珠洲市のショッピングプラザ「シーサイド」が、能登半島地震の影響で事業再建を断念・・・との報道。

海岸線に近く津波被害もあったようです。

以前~奥能登芸術祭の時に訪れたことがありました。

報道によると運営会社はタバコや商品券を扱いながら、空きスペースを埋めるために直営店も営業していたようです・・・旧商業施設管理時の当社そのものです。

ショッピングプラザ・・・という冠名も、時代背景が感じられる。

かつては珠洲市の複合商業施設として、地域の生活インフラとして賑わったこともあったでしょう。

近年は、少ないテナントで辛うじて運営してきたところに今回の震災。

仮に建物の修繕がなっても新たな入居テナントはいるのか?お客さんは来てくれるのか?・・・苦渋の末の結果かと。

 

他人事とは思えない報道です。