 

散策にはベストな季節なので、テーマをもって散策するのもいいですね。

新店訪問

最近開店し、美味しいと評判の中華料理店へ行ってきました。

チョッと分かりにくい場所にあり、ハッキリ言ってロケーションは良くないです。

「コンチワ~」とドアを開けて、カウンター席に座るなり~、お店のご主人が「遠いところワザワザありがとうございます。」と声をかけてくれました。

「ん?」どこかでお会いしましたっけ・・・と目点にしていたら、知人や他の飲食店のお名前が出てきて、全てが繋がりました。

 

このような出会い?も楽しい、面白い。

初めてのお店なのに、いきなり常連(なのか?)リラックスモード。

各地有名ホテルの中華レストランで腕を振るっていた、ご主人の料理はモチロン絶品です。

それでいて価格は控えめで、コスパ高し!。

かつ、フレンドリーな対応でより一層美味しくいただけました。

お店は居抜きで入られたそうですが、"中華料理店"にありがちなアブラギラギラ感は無く、クリンリネスには気を使っていますね~。

IMG_0330.JPG

食べるだけではなく、何かとチャベチャベと思ってしまうのでした。

Dさん!美味しかったです。ゴチソウサマです。

5月4日は、みどりの日

市内中心部にある中央公園の整備に伴う樹木伐採が、新聞やネット上で話題になっています。

イベントを行う際に邪魔になるという大木が伐採対象になっていることで、問題視されている。

現状でもイベントは十分出来る。樹木を切らなくてもいいのではないか。

木を切るのは可哀そう・・・。

 

公園を管理する石川県も問題視する記事が連日掲載されているのと、間近に迫った整備予定に合わせるか?のようにHP上に、整備内容を急遽アップしました。(そのように感じたし、該当ページは探さないと出てこない。)

 

個人的には現状のままでいいと思います。

芝生が剥げて悲惨な状況なので、芝生の整備をすればそれでコトたりるのでは?。

北陸新幹線開業対策の一環というのも理解できますが、中央公園は県民の憩いの公園(セントラルパーク)であって、イベント広場ではないのですから・・・と思います。

 

現状のままか、整備するのがいいのか、のどちらが正解か?は分かりませんし、行政批判の気持ちはありません。

ただ、このように行政に関する身近な話題で人びとが意見を述べあうのはいいことだと思います。

 

石川県のHPを初めて見ました。

全国植樹祭開催と中央公園の整備は一体なのですね。(ブラックジョーク?。まぁ、新しい樹木も植えるそうですから。)

 

みどりの日にムタムタと思った。

朝からホッコリ

笠舞・三口新町界隈は田畑が、多く残っているので田植えシーズンは水を張った田んぼが見受けられます。

田の中に何やら動く物体が・・・。

IMG_0331.JPG

アイガモ?、カルガモ?のツガイが、水中に頭を突っ込んだり出したりしながら移動しています。

ウマい食べ物はあったか?。

器用なもので、2羽は付かず離れずのシンクロ状態で田の中を、縦横無尽に滑るように移動しています。

 

小立野台の緑地帯と犀川があるおかげで、この一帯は鳥のサンクチュアリ。

モチロン、人間にとっても住みやすい場所です。

 

この光景と五月晴れの空を見て、「平和やな~。」と、つぶやくのでありました。

憲法記念日の朝のひとコマです。

ドラえもん短歌

移動中のラジオで、「ドラえもん短歌」というのを知りました。

どれも秀逸作ばかりです。

 

「困ったら 相談できる 人がいる みんなだれかの ドラえもんだね」

「未来より 過去を見つめている人を 諦めさせる 道具が欲しい」

仕事・人生編でしょうか?。

 

「自転車で 君を家まで 送っていった どこでもドアが なくてよかった」

過去の淡い思い出・・・。

 

「とおりぬけ フープができた 未来にも まだ国境は あるんだろうか」

「僕たちの 今進んでいる 方向の 未来に ドラえもんはいますか」

「ドラえもん 知ってたんなら 教えてよ? 911も 311も」

問題提起型な社会派。

 

いざ、作ろうとすると難しい。

ひみつ道具に匹敵する便利なモノや、素晴らしいモノが溢れています。

でも少しくらいは不便な方がいい場合も、キッとありますよね。

 

・・・結びに、自戒も込めて。

「ちょっと いい気に なっていたな 忘れてた 私のくせに のび太のくせに」(引用です)

img_940264_15941091_0.jpg

 

皐月 朔日 今日の一麺

5月は雨のスタートとなりましたが、今月も張り切っていこう!。

 

毎月1~2回は、訪れる野々市付近のラーメン店があります。

好みで麺の固さ、味の濃い薄い、背脂の量を選べます。

当初はオール普通版で食べていましたが、現在は背脂抜きをチョイス。

で、今回は塩ラーメンをいただきます!。

IMG_0317.JPG

各ラメーン専門店では、ほとんど煮玉子をトッピングしますが、ココの煮玉子の出来具合はレベル高いです!。

他店では、玉子自体が冷たかったり、黄身が固体化していることがありますが、ココはスープと同じくらいの温かさで黄身は画像のとおり半熟状態。

チャーシューも同様にレベル高し!です。

旨い~美味い~と、心の中でつぶやきながら完食。

ごちそうさまでした。

店員さんに「ありがとうございます!いってらっしゃいませ!。」と見送られて、お店を後にします。

 

食べログ等、ネット上の評価はそんなに高く無いが、個人的にはいい線イッテル店だと思う。

他人評価ではなく、自分が気に入ったモノを食べるのだ。

ラーメンやジャンクモノばかり食べて、味が分からなくなってしまった?・・・ことはナイと思いたい・・・。

カテゴリ

パレットのお知らせ
  • パレットカード会員募集
  • 文化教室
  • ブログ
  • テナントスタッフ募集
  • お問い合せ
〒920-0965
石川県金沢市笠舞1丁目23-23
TEL:076-222-3521(代表)
FAX:076-222-3520

■営業時間(月〜土)
日曜日のみ朝9:00開店
キーテナント:10:00~20:00
物    販:10:00~20:00
飲    食:10:00~20:00
地 下 店 舗:10:00~深夜1:00
※時期・催事によって変動することがあります。
■アクセスページはこちらから